マサバ、ゴマサバ、ノルウェーサバ 写真

マサバ、ゴマサバ、ノルウェーサバの見分け方・特徴をご紹介!美味しい食べ方、旬の違いは??

FISHING JAPAN 編集部

日本でよく釣れるサバは、マサバとゴマサバといって2種類いることをご存知ですか?

見た目がそっくりで、味もほとんど変わらない、、、

そんな2種類のサバの違いと見分け方をご紹介いたします。

加えて、スーパによく並んでいるノルウェー産のサバでノルウェーサバとも呼ばれるタイセイヨウサバについてもその特徴や見分け方についてご紹介いたします。

マサバの特徴・見分け方

まずはマサバの特徴についてご紹介いたします。

マサバは釣魚としても人気なお魚です!

体長は大きいもので50cmほどまで成長し、脂のノリもよく、食卓にもよく並ぶとっても美味しいお魚です。

見分け方としては、背の部分にサバ柄と呼ばれる模様があり、お腹は白いです。

サバの中では一番高級魚として扱われていて、焼いて食べるとほっぺたが落ちます。

関サバなどブランド化されているサバは、このマサバが使われています。

旬は秋から冬にかけてで、その頃が脂も乗っていて一番美味しい季節です。

反対に夏のマサバは脂のりが悪く美味しくないと言われています。

ゴマサバの特徴・見分け方

次にゴマサバです。

ゴマサバもマサバと同じく、大きさは大きいもので50cm程度、マサバに比べると断面図が丸くふっくらしているため、マルサバと呼ばれたりもします。

見分け方は、背中はサバ柄で、お腹には点々模様のゴマ柄があります。

お腹のゴマ柄は個体によってははっきり出ないものもいますが、背中とお腹の境目に点々があればゴマサバです。

見分ける時は、お腹のゴマ柄と、背中とお腹の境目をチェックしてみてくださいね!

マサバより温かい海を好み、水深もマサバより浅めの場所を泳いでいることが多いです。

マサバに比べ味は落ちると言われています。

しかし、ゴマサバは年間を通して味の変化が少なく、夏のマサバの味が落ちる時はゴマサバの方が美味しいんですよ!

焼いても、しめ鯖にしてもとっても美味です。

ノルウェーサバはノルウェー産のサバで学名はタイセイヨウサバ!

ちなみに、スパーなどでよく見かけるサバは、タイセイヨウサバ(ノルウェーサバ)などと呼ばれ、日本で釣ることは出来ません。

サバ柄と言うよりは、斜めに入った筋のような模様が特徴で、見分け方も簡単です。

味は年間を通して安定していて、しめ鯖や鯖缶などの加工品にも使用されています。

また、回転寿司などで使用されているサバは、実はタイセイヨウサバであることが多いです。

釣れはしませんが、馴染みの深いサバですね!

皆さんもサバを釣り上げた時は、マサバなのかゴマサバなのか、注意深く観察してみてくださいね!

釣りたてのサバは最高に美味しい!だったら、サバを釣りに行こう!

魚をAIが見分ける魚図鑑アプリ「フィッシュ」

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテランや釣り雑誌元編集長、人気インストラクターなど、バラエティに富んだ総勢15名が在籍し、幅広い記事を毎日配信しております。

上級者から釣りを全く知らない方にも、魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるように今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

DAILYランキング