ロゴ

24ハートランド新登場!ベイトキャスティングモデル【722LRSB-24】のスペックを知りたい

FISHING JAPAN 編集部

ダイワのバス釣りロッド・ハートランドシリーズのベイトキャスティングモデルに、2024年新しい機種が追加されます。

その名は、722LRSB-24。

いったいどんなスペックに仕上がっているのか、詳しくチェックしてみましょう。

そもそもハートランドシリーズとは

ダイワから発売中のハートランドシリーズとは、バス釣り用に作られた豊富なロッド群のことです。

村上晴彦さんがブロデュースしているので、オカッパリアングラーなら手にしたことのある人は多いかもしれません。

今回ご紹介するのは、2024年に新しく追加される、24ハートランド・ベイトキャスティングモデルの1本。

機種名は、722LRSB-24となっていて、その詳細スペックは次の通りです。

全長は、2.18mとやや長めに設計されていて、2ピース仕様。

仕舞寸法は113cmにまで縮まるので、釣り場まで携行するのにとても便利です。

ウエイトは106gで、ブランクスの先径/元径は1.3/9.4mmと細め。

適合するルアーウエイトは、1.8gから11gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら5lbから10lbまでで、PEラインなら0.5号から1.0号まで使えます。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99%に設計されています。

細身・肉厚のチューブラーブランクスで、ロッドティップ部分は硬めに作られていますから、操作性とキャスタビリティが向上しています。

その他HVFナノプラス・X45・V-ジョイント・エアセンサーシートなどが採用されています。

とてもしなやかなブランクスなら、軽量ウエイトプラグを軽快にキャストするのに向いているでしょう。

スモールサイズでアプローチしにくかったプラグを、この新しい722LRSB-24でロングキャストしてみましょう。

HVFナノプラスを24ハートランドに採用!

24ハートランド・722LRSB-24に搭載されているHVFナノプラスとは、どんなものでしょうか。

ブランクスのベースとなっているカーボンシートには、接着を目的とした樹脂=レジンが含まれています。

つまり、カーボン素材100%ではありません。

そのレジンの量を減らして、代わりにカーボン繊維の密度を高めたのが、高密度HVFカーボンなのです。

粘りや強度を重視した、24ハートランドシリーズには最適な素材で、東レ(株)ナノアロイテクノロジーとダイワ独自の製法を組み合わせて作り上げています。

高強度化・軽量化を実現しているので、強くて軽いベイトロッドが出来上がるのです。

24ハートランドに搭載されているX45とは

24ハートランド・722LRSB-24には、X45も採用されています。

X45とは、ロッド操作の動きの中で発生するネジレを防ぐために、ダイワが編み出した製法です。

従来のブランクス構造に加えて、45°のバイアスクロス=±45°に斜行したカーボン繊維を巻いています。

これにより、ネジレを抑え込んで、パワーや操作性・感度の向上を実現しています。

アングラーが加えたチカラが逃げずに、しっかりとロッドワークに伝わることになるでしょう。

24ハートランド・722LRSB-24に装着したいおすすめリールを選んでみた!

24ハートランド・722LRSB-24に装着してスモールプラグをキャストするのに、おすすめのベイトリールをご紹介しましょう。

ライトラインを柔軟に使えるものが、ベストマッチといえそうです。

ダイワ(DAIWA) ベイトリール ジリオン SV TW 1000XH 右ハンドル(2021モデル)

ダイワ(DAIWA) ベイトリール ジリオン SV TW 1000XH 右ハンドル(2021モデル)

最安値価格
¥31,460(楽天市場)

Amazonへ ¥31,680

楽天市場へ ¥31,460

Yahoo!へ ¥31,680

ダイワからリリースされているロープロファイルデザイン系ベイトリール・ジリオンSV TWシリーズのラインナップから、1000XHを選んでみました。

ギア比は8.5対1なので、ハンドル1回転につき90cmのラインを回収することができるようなっています。

最大ドラグ力は5.0kgで、ラインキャパはモノフィラメントラインなら、14lbを90m巻けます。

ウエイトは175gと軽めで、スプール径は34mm。

ハンドルアームの長さは90mmで、ボールベアリングは8個搭載しています。

実際に手に取ってみると、とても軽くて滑らかな巻き心地を体感できました。

キャストフィールは安定しているので、スモールプラグを低弾道でピンポイントに届けるのに向いているでしょう。

実売価格は3万円台と、購入を検討しやすい価格帯に設定されています。

細いPEラインを巻くことも可能なので、スモールプラグ用に自分なりにセッティングしてみましょう。

24ハートランド・ベイトキャスティングモデルの気になる発売日はいつ?

24ハートランド・ベイトキャスティングモデル・722LRSB-24の気になる発売日は、2024年の1月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、51,500円です。

オカッパリシーンでキャストする際には、自分の背後や周囲を必ず確認してください。

他のアングラーや通行人がいない状態で、バックスイングに移るようにします。

当然自分の頭の上に伸びている木の枝などにも、ロッドが接触しないように気を付けましょう。

新製品関連記事はこちら

ロッド」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング