タコ 写真

タコのやっかいなヌメリ取り!でもこれをするだけでヌメリがみるみる取れる!?超簡単なその方法とは?

FISHING JAPAN 編集部

瀬戸内海では、梅雨の水を吸って大きくなるといわれるのがマダコです。

お盆明けから大型に交じって、新子と呼ばれる1年ものの小ダコが増えてきましたね。

新子は重さが200~250gしかなく、釣るのはあまりおもしろくないのですが、身がやわらかくておいしいために人気があります。  

夏場は、さっとゆでた小ダコのブツをあてに、ビールをグビっとやるのが最高です。

ブツに飽きたら天ぷらや唐揚げ、タコ飯もおすすめですよ。

そんなタコですが、料理したことがある方は、その時にはやっかいなことがあるのにお気づきではないでしょうか?

タコのヌメリ取りがやっかい!

タコ料理を作るので一番やっかいなのが体にしっかりついたヌメリ取りですね。

このヌメリ取りをいいかげんにやると、味が悪くなるので注意が必要なのです。

でもヌメリ取りって、なかなか取れなくてついイライラしてしまったり・・・

では、あまりストレスを溜めずにヌメリを取る方法はあるのでしょうか?

コツは冷凍することだった!

タコを釣って帰った日に食べたい場合は、二度、三度と塩もみしてしっかりヌメリを取る方法しかないと思っていませんか?

実は、タコがたくさん釣れて冷凍保存しておくときは、別のやり方があるんです。

釣り上げたタコは、野締めして持ち帰り、そのままビニール袋などに入れてヌメリを取らずに急速冷凍にしておきます。

こうして冷凍保存されたマダコは、食べるときに解凍します。

そして、すっかり解凍し終わったタコを水洗いしていると、あら不思議!

汚れと一緒に、やっかいなヌメリもきれいに取れていきます!

冷凍する前は、二度三度と塩揉みしなければ取れなかったやっかいなヌメリが、冷凍するといとも簡単に取れてしまうのです。

そのため、タコを冷凍保存するときは、ヌメリを取ってから湯がいた状態のものではなく、釣り上げた状態そのままで冷凍保存することが大切です。

少しヌメリが残るようなら軽く塩揉みしてから湯がけば万全です。

せっかく釣ったならおいしく食べよう!

自分で一生懸命釣ってきたタコ。

せっかくならおいしく食べたいですよね!

料理ひとつで色々な味わいを楽しめるタコだからこそ、上手にヌメリ取りをしておいしく食べましょう。

ぜひ、参考にしてみてください。

それでは最後におすすめのタコ料理レシピをご紹介します!

チャレンジしてみる価値ありですよ!

おすすめタコ料理レシピ

タコのアヒージョ

初めてのアヒージョ。こんなに簡単に美味しくできて感激です!

出典:クックパッド

簡単おいしい!具材食べ終わった後、バスタにあえて食べました

出典:クックパッド

タコと大葉のパスタ

醤油ガーリックコンソメの組合せ最高!大葉であっさり。美味し!

出典:クックパッド

凄く美味しい!大葉でさっぱり食べれました^_^

出典:クックパッド

タコの塩レモン・マリネサラダ

すっごく爽やかで美味しい!パクチーもいいアクセントになりますね

出典:クックパッド

高級料理店で出てくるよう。たっぷり作って2日めは馴染んで更に美味

出典:クックパッド

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング