リールのアップ写真

ビッグシューターコンパクトを使ってみた!レボシリーズのビッグフィッシュ対応ベイトリール

FISHING JAPAN 編集部

アブガルシアブランドからさまざまなリールがリリースされていますが、レボシリーズにはビッグフィッシュをターゲットにしたビッグシューターコンパクトがラインナップされています。

ロープロファイル系のコンパクト設計でありながら、各部に頑強なスペックを豊富に搭載。

いったいどんな仕上がりを見せているのか、実際に使ってみたインプレを絡めながらご紹介しましょう。

リール自体は、2018年の秋に発売されたもので、すでに多くのアングラーがさまざまなフィールドで活用していますよ。

ビッグシューターコンパクトとは

ビッグシューターコンパクトとは、アブガルシアブランドのレボシリーズに含まれるベイトリールのことです。

設定機種は4種類で、ギア比7.3対1と8.0対1に、それぞれ左右巻きハンドル仕様がラインナップされています。

実際に手にしてみると、とてもコンパクトなフォルムで、手のひらにすっぽり包み込めてしまうほどのサイズ。

これならしっかりとパーミングして支えられますから、不意のバイトを感じても俊敏にフッキング動作に移れますよね。

7.3対1のタイプで、ハンドル1回転につき76センチのラインを回収することができます。

8.0対1のタイプなら、ハンドル1巻きで83センチを引き寄せられますよ。

ラインキャパは、モノフィラメントラインの20ポンドで100メートルも巻くことができます。

ビッグベイトをキャストしたり、ヘビーウエイトのジグヘッドリグやテキサスリグ・フリーリグなどを活用するのに向いているでしょう。

それでは、ビッグシューターコンパクトの各スペックについて見ていきましょう。

まず注目したいのは、ボディフレーム。

デュラメタルフレームと命名されていて、アルミニウム製のフレームになっています。

強度と軽量化を兼ね備えたもので、バス釣りにおけるビッグベイトゲームやソルトでのタフユースに耐えられますよ。

アルミフレームに関しては、他メーカーでも人気を博していて、しっかりと実釣で使い込みたいアングラーからの支持が大きいですよね。

大きな負荷が掛かっても歪みにくいことで、ギアを支えるシャフト軸がズレずに安定しますから、巻き心地も滑らかなままに。

こういう部分でストレスを感じないリールこそ、長い時間集中力を維持するために必要なのです。

ビッグシューターコンパクトには大口径のブラス製ギアを搭載!

このベイトリールには、大口径のブラス製ギアが搭載されています。

強靭なことでもよく知られているブラス製なので、耐久性も高くなっていますよ。

ビッグフィッシュの引きは、ハンパなく強いものですから、それに負けずにグリグリ巻き取れるギアは不可欠。

歯飛びを気にせずに、積極的にゴリゴリ巻けるギアがあるからこそ、成り立つアプローチスタイルも生まれてくるのです。

実際に使ってみると、しっかりと噛み合わせできている感触でハンドルを回し続けることができますね。

95ミリサイズのアルミ製クランクハンドルを標準装備!

ビッグシューターコンパクトには、95ミリの長さを持つアルミ製のクランクハンドルが標準で装備されています。

ハンドルの厚みは、4ミリもありますよ。

しかも軽量なEVAミドルラウンドノブが付いているので、とても握りやすくてリトリーブが安定します。

ビッグベイトをキャストする際は、意外と早巻きになる展開が多く、力を込めて握りやすいラウンドノブならとても重宝するでしょう。

実際に握ってみると、滑りにくくて安定感バツグン。

これなら大きな負荷が掛かっても、しっかりラインを巻き取れるでしょう。

ビッグシューターコンパクトとマッチするおすすめタックルをピックアップ!

ビッグシューターコンパクトを装着して使いたいおすすめロッドや、キャストしたくなるルアーを取り上げてみましょう。

ロングキャストを想定するなら、ある程度の長さと張りを持ったベイトロッドがいいですよね。

あとは扱いやすいスイムベイトがあれば、フィッシュイーターを惹き付けることが可能になります。

アブガルシア(Abu Garcia) フレッシュ&ソルトウォーターロッド ベイト ロッド クロスフィールド(XROSSFIELD) XRFC-732H 釣り竿

アブガルシア(Abu Garcia) フレッシュ&ソルトウォーターロッド ベイト ロッド クロスフィールド(XROSSFIELD) XRFC-732H 釣り竿

最安値価格
¥10,021(amazon)

Amazonへ ¥10,021

楽天市場へ ¥10,200

Yahoo!へ ¥10,199

アブガルシアブランドから発売されている、マルチパーパスなベイトロッドです。

バス釣りはもちろん、ソルトウォーターゲームにまで幅広く用いることができますよ。

全長は2.21メートルで2ピース仕様、仕舞寸法は113.5センチに収まるように作られています。

自重は265グラムと重め、先径/元径が2.4ミリ/15.7ミリと太目に設定。

適合するルアーウエイトは、10グラムから60グラムですから、ジグヘッドリグ・テキサスリグからビッグベイトまで幅広くカバーできるでしょう。

PEラインは10号まで使えますし、ブランクスのカーボン含有率は75パーセントになっています。

実際に手にしてみると、ズッシリとした持ち重り感はありますが、張りのあるブランクスはキャストフィールが良好で、フッキングパワーも申し分なし。

カバーやストラクチャー周りにルアーを投入する際にも、コントロールをつけやすく、グリップも握るのがとても楽ですね。

バットパワーを感じるのは、X状にカーボンテープでラッピング補強されているからでしょうか。

実売価格は1万円と、破格の安さを実現していますよ。

これなら購入を決めやすいですし、さまざまなロケーションへ持ち込みやすいでしょう。

汎用性の高いベイトロッドを持つことで、ビッグシューターコンパクトが活きてくるのは間違いありません。

FLASH UNION(フラッシュユニオン) チャターベイト フラッシュジャンパー 1/2oz ベビーギル #008 ルアー

FLASH UNION(フラッシュユニオン) チャターベイト フラッシュジャンパー 1/2oz ベビーギル #008 ルアー

最安値価格
¥1,485(amazon)

Amazonへ ¥1,485

楽天市場へ ¥1,485

Yahoo!へ ¥1,485

フラッシュユニオンからリリースされている、バス釣り用のチャターベイトです。

こちらはウエイトが1/2オンスもあるので、キャスタビリティはバツグン。

ワームをトレーラーに装着して、フィールドでフルキャストしてみましょう。

ボトムまで落とし込んでから、ロッドティップを持ち上げてリトリーブを開始すると、すぐに強い振動を手元で感じ取ることができますよ。

これは搭載されているブレードが極端に薄く、振幅運動の立ち上がりが素早いことに起因しています。

かなりのハイピッチで左右にアクションしますから、フラッシング効果はもちろん、ボディの微細な揺れも引き起こしてくれるでしょう。

バス釣りで使うように設計されていますが、海のロックフィッシュゲームで使ってもよく釣れます。

着水した瞬間からブレードアクションがスタートするので、スローフォール中のバイトもひんぱんに取ることが可能ですよ。

実売価格は千円台と、とてもリーズナブルな価格に設定されています。

ヘッド部分の下側には、オプションのアイが取り付けられていますから、そこにダウンショットシンカーをぶら下げると、ボトムを感知しながらのトレースもすることができます。

トレーラーに用いるワームは3インチ前後のものがマッチしやすく、シャッドテール系やピンテール系のデザインのものを試してみてください。

ガンクラフト(Gan Craft) ジョインテッドクロー F #AS-14 クリアーコノシロ 128mm

ガンクラフト(Gan Craft) ジョインテッドクロー F #AS-14 クリアーコノシロ 128mm

最安値価格
¥3,455(amazon)

Amazonへ ¥3,455

楽天市場へ ¥3,658

Yahoo!へ ¥3,465

ガンクラフトのビッグベイト・ジョインテッドクローです。

流行りのコノシロカラーを纏っているので、秋以降のシーバスゲームに活用できるようになっていますよ。

フローティング仕様ですから、泳がせてキルを入れると、水面までゆったりと浮上してくれます。

リトリーブスピードは任意に決めていいですが、S字の弧を大きく描きたいときは、やや早めに巻いてから制動をかけてください。

そうすれば幅のある泳ぎに、自動的に切り替わるでしょう。

極めて生命感に富んでいて、追従してくるフィッシュイーターたちを翻弄できる仕組みに作られているのが強みですね。

実際にベイトタックルでキャストしてみると、飛距離はしっかりと伸びて失速することなくポイントをとらえられます。

耐久性もじゅうぶんありますから、カバーやストラクチャーをタイトに攻めてみましょう。

実売価格は3千円台と、スペックを考えれば納得の価格帯に収まっています。

さまざまなカラーバリエーションが用意されているので、自分がよく通う釣り場に合わせて選ぶようにしたいですね。

ビッグシューターコンパクトを駆使してビッグフィッシュを釣り上げよう!

ビッグシューターコンパクトの特徴や各種スペック、マッチングのいいおすすめタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

これまで釣り上げたことのないビッグフィッシュを狙って、このベイトリールをフィールドに持ち込んでくださいね。

リールの関連記事はこちら

アブガルシア」カテゴリの人気記事

DAILYランキング