ロッド 写真

サビキ釣りに使うロッドを選ぼう!イワシやアジをサビキ釣りで狙うためのおすすめロッド

FISHING JAPAN 編集部

家族連れでワイワイ楽しむ釣りスタイルとして、昔から親しまれているサビキ釣り。

さまざまな道具を用意して、釣り場へ向かわなければなりませんが、その中で今回取り上げるのがロッドです。

サビキ釣りに適したロッドとはどういうものか、おすすめのものを詳しくチェックしてみましょう。

サビキ釣りならガイド付きの振り出し竿がおすすめ

サビキ釣りに使うロッドは、ガイド付きの振り出し竿が適しているでしょう。

釣り場へ持って行く際には、コンパクトに収納できるのが大きなメリットですね。

この収納・振り出し機能の付いたロッドといえば、思い浮かぶのが磯竿ですよね。

磯竿をサビキ釣り用のロッドに転用してみよう

サビキ釣り専用として販売されているロッドもありますが、実は既存の磯竿を使っても、サビキ釣りは楽しめるのです。

磯竿なら短いものから長いものまで、軟らかいタイプから硬いタイプまで揃っているので、選ぶ幅が広くて便利でしょう。

「えーっ、でも磯竿の表記って分かりにくいよぉ~っ!」

そういう人のために、磯竿の表記について解説します。

磯竿の表記

磯竿には、「2号53」や「3号48」などの表記が使われています。

号の付いた数字は硬さを表していて、小さな数字ほど軟らかく、大きくなるほど硬いので、重いオモリや仕掛けを扱えるようになっています。

後ろの数字は長さを表していて、53なら5.3メートル、48なら4.8メートルを指しています。

長いほうが、サビキ仕掛けも長くできるのですが、そのぶん絡まりなどのトラブルが発生しやすいので注意が必要です。

サビキ釣りにおすすめのロッドはこちら

サビキを目的に購入するのであれば買って正解です。一通り揃ってますし、値段の割に十分かと思います。

出典:amazon

サビキ釣りのロッドとセットで、必要な道具全てが揃っている釣りアイテムです。

これなら釣り場に持ち込んで、そのまますぐに釣りを始められるでしょう。

ラインがやや太めですから、糸ヨレに注意しながら扱うようにしてください。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング