オーバーハング 写真

スキッピングを使いこなせるようになりたい!バス釣りスキルアップトレーニング

FISHING JAPAN 編集部

目の前に立ちはだかるオーバーハング、水面との隙間は数十センチしかありません。

サイドキャストでルアーをねじ込もうとしても、枝葉にブロックされそうですよね。

ブロックされた瞬間、バックラッシュで釣り中断!では悲し過ぎます。

そこでマスターしたいスキルが、スキッピングです。

スピニングタックルならカンタンにこなせるスキッピング

スキッピングは、スピニングタックルならカンタンにできてしまうテクニックです。

ノーシンカーリグをサイドキャストで鋭く振り切れば、石が水面を跳ねるようにルアーがスキップしていきます。

これをベイトタックルでこなすのが、なかなか難しいんですよね。

ベイトタックルではバックラッシュがつきもの

なぜベイトタックルでスキッピングするのが難しいかというと、ベイトリールがバックラッシュしてしまうからです。

特に水面にルアーが当たった瞬間が、危ないでしょう。

それを防ぐためには、いくつかのスキッピングのキモを押さえなければいけません。

まず持ち方。

画像のように、トリガーに人差指をかけて軽く握る、ワンフィンガーで握ってみましょう。

スキッピングをマスターするためのキモは親指

ワンフィンガーで握ったとき、親指を必ずベイトリールのスプールエッジに触れるようにします。

触れにくければ、ラインの巻き量を少し減らしてみてください。

ロッドをかまえた状態から触れておき、キャストが終了するまで親指を離してはいけません。

重めのワームで練習開始

親指をスプールから離さないことで、スキップし始めるときの衝撃によるバックラッシュを防ぐことができます。

「それだとあんまり飛距離が伸びないんじゃないの?」

そこは高比重で重めのワームを使うようにして、スキップする距離を伸ばすようにします。

スキッピングに慣れてくれば、徐々にワームを軽くしてトライすればいいのです。

2つの動画をピックアップしましたが、どちらも分かりやすく丁寧に解説してくれていますよ。

ベイトリールが高性能になって、より一層スキッピングがやりやすくなってきました。

皆さんもぜひチャレンジして、攻めあぐねていたオーバーハングからビッグバスを引き出してみてください。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング