リールのアップ写真

アンバサダー4600CA登場!2023年アブガルシアの新ベイトリール

FISHING JAPAN 編集部

古くから多くのアングラーに支持され続けている丸型ベイトリールといえば、アブガルシアのアンバサダーシリーズが挙げられるでしょう。

5000番タイプよりも幅狭ボディで、サムバー式クラッチが付いている4600番タイプに、2023年新しいモデルが登場します。

その名は、アンハサダー4600CA。

型式にCAが付くモデルは、1978年製のものにありましたが、今回はその復刻イメージを背負いつつ、ファクトリーチューンが施されています。

いったいどんなスペックなのか、詳しくご紹介しましょう。

アンバサダー4600CAとは

アンバサダー4600CAとは、2023年アブガルシアからリリースされる、丸型ベイトリールのことです。

ウエイトは345gとやや重めで、ギア比は5.3対1に設定。

ハンドル1巻きにつき65cmのラインを、回収することができるようになっています。

最大ドラグ力は、強めの8kg。

ラインキャパは、PEラインなら4号を125m巻けます。

ボールベアリングは6個搭載していて、スプールに内蔵しているものには、セラミック素材のボールを使っています。

右巻きハンドルと左巻きハンドルから選べるようになっていて、左巻きの型式は、4601CAです。

リールのブレーキシステムに注目してみましょう。

飛距離を伸ばせるオールドタイプのベークライト素材を使ったブロックで、2点式の遠心力ブレーキシステムが組まれています。

初速が上がり過ぎるのを抑え、後半の伸びを期待できるのではないでしょうか。

また樹脂製アイドルギアの軸部分には、スプールの回転性能を上げるためにボールベアリングが2個配置されています。

レベルワインドの軸にも、2個のボールベアリングが入っていますから、オールドアンバサダーよりも飛距離は伸びるはずです。

アンバサダー4600CAのハンドルに目を移すと、ポリッシュタイプのハンドルノブが付いています。

円筒に近い形状で、クビレがあってつまみやすく、大きな負荷がかかってもチカラ強く巻き取れるでしょう。

リールフットを見てみると、従来から施されている溶接に加えて、リベットが追加されています。

ガッチリ装着されている状態なので、足周りの強度アップが成されているのは間違いないでしょう。

予期しないタイミングで、大型魚がかかるケースがありますから、慌てずにやり取りを楽しめる仕様になっているといえそうです。

アンバサダー4600CAの懐かしいデカールに注目!

アンバサダー4600CAには、デカールが各所に貼られています。

まさにオールドアンバサダーのテイストそのもので、これが欲しいがためにリールを購入する人がいるかもしれません。

令和の時代にCAと刻まれたデカールを拝めるとは、予想を超えた展開といえるでしょう。

長く手元に置いて使い続けたくなる、ノスタルジックな雰囲気を作り出しています。

サムバー式クラッチを採用したアンバサダー4600CA!

アンバサダー4600CAの後半部分、すなわちクラッチ周りにも注目してください。

押し込み式のクラッチではなく、サムバーが突き出したタイプのクラッチが採用されています。

このほうが、パーミングした状態からスムーズにキャストに移れますから、キャスト数も自然と伸びるでしょう。

実釣における扱いやすさを優先した結果、この方式を選んだのではないでしょうか。

より個性が出ているので、令和にリリースされたアンバサダー4600CAとして、記憶に残りそうです。

アンバサダー4600CAを装着して使ってみたくなるおすすめのロッドを選んでみた!

アンバサダー4600CAを使用してキャスティングゲームに挑戦したくなる、魅力的なロッドをぜひお見せしましょう。

まず最初に、コストパフォーマンスが高いトップウォーター専用ベイトロッドをご紹介します。

その扱いやすさや、手にしたときの軽さ・握りやすさが、このアイテムの魅力となっています。

テイルウォーク(Tailwalk) ロッド グラッピー 60L

テイルウォーク(Tailwalk) ロッド グラッピー 60L

最安値価格
¥10,980(Yahoo!)

Amazonへ ¥13,100

楽天市場へ ¥13,895

Yahoo!へ ¥10,980

テイルウォークブランドからリリースされている、シングルハンドルのベイトロッド・グラッピーです。

全長は6ftで、2ピース仕様になっています。

仕舞寸法は、96cmにまで縮まりますから、クルマに載せる際に干渉しにくいでしょう。

釣り場へ持ち込むときも、手で保持しやすく、さまざまなシチュエーションへ運びやすくなっています。

ウエイトは125gで、適合するルアーウエイトは、3/16ozから3/4ozまで。

一般的によく用いるトップウォータープラグのウエイトを、きっちりカバーしているといえるでしょう。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら8lbから16lbまでとなっています。

実際にフィールドで使ってみると、とてもしなやかで負荷に対して曲がり込みやすいブランクスに仕上がっています。

ゆっくりとバックスイングを取っても、しなやかな曲がりが発生。

これなら前方に軽く押し出すだけで、じゅうぶんな飛距離を得ることができるでしょう。

実売価格は1万円台と、とても低価格な設定に収まっています。

ペンシルやポッパーをキャストして、広大なフィールドからバスやナマズ・ライギョ・ニゴイ・ウグイなどを引き出すのに、ベストマッチなロッドになってくれそうです。

ブランクスの長さがショートレングスなので、オカッパリシーンはもちろん、カヤックやカヌー・ゴムボート・フローターなどに乗って操るのにも適しています。

2ピース仕様で継目はありますが、ブランクスの曲がりはとてもスムーズ。

魚を徐々に弱らせて水面まで浮かせるのに、ちょうどいいパワー+トルクを備えています。

AbuGarcia (アブガルシア) ズームサファリ (ZoomSafari) ZMSC-665M パックロッド ベイト ライトロック バス エリアトラウト

AbuGarcia (アブガルシア) ズームサファリ (ZoomSafari) ZMSC-665M パックロッド ベイト ライトロック バス エリアトラウト

最安値価格
¥9,350(amazon)

Amazonへ ¥9,350

楽天市場へ ¥10,477

Yahoo!へ ¥9,724

アブガルシアからリリースされている、マルチピースタイプのベイトロッド・ズームサファリシリーズの中から、Mパワーブランクスモデルを選んでみました。

全長は1.98mと、取り回ししやすい長さに設計されています。

継数は5本で、仕舞寸法は44.6cmにまで縮まります。

これならタックルバッグや旅行カバンに収納して、あちこちへ移動することができるでしょう。

ウエイトは151gで、適合するルアーウエイトは9gから28gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら8lbから16lbまでです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、95%になっています。

実際に継いで振ってみると、とても張りがあって継目の多さを感じさせません。

負荷をかけたときの曲がりは美しく、無理のないやり取りを魚と楽しめそうです。

グリップ周りは、細身シェイプで握りやすく、フッキングの際にはじゅうぶんチカラをこめることができるでしょう。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

このベイトロッドが1本あれば、さまざまな魚種をターゲットに釣りを楽しむことが可能です。

しかも遠征釣行しやすいので、これまで釣りをしたことのない場所で、ロッドを振る機会に恵まれるかもしれません。

アンバサダー4600CAの気になる発売日はいつ?

アンバサダー4600CAの気になる発売日は、2023年の3月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、58,500円です。

太めのモノフィラメントラインやPEラインを巻いておくことで、大型魚と対峙しても、慌てず応じられるでしょう。

全体的にガッチリしていて、剛性・耐久性のあるベイトリールですから、長く使い続けることができるはずです。

どんな釣りに使えるのか、ルアーのキャスティングゲーム以外の可能性も、模索してみると面白いでしょう。

レベルワインドの溝にゴミなどが入らないよう注意し、見つけたら綿棒などで取り除くようにしましょう。

ベイトリールの関連記事はこちら

ベイトリール」カテゴリの人気記事

アブガルシア」カテゴリの人気記事

DAILYランキング