釣り人とロッドのアップ写真

プライムアユは2024年新登場の友釣り+鮎ルアー釣りもこなせるエントリーロッド!

FISHING JAPAN 編集部

高感度で軽量な延べ竿で楽しむ、鮎の友釣り。

最近では、鮎ルアーが登場したので、友鮎の代わりにルアーを結んで川面に流す人もいます。

どちらのアプローチにも高次元で対応できるのが、2024年ダイワから新登場の鮎釣りロッド・プライムアユ。

その特徴や使い方について、詳しくご紹介しましょう。

プライムアユとは

プライムアユとは、2024年ダイワからリリースされる、鮎釣り用振出式延べ竿のことです。

設定ラインナップは、1機種のみ。

全長は、6.30mと、鮎釣り用としてはショートレングスなブランクスに設計されています。

そのぶん、軽快なロッドワークを繰り出しやすく、長時間の釣行でも手首やヒジ・腕・肩などに、過度な負担を与えないでしょう。

継数は6本で、仕舞寸法・ウエイトともに未定。

錘負荷は、最大で4号まで。

適合する水中糸は、メタルラインの場合なら0.05号から0.25号まで。

ナイロンラインの場合なら、0.15号から0.6号までです。

プライムアユのブランクスは、操作性を重視して、先調子になっています。

そしてルアーロッドなどに採用されている、X45を標準で装備しています。

X45とは、ロッドの動きの中で発生するネジレを防ぐために、従来構造=竿先に対して0°と90°に加えて、45°のバイアスクロス=±45°に斜行したカーボン繊維等を巻いているブランクスのこと。

ネジレを防ぎつつ、パワー・操作性・感度の飛躍的な向上を実現しています。

それからHVFナノプラスも採用されていて、レジンの量を減らして代わりにカーボン繊維の密度を高めています。

粘りや強度を重視したロッドに最適で、東レ(株)ナノアロイテクノロジーをダイワオリジナルの製法で仕上げてあります。

軽くて強いブランクスは、こうやって作り出されているのです。

6.30mという全長の延べ竿は、鮎釣り以外でも有効に使えます。

例えば、渓流から中流域でのイワナ・ヤマメ・アマゴ釣りに。

やや川幅の広いところでも、積極的に投入できるでしょう。

それから、海の防波堤における五目釣りに。

イワシやアジ・カマス・サヨリ・アイゴなどを延べ竿で狙いたい人に、丁度いい長さではないでしょうか。

固着防止リングを搭載しているプライムアユ!

プライムアユには、固着防止リングが搭載されています。

これは、固着を防ぐために接合部分に空気層を作る溝=リング切り加工を施していて、節の太さによって幅と本数を変えている構造になっています。

鮎釣りをしていて、ロッド収納の際に固着して困った経験があるはず。

元々ブランクスが薄いので、チカラ任せに収納することはできず、なかなかたいへんな作業になることが多かったでしょう。

そういうトラブルを未然に防ぐための工夫だと考えてください。

直結メタカラマンを装備しているプライムアユ!

プライムアユには、直結メタカラマンを装備しています。

ロッドの穂先部分に、仕掛けを直接つなげることが可能になっています。

それにより、感度が大きく向上するので、鮎・ラインから伝わるアタリにも敏感に反応することができるでしょう。

仕掛けの取り付け部分が回転するので、糸ヨレや糸絡みを気にしなくて済むのも嬉しいです。

仕掛けの取り換えも楽におこなえますから、鮎釣り初心者の人でも扱いやすく作られています。

プライムアユと一緒に揃えたいおすすめの鮎釣り用アイテムを選んでみた!

プライムアユと一緒に揃えて鮎釣りを楽しみたくなる、おすすめのアイテムをご紹介しましょう。

まずは、鮎釣り用シューズ=鮎タビから。

本体素材やソールにこだわって選んでおくと、河川に立ち込んでから軽快に過ごすことができます。

滑りにくいのはもちろん、安定感を生む柔軟な設計が、好釣果に直結するでしょう。

特に足首の動きにしっかり沿うことのできるシューズなら、長く使い続けたいと感じるはずです。

ダイワ(DAIWA) 鮎タビ SP-2503R-BL ブラック M

ダイワ(DAIWA) 鮎タビ SP-2503R-BL ブラック M

最安値価格
¥27,488(楽天市場)

Amazonへ ¥27,489

楽天市場へ ¥27,488

Yahoo!へ ¥27,488

ダイワからリリースされている先丸タイプの鮎タビ・スペシャルジョグSP-2503R-BLです。

高い屈曲性能が特徴で、グリップ力の高いキュービックセンサーソールα・フェルトスパイクソールを搭載しています。

ソール部分をしっかりと固定することの可能な、ベリピタロックシステムを採用しています。

つま先ガードは、硬質ラバータイプで、つま先を水圧から守ってくれるでしょう。

フロントナイロンストラップは、横方向にズレるのを防いでくれます。

内側には、パイルジャージが配置されていて、履き心地・クッション性が高められています。

ラジカルフィットストレッチャーによって、足首の動きに柔軟に対応できます。

キックオフが付いていますから、素早く脱ぐのに便利です。

また履きやすいローバックカットデザインです。

製作は、日本でおこなわれているので、安心して履き続けることができるでしょう。

実際に試着してみると、足首周りの自由度はかなり高めで、じゅうぶん満足のいくものでした。

滑りにくさも上々なので、積極的に歩を進めながら鮎釣りを楽しめるはずです。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に設定されています。

スペシャルジョグSP-2503R-BLには、全部で5種類の足サイズがラインナップされています。

最も小さいのがSサイズで、24.0cmから24.5cmまで。

Mサイズは、25.0cmから25.5cmまで。

Lサイズは、25.5cmから26.0cmまで。

LLサイズは、26.0cmから27.0cmまで。

3Lサイズは、27.0cmから28.0cmまでとなっています。

防寒対策で厚手のソックスを履くケースがありますから、サイズには余裕を持たせたほうがいいかもしれません。

ダイワ(DAIWA) 鮎ドライタイツSP-4009DR ブラック MA

ダイワ(DAIWA) 鮎ドライタイツSP-4009DR ブラック MA

最安値価格
¥59,443(楽天市場)

Amazonへ ¥59,444

楽天市場へ ¥59,443

Yahoo!へ ¥59,443

ダイワから発売されている鮎釣り用スペシャルドライタイツ・SP-4009DRです。

高耐久タフフィットクロスを内側素材に採用しているので、スベリが良く着脱しやすくなっています。

抗菌加工を施してあり、菌の増殖を最小限に抑えて、いつでも清潔に使えるのが嬉しいです。

股上の設計を見直し、立ち込みが快適におこなえます。

スペシャルドライタイツ・SP-4009DRのサイズラインナップは、SA・MA・LA・LLA・3LA・SB・MB・LB・LLB・3LB・MO・LO・LLOの中から選ぶことができます。

ソックス部分のサイズは、S・M・L・LL・3Lの5種類から自分に合ったものを見つけ出してください。

着座した姿勢でもシューズ・タビの脱ぎ履きがしやすい、足首内側サイドファスナーが装備されています。

生地は、機動性と保温性を兼ね備えた3.5mm厚クロロプレンを採用しています。

高機能衝撃吸収材・ソルボを、ヒザ・スネ部に内蔵していて、転倒したときのヒザやスネの保護に役立ちます。

ラジカルフィットバックストレッチャーやラジカルフィットヒザストレッチャーで、急な動きにも柔軟に対処できます。

3Dタイトフィット裁断で、河川の流れに対する抵抗を抑えています。

フロントファスナーで、着脱が楽におこなえます。

ズリ落ち防止のシャークスキンや、立ち込みに有利なハイバックカット、足首にはダブル面ファスナーストラップが付いています。

スペシャルドライタイツ・SP-4009DRを干すときに便利な、ハンガーストラップ付きです。

日本製なので、安心して履き続けることができるでしょう。

実売価格は5万円台と、ハイスペックならではの価格帯に設定されています。

プライムアユの気になる発売日はいつ?

プライムアユの気になる発売日は、2024年の5月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、34,000円です。

このロッドを手に、鮎釣りを始めてみてはいかがでしょうか。

新製品関連記事はこちら

鮎釣り」カテゴリの人気記事

ロッド」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング