リールのアップ写真

21カルディアの実釣インプレ特集!18カルディアとどう変わったの?

FISHING JAPAN 編集部

18カルディアシリーズをさまざまな釣りでヘビーユースしてきたので、2021年に新しいカルディアが発売されたときは、とても期待しました。

どの辺りが変更されたのかチェックするために、全12機種の中から3つをピックアップ。

1年以上かけて使い込んでみた実釣インプレを、詳しくご紹介しましょう。

21カルディアってどんなリールなの?

21カルディアとは、ダイワから発売中の軽くて強い、汎用型スピニングリールのことです。

18カルディアとの大きな違いは、本体とローターに新素材・ザイオンVを採用したこと。

もっと軽く、もっと強いスピニングリールに仕上げるために開発された、カーボンハイブリッド樹脂がその正体です。

ハイブリッドするカーボンの量を緻密にコントロールしていて、金属を凌駕する軽量性プラス高い剛性をハイレベルで実現しています。

先にザイオンという樹脂素材が世に出ていますが、そのエッセンスをしっかり受け継いだ新素材といえるでしょう。

根本的に樹脂なので、錆びを恐れる必要がありません。

塩分を含む海水を浴びながら釣りをおこなうわけですから、錆びない!という要素はとてもありがたいもの。

積極的に大胆にフィールドで使えるベースが備わっていることになります。

またモノコックボディ採用によって、コンパクトなハウジングに大口径のタフデジギアを封入することに成功しています。

その他マグシールドやATD・ロングキャストABS・パーフェクトラインストッパーも搭載。

ストッパーレスボディになっているのも、見逃せない進化ポイントといえるでしょう。

それでは21カルディアシリーズの中から、3機種を実釣インプレしてみます。

●21カルディアFC LT2000S-H

2000番サイズのハイギアモデルは、ライトソルトウォーターゲーム全般に使うことのできる機種です。

ギア比は5.8対1ですから、ハンドル1巻きにつき76cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

ウエイトは175gしかないのでとても軽く、長時間の釣りでも疲れを感じにくいでしょう。

最大ドラグ力は5.0kgで、ハンドルの長さは50mm。

ボールベアリングは6個搭載されていて、ラインキャパはモノフィラメントラインなら、3lbを150m巻けます。

PEラインなら、0.4号を200m巻けるようになっています。

メーカー希望販売価格は、24,100円です。

アジングやメバリングなどを楽しむのに向いていて、渓流エリアでトラウトをターゲットにすることも可能です。

ハンドルを回してみると、ハイギア独特の重い巻き感はほとんど無く、安定してリトリーブをおこなえるでしょう。

2500番ならバス釣りやエギングにバッチリ!

●21カルディアLT2500S-XH

2500番サイズのエクストラハイギアモデルです。

バス釣りやエギングゲームなど、幅広い用途に使えるでしょう。

ギア比は6.2対1なので、ハンドル1回転につき87cmものラインを巻き取れるように作られています。

ウエイトは190gと軽めで、最大ドラク力は5.0kg。

ハンドルの長さは55mmで、ボールベアリングは6個搭載しています。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら4lbを150m、PEラインなら0.6号を200m巻けます。

メーカー希望販売価格は、24,600円です。

かなり高めのギア比でしっかりと巻き取れますから、手返しのいいアプローチを繰り出せるようになっています。

ライトショアジギングに使ってみたい4000番!

●21カルディアLT4000-CXH

このシリーズ最大のサイズを誇っていて、ライトショアジギングゲームにとても適しています。

ギア比は6.2対1で、ハンドル1巻きにつき99cmものラインを巻き取れます。

ウエイトは230gしかありませんから、サーフからフルキャストを続けても疲れをあまり感じずに続けられるはずです。

最大ドラグ力は12.0kgで、ハンドルの長さは60mm。

ボールベアリングは6個搭載していて、ラインキャパはモノフィラメントラインなら10lbを190m、PEラインなら1.5号を200m巻けます。

メーカー希望販売価格は、26,100円です。

4000番でこの軽さなら、防波堤やサーフなどの広い釣り場を歩き回って魚を探したくなります。

ラインキャパもじゅうぶんなので、ロングキャストしながら沖合いボトムの地形変化を、丁寧に探ってみましょう。

ドラグレスポンスも良好なので、高切れした経験はまだありません。

21カルディアを装着したくなるおすすめロッドを選んでみた!

それでは21カルディアを装着して使ってみたい、おすすめのロッドを取り上げてみましょう。

まずは、エギングゲーム用から。

8ft台の長さでMパワー以上の張りがあれば、さまざまなサイズのエギを操ることができます。

ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks) Mebius 86M

ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks) Mebius 86M

最安値価格
¥27,720(Yahoo!)

Amazonへ ¥29,400

楽天市場へ ¥27,721

Yahoo!へ ¥27,720

ヤマガブランクスからリリースされている、エギングゲーム用スピニングロッドです。

全長は2.595mで、2ピース仕様。

仕舞寸法は、1.325mになっています。

ウエイトは98gと軽めで、適合するエギサイズは、2.5号から4.0号まで。

適合するPEラインは、0.5号から1.0号までです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、96.6%となっています。

実際に手に取ってみると、とてもシャープで張りのあるブランクスに仕上がっている印象です。

操作性は高く、21カルディアの2500番との相性もいいでしょう。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

逆並継のブランクスで、ロッドワーク後のブレがしっかり抑えられています。

ガイドシステムは、ステンレスフレームのKガイドで、SiCガイドリングを装備しています。

グリップは細身で握りやすく、シャクリを連続でおこなっても、さほど手首に負担はかからないでしょう。

ダイワ 21 ジグキャスター 96MH・N

ダイワ 21 ジグキャスター 96MH・N

最安値価格
¥10,197(楽天市場)

Amazonへ ¥15,868

楽天市場へ ¥10,197

Yahoo!へ ¥13,596

ダイワからリリースされている、ショアジギングゲーム用のスピニングロッドです。

やや柔らかく仕上がっているので、ライトショアジギングゲームに向いているでしょう。

4000番クラスの21カルディアにマッチしそうです。

全長は2.90mで、継数は2本。

仕舞寸法は150cmで、ウエイトは230gあります。

先径/元径は、2.2/15.8mm。

適合するルアーウエイトは15gから65g、適合するメタルジグは20gから80gまでとなります。

適合するPEラインは、1.5号から3号まで。

ブランクスのカーボン素材含有率は、94%です。

実際に手に取ってみると、やや持ち重り感はあるものの、振り抜けが良い印象です。

ガイドにラインが絡まりにくく、手返しのいいキャストを繰り出せるでしょう。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

防波堤やサーフなどから、ロングキャストを繰り返して大物を狙ってください。

キャストを始める前に、必ず自分の背後や左右に人がいないか確認しましょう。

またキャストしたルアーやメタルジグが、他のアングラーのラインに引っ掛かったら、すぐに謝って対処することを心がけたいものです。

21カルディアシリーズを駆使して大型魚を釣り上げよう!

21カルディアシリーズの特徴や実釣インプレ、マッチしそうなおすすめロッドをご紹介しましたが、いかがでしたか?

軽くて強いスピニングリールですから、自分の釣りスタイルを広げていくのに必須のアイテムとなってくれるはずです。

スピニングリールの関連記事はこちら

スピニングリール」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング