リールのアップ写真

21カルカッタコンクエストはどこが変わったの?2021年リリースの超人気丸型ベイトリール

FISHING JAPAN 編集部

シマノのカルカッタコンクエストが、2021年フルモデルチェンジを果たしました。

いったいどこが変わったのか、多くのアングラーが注目するポイントですよね。

滑らかで精緻な巻き心地を提供し続けてきた名機ですから、より一層の質感向上が図られたのは間違いないところでしょう。

ここでは、21カルカッタコンクエストの全貌について、詳しくご紹介します。

「金色で丸型だから、ひと目見た感じでは分かりづらいよね!」

中身が、既存モデルとはガラリと改良・進化していますよ。

21カルカッタコンクエストとは

21カルカッタコンクエストとは、2021年シマノからリリースされる丸型ベイトリールのことです。

機種設定は2つ用意されていて、100番モデルと200番モデル。

それぞれに左・右巻きハンドル仕様がラインナップされていますよ。

このモデルから変わった新しいスペックについて、早速見ていくことにしましょう。

まずは、ギア周り。

バス釣り用ベイトリールとしては初めて、インフィニティドライブが搭載されています。

インフィニティドライブとは、ピニオンギアを支えるベアリングのうち、回転抵抗の大きいスプール側のベアリングでの支持をしない構造のこと。

具体的には、ピニオンギアの内側からスプールの軸よって支持する構造に切り替わっています。

これにより回転による抵抗を最大約60パーセントまで排除することに成功し、さらにギアの支持距離や肉厚などを改善。

ギアの強度を落とすことなく、ギアの回転抵抗を大幅に低減しています。

より力強く巻くことが可能ですし、それを軽やかに滑らかにおこなえるのが、大きなメリットなのです。

丸型ベイトリールにこだわりを持つアングラーの要望が、ワンランク高い質感を伴なって達成されるでしょう。

定評あるマイクロモジュールギアと相まって、より理想に近づいたといえそうですね。

更なるロープロファイル化を実現した21カルカッタコンクエスト

このベイトリールの姿勢に注目してください。

リールフットの底辺からクラッチレバーの指接触面までの長さが、確実に縮まっています。

いわゆる、ボディのロープロファイル化が実現しているのです。

スプールの位置も低くなっていますから、手首にムリのない自然なフォームでパーミングできますよ。

これにより手首の自由度がアップして、より柔軟性の高いキャストを繰り出せるでしょう。

当然アキュラシー精度も上がるので、ピンポイントを撃ち抜く機会が増え、釣れるバスの数も上がるはずです。

MGL=マグナムライトスプールⅢとSVSインフィニティを搭載!

21カルカッタコンクエストには、MGL=マグナムライトスプールⅢが搭載されています。

100番モデルには、幅19ミリ・直径33ミリのタイプ。

200番モデルには、幅21ミリ・直径38ミリのタイプが用意されていますよ。

薄肉で耐久性に富み、既存スプールを上回る低慣性化を実現。

軽やかな回転の立ち上がりと、後半の伸びる爽快なキャストフィールが、ロングキャストとアキュラシーキャストの両立を成し遂げてくれるでしょう。

その側面には、SVSインフィニティのブレーキユニットを装着。

外部のブレーキダイヤルから、設定の微調整をおこなえますよ。

21カルカッタコンクエストのデモンストレーション動画はこちら

21カルカッタコンクエストのスペック表はこちら

21カルカッタコンクエストにマッチングのいいおすすめロッドをピックアップ!

21カルカッタコンクエストをセットして使ってみたくなる、おすすめのベイトロッドを取り上げてみましょう。

巻き物系ルアーをキャストしやすいものが、イメージできますよね。

アキュラシー精度を上げるのであれば、あまりロングレングスなロッドにしないほうがいいかもしれません。

シマノ(SHIMANO) バスロッド バンタム ファストムービング&ビッグベイト 1ピース 168ML-G グラスコンポジットロッド ハードベイト

シマノ(SHIMANO) バスロッド バンタム ファストムービング&ビッグベイト 1ピース 168ML-G グラスコンポジットロッド ハードベイト

最安値価格
¥33,880(楽天市場)

Amazonへ ¥36,780

楽天市場へ ¥33,880

Yahoo!へ ¥37,450

シマノから発売中のグラスコンポジットのブランクスを用いたベイトロッドです。

全長は2.03メートルで1ピース仕様、自重は132グラムとなっています。

適合ルアーウエイトは、5グラムから21グラムまでですから、小型のシャッドやクランクベイト・スピナーベイト・チャターベイト・バイブレーションプラグ・スイムベイト・ミノー・ジャークベイトなどを、ラインに結んでアプローチしやすいでしょう。

カーボン含有率は64.1パーセントなので、グラス素材の特性がハッキリと出るブランクスに仕上がっています。

実際に手にしてみると、やや重めに感じるところはありました。

曲がり込みは素直で、復元は緩やかに戻ってくるイメージ。

これならファーストムービングルアーにバスがアタックしてきても、カンタンに弾いてしまうトラブルは抑えられるでしょう。

実売価格は3万円台と、やや高めな価格に設定されています。

さまざまなルアーの振動をキッチリととらえ、手元に伝えてくれますから、変化が表れた瞬間がバイトだと判断しやすいですよ。

ガイドバランスは姿勢低く、曲がりに合わせて並べられているので、ラインが絡み付くトラブルは抑えられている印象です。

手返しよく連続キャストを繰り出したいアングラーなら、試してみる価値のある1本です。

21カルカッタコンクエストの気になる発売日はいつ?

21カルカッタコンクエストの気になる発売日は、100/100HGは2021年の3月、200/200HGは4月、101/101HGは5月、201/201HGは6月の発売を予定しています。

メーカー希望販売価格は、54,600円から56,700円です。

巻きのテイストにこだわりを持ってバス釣りを実践するのに、最適なベイトリールの登場ですね。

2021年ニューモデルの関連記事はこちら

シマノ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング