リールのアップ写真

アブガルシアのアンバサダーを使ってみた!魅力満載のベイトリール

FISHING JAPAN 編集部

独特な深みのある赤色を、全身に纏(まと)っている丸型形状のベイトリール

ダイレクトリール時代を経て、1950年代のアブ時代から世に広まっているベイトリール・アンバサダーシリーズです。

アブガルシアと社名を変えてからも、その生産は続けられていて、アンバサダーシリーズのヘビーユーザーは全世界に存在しています。

その特徴や使用感について、詳しくご紹介しましょう。

アブガルシアのアンバサダーシリーズとは

アブガルシアのアンバサダーシリーズとは、スウェーデンを発祥とする世界的に人気のベイトリールのことです。

前身のアブ社は、時計を作るメーカーでしたが、1941年に初めてリールを製作しました。

ダイレクトリールという、クラッチ機能の無いベイトリールは、ギア比が低く、飛距離も大して伸びません。

何より、バックラッシュトラブルが多く、なかなかに使いづらいリールだったといえるでしょう。

それを大きく進化させたのが、アンバサダーシリーズです。

初期モデルのアンバサダー2000シリーズに、遠心ブレーキが搭載され、目を見張るほどバックラッシュしなくなりました。

加えて5000シリーズには、クラッチボタンを搭載。

このボタンを押し込むことにより、スプールフリー状態を作り出すことに成功したのです。

赤アブと呼ばれた5000シリーズを、全バラシして内部構造をチェックしたことがあります。

とてもシンプルなパーツ構成で、組み立てはカンタンにおこなうことができました。

どのパーツにも剛性感が備わっていて、少々の負荷ではびくともしません。

釣りの現場で壊れない!壊れにくい!という特徴は、多くのアングラーに支持されることになります。

アメリカでアブ社・アンバサダーシリーズの販売を手掛けていたのが、ガルシア社。

その2つの会社が合併して、アブガルシア社となったのです。

1980年代後半から現代に至るまで、リール製作の歴史は脈々と続いています。

ただし、内部構造はどんどん変わっていき、金属製パーツよりもプラスチック樹脂製パーツの比率が増えていきました。

使い込むほどによく飛ぶようになった!といわれていた、過去のアンバサダーシリーズのような味の部分は、どうしてもスポイルされるようになってしまったでしょうか。

なので今でも釣り場で、オールドシリーズのアンバサダーリールを使っているアングラーを見かけます。

バス釣りには5000や5500C、渓流トラウトゲームには2500Cをロッドに装着しているケースが多いです。

アブガルシアのアンバサダーシリーズ・2500Cは大人気!

アブガルシアのアンバサダーシリーズの2500Cは、5000シリーズよりもコンパクトなデザインです。

ウエイトも軽いので、ライトタックルと組み合わせて使うのに適しています。

最近では、浅溝スプールが外部のメーカーによって作られ、それを既存スプールと交換して極細PEラインを巻いている人が増えました。

ターゲットは、渓流域に棲むイワナ・ヤマメ・アマゴです。

渓流ベイトフィネス用のベイトリールとして、2500Cが再注目されているのです。

タックルを持つ手元にアンバサダーリールがあるだけで、とても趣味性の高い雰囲気を醸し出してくれます。

現行モデルのアブガルシアのアンバサダーシリーズにはどんな番手があるの?

アブガルシアのアンバサダーシリーズとして、さまざまな番手が製作されています。

4500・4501・4600・4601・5500・5600・6000・6500・6501と、まだまだユーザーが多いことが分かります。

人気の2500Cも、常時販売モデルとして復活して欲しいところです。

2501Cと1が付くと、左巻きハンドル仕様になるので、こちらも渓流ベイトフィネスで人気が出るはず。

柔軟な対応をメーカーに期待したいものです。

Abu Garcia(アブ・ガルシア) リール Ambassadeur S (アンバサダー S) ベイトリール AMBS-5500 5500 [並行輸入品]

Abu Garcia(アブ・ガルシア) リール Ambassadeur S (アンバサダー S) ベイトリール AMBS-5500 5500 [並行輸入品]

最安値価格
¥15,303(amazon)

Amazonへ ¥15,303

楽天市場へ ¥20,263

Yahoo!へ ¥21,200

アブガルシアのアンバサダーシリーズを装着してみたいおすすめのベイトロッドを選んでみた!

アブガルシアのアンバサダーシリーズを装着して使ってみたくなる、おすすめのベイトロッドをご紹介しましょう。

まずは、バス釣り用のトップウォーターゲームロッドから。

シングルハンドグリップが、とてもオールドテイストで雰囲気があります。

テイルウォーク(Tailwalk) ロッド グラッピー 60L

テイルウォーク(Tailwalk) ロッド グラッピー 60L

最安値価格
¥10,980(Yahoo!)

Amazonへ ¥12,987

楽天市場へ ¥13,895

Yahoo!へ ¥10,980

テイルウォークブランドからリリースされているベイトロッド・グラッピーシリーズのラインナップから、60Lを選んでみました。

全長は6ftなので取り回ししやすくて、しなやかに曲がるブランクスになっています。

2ピース仕様で、仕舞寸法は96cmです。

ここまで短くなるのなら、手持ちで運ぶのにとても便利です。

ウエイトは125gで、適合するルアーウエイトは、3/16ozから3/4ozまで。

ヘドンなどのトップウォータールアーなら、この範囲にきっちり収まります。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら8lbから16lbまでです。

実際にアブガルシアのアンバサダー5000を装着して、フィールドで使ってみました。

グリップデザインとアンバサダーの丸型がベストマッチで、パーミングするのも無理がありません。

クラッチボタンには指が届きますから、テンポよくキャストを続けられるでしょう。

ガイドには、SiCガイドリングが標準で装備されているので、ラインが傷んでしまう心配はさほど要らないでしょう。

実売価格は1万円台と、とても低価格な設定に抑えられているのが嬉しいです。

釣り場におけるフィッシングプレッシャーが高まったとはいえ、トップウォータールアーに反応してくるバスは多いです。

オールドタックルテイストのロッドやリールを使って、バス釣りを楽しみたい人におすすめの1本といえるでしょう。

テイルウォーク(Tailwalk) ロッド トラウティア フェリーク C49L/G

テイルウォーク(Tailwalk) ロッド トラウティア フェリーク C49L/G

最安値価格
¥14,080(amazon)

Amazonへ ¥14,080

楽天市場へ ¥16,000

Yahoo!へ ¥15,675

テイルウォークブランドから発売されている渓流トラウトゲーム用ベイトロッド・トラウティアフェリークシリーズの中から、C49L/Gを選んでみました。

アンバサダー2500Cを装着して操るのに、ちょうどいいでしょう。

全長は4.9ftなので、とてもショートレングスなブランクスに仕上がっています。

渓流域や源流域で持ち歩くには、これぐらいの長さが扱いやすいかもしれません。

2ピース仕様で、仕舞寸法は76cmにまで縮まります。

ウエイトは83gと軽めで、適合するルアーウエイトは、最大で7gになります。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら最大で6lbです。

実際に手に取ってみると、とても軽くてしなやかに曲がり込む印象を持ちました。

これなら5g前後のシンキングミノーを、軽快にキャストすることができるでしょう。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

渓流トラウトゲームにベイトフィネスタックルを持ち込むアングラーが、年々増えています。

最初の1本としてトラウティアフェリークシリーズを選べば、ショートレンジのキャストを習得しやすいかもしれません。

渓流域では、先行者が優先です。

追い抜いて上流を釣る行為は、厳に慎みましょう。

アブガルシアのアンバサダーシリーズを駆使してさまざまなゲームフィッシュを釣り上げよう!

アブガルシアのアンバサダーシリーズの特徴や使い方、おすすめのベイトロッドをご紹介しましたが、いかがでしたか?

丸型の外観フォルムには、釣り道具としての魅力が詰まっています。

使いこなす喜びを感じられるベイトリールとして、これからもアブガルシアのアンバサダーシリーズは、アングラーの支持を受け続けるでしょう。

ベイトリールの関連記事はこちら

ベイトリール」カテゴリの人気記事

アブガルシア」カテゴリの人気記事

DAILYランキング