リールのアップ写真

23PR100H/HLは2023新登場のハイコスパベイトリール【ダイワ】

FISHING JAPAN 編集部

バス釣りはもちろん、ソルトウォーターゲームにも対応可能なベイトリールとして、初心者アングラーにも扱いやすいモデルが、ダイワのPR100シリーズです。

2023年には、新しいギア比の23PR100Hと100HLが追加ラインナップ。

どのようなスペックに仕上がっているのか、詳しくご紹介しましょう。

23PR100H/HLとは

23PR100H/HLとは、2023年に新しく追加されるダイワのベイトリールのことです。

レベルワインドが可動するTWSを潔く取っ払って、基本性能とコスパを充実させたモデルに仕上がっています。

既存モデルのギア比は、6.3対1ですから、ハンドル1巻きにつき65cmのラインを回収可能に作られていました。

2023年に新登場する23PR100H/HLは、それよりも高いギア比に設定されています。

100Hはハイギア+右巻きハンドル仕様の型式で、100HLはハイギア+左巻きハンドル仕様を表しています。

23PR100H/HLの詳細スペックについて、取り上げてみましょう。

ギア比は、7.3対1にアップ。

ハンドル1回転につき、73cmのインを巻き取ることができるように作られています。

ウエイトは190gと軽めなので、長い時間釣りをおこなうことになっても、さほど疲れを感じずに過ごせるでしょう。

タックルが手持ち状態になるルアーフィッシングで、軽さは大きなアドバンテージになります。

最大ドラグ力は、5.0kg。

スプール寸法は、直径が32mmで幅が26mm。

高い強度を誇るアルミニウム製で、立ち上がりのいい回転性能も魅力です。

既存モデルのスプールを、クラッチを切った状態で回してみると、軽快に回転を続けてくれました。

スプール回転の制御は、ダイワオリジナルのマグネットブレーキ・マグフォースが担っています。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら14lbを110mも巻くことができます。

重めのルアー、例えばバイブレーションルアーやテールスピンジグ・シンペン・ポッパー・クランクベイト・スピナーベイト・チャターベイトなどを、ロングキャストすることが可能でしょう。

しかも太いモノフィラメントラインを存分に使えるので、濃いカバーや岩礁帯などを積極的に攻められます。

PEラインなら、1.5号を230mも巻けます。

船釣りでバーチカルなアプローチを展開するとき、このPEラインのストック量は大きな武器になるはずです。

ハンドルの長さは90mmで、ボールベアリングは3個搭載しています。

ハイギアを搭載した23PR100H/HLのメリット!

23PR100H/HLのメリットとして挙げられるのは、ハイギアによる手返しの良さです。

キャストしたルアーを、いち早く回収することができるので、次のキャストへすぐに移れます。

目の前に広がる広範囲な水域を、テンポよくチェックできるのですから、魚に遭遇する機会は増えるでしょう。

ラインに結ぶルアーをローテーションしながら、魚が食い付いてくる瞬間を待ってください。

その間リールハンドルは回しっぱなしになります。

滑らかで軽やかな巻き心地であればあるほど、手元で魚からのアタリを感じやすいでしょう。

メインギア周りのメンテナンスを定期的におこなって、巻き心地の良さをキープできるようにしてください。

ハンドルノブの付け根部分にもオイルを少量垂らしておくと、驚くほどリトリーブが安定します。

防波堤エリアでバーチカルなアプローチに使える23PR100H/HL!

23PR100H/HLなら、ルアーのキャスティングゲーム以外にも転用することができます。

例えば、防波堤での穴釣り。

ブラクリ仕掛けをラインの先端に結んで、垂直にテトラの隙間や護岸の壁沿いに落とし込んでいきます。

着底したらラインがたるむので、ハンドルを回してクラッチをつなぎます。

あとはロッドティップを水平の位置から少し下げて、ラインをたるんだ状態にして魚からのアタリを待ちましょう。

たるんでいたはずのラインがピーンと張ったら、ブラクリ仕掛けに付けたエサに、カサゴやソイ・メバル・アイナメなどが食い付いたのかもしれません。

23PR100H/HLはハイギアなので、一気にリールハンドルを回せば、それだけでフッキングが上手く決まる可能性があります。

ロッドティップが曲がったままなら、強引に巻き上げて魚をランディングしましょう。

23PR100H/HLを装着するのにおすすめのロッドを選んでみた!

23PR100H/HLを装着して釣りを楽しむのに適している、おすすめのベイトロッドをご紹介しましょう。

まずは、バス釣り用の2ピースロッドから。

オカッパリシーンで持ち運びしやすく、軽めのフィネスなルアー・ワームリグなどをキャストするつもりなら、こちらはいかがでしょうか。

ダイワ(DAIWA) 21 ブレイゾン C68L-2・BF 2ピース ベイトキャスティングモデル

ダイワ(DAIWA) 21 ブレイゾン C68L-2・BF 2ピース ベイトキャスティングモデル

最安値価格
¥13,060(Yahoo!)

Amazonへ ¥13,860

楽天市場へ ¥13,108

Yahoo!へ ¥13,060

ダイワのバス釣り用ロッド・ブレイゾンシリーズの中から、6.8ftのベイトフィネスロッドを選んでみました。

全長は2.03mで、2ピース仕様。

仕舞寸法は、105cmにまで縮まります。

これならヤブコギしながらでも、積極的にポイント移動を実施できるでしょう。

ウエイトは100gと軽めで、先径/元径は1.6/9.4mmと細めの設計。

適合するルアーウエイトは、1.8gから11gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら5lbから12lbまでです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、89%になっています。

実際に手に取って継いでみると、とてもしなやかで曲がり込みやすいブランクスに仕上がっています。

小型で軽量なルアーやワームリグを、正確にピンポイントへ送り込めそうな、操作性の高さを感じます。

グリップは細身で握りやすく、安定したロッドワークを繰り出せるでしょう。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に収まっています。

AbuGarcia (アブガルシア) ソルティーフィールド SALTYFIELD SFC-702ML 釣竿 釣り竿 ロックフィッシュロッド シーバスロッド

AbuGarcia (アブガルシア) ソルティーフィールド SALTYFIELD SFC-702ML 釣竿 釣り竿 ロックフィッシュロッド シーバスロッド

最安値価格
¥5,876(amazon)

Amazonへ ¥5,876

楽天市場へ ¥6,853

Yahoo!へ ¥6,112

アブガルシアブランドから発売中の、ソルトウォーターゲーム用ベイトロッドです。

全長は7.0ftで、2ピース仕様。

仕舞寸法は、109.2cmにまで縮まります。

ウエイトは110gと軽めで、先径は1.1mmと細め。

適合するルアーウエイトは、最大で24gまでですから、ブラクリ仕掛けの6号前後までは使えるでしょう。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら12lb前後で、PEラインなら最大1.2号程度までマッチします。

実際に手に取ってみると、とても軽くてしなやかに曲がってくれる印象を持ちました。

これなら穴釣りで使っても、バイトを弾かずにフッキングに持ち込めるでしょう。

実売価格は6千円台と、とても低価格な設定に収まっています。

初心者アングラーが購入を検討しやすい価格帯なので、入手する人は少なくないのではないでしょうか。

ベイトタックルの扱いに慣れるのにも、とても適しているロッドといえそうです。

穴釣りの際に重めのブラクリ仕掛けを使う場合は、ベイトリールのメカニカルブレーキノブを締め気味にしておくと、仕掛けが着底してもバックラッシュトラブルにはなりにくいでしょう。

23PR100H/HLの気になる発売日はいつ?

23PR100H/HLの待望の発売日は、2023年の4月予定となっています。

メーカー希望小売価格の設定は、6,900円と設けられています。

価格は1万円を切るものなので、ベイトタックルへ初めて挑戦する方々に、是非お試しいただきたい商品です。

その賞賛される製品のクオリティは、取り扱いが簡単であると評価されています。

ぜひ長期間手元において、様々な釣りのシチュエーションで使用してみてください。

2023年新製品関連記事はこちら

ベイトリール」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング