リールのアップ写真

SLX BFSは2021年シマノから新発売のベイトフィネス専用リール!コスパ優秀

FISHING JAPAN 編集部

基本性能が充実していることで人気のシマノSLXシリーズに、2021年ベイトフィネス専用リールが追加ラインナップされます。

その名は、SLX BFS。

FTB=フィネスチューンブレーキシステムを搭載し、スプールからブレーキユニットを無くすことで軽量化や回転のスムーズさ、軽量ルアーでも飛距離を伸ばせるように仕上げています。

ここでは、SLX BFSの特徴について詳しくご紹介しましょう。

SLX BFSとは

SLX BFSとは、2021年にシマノからリリースされるベイトフィネス専用リールのことです。

設定機種は4種類、ノーマルギアモデルとエクストラハイギアモデルに、それぞれ左右巻きハンドルが用意されていますよ。

自重は、170グラムとかなり軽めの設定で、マグネシウム素材で出来ている20メタニウムよりも、5グラムも軽量化されているのは驚きですね。

いかにブレーキユニットを取り払っていることが、軽量化につながるかを如実に物語っています。

その代わりに取り付けられているのが、既存のベイトフィネスモデルにも採用されている、FTB=フィネスチューンブレーキシステムです。

これをシマノ独自のHAGANEボディでガッチリ支えていて、X-SHIPを構築しているのです。

X-SHIPとは、ドライブギアの大径化をおこない、ピニオンギアとドライブギアを最適配置したもの。

ピニオンギアは、ベアリングによる2点支持を実現しているので、頑強なギアの噛み合わせが成立しています・

負荷に強い上に、軽快な巻き心地にリトリーブフィーリングを生み出してくれますよ。

SLX MGLやSLX DCも使ってみましたが、とても安定した巻き心地に感動を覚えます。

ロープロファイルデザインですからパーミングもやりやすく、手首の稼働範囲も柔軟に広がるのが嬉しいですね。

SLX BFSにはFTB=フィネスチューンブレーキシステムを搭載!

このベイトフィネス専用リールに搭載されているブレーキについて、詳しく掘り下げてみましょう。

FTB=フィネスチューンブレーキシステムと命名されている、マグネット式のブレーキであることが特徴です。

シマノといえば、SVSインフィニティに代表される、遠心ブレーキのイメージが強いのですが、敢えてそれを用いずに、潔くバッサリ切り捨てたのが、FTBといえるでしょう。

しかもこのブレーキシステムは、かなりシンプルな構造になっています。

マグネットが側面からスプールの内側へ伸びて、その磁力でスプールそのものを引き留める仕組みなのです。

これならブレーキユニットを付ける必要が無くなりますから、スプール周りの軽量化を図れますよね。

軽いスプールなら、軽いルアーをキャストするのにレスポンスよく回ろうとしますし、制動もかけやすくなります。

ダイワが開発したマグフォースやSVユニットとは、全く別のマグネットブレーキシステムといえるでしょう。

魚とのやり取りを楽しめるエキサイティングドラグサウンド!

SLX BFSのドラグには、エキサイティングドラグサウンドが採用されています。

これは、ラインが魚に引っ張られて引き出されたときに、ドラグ音が鳴る仕組みのこと。

音によって引き出されているかどうかの判断ができますから、大型魚とのファイトにより集中できるでしょう。

最大ドラグ力は、3.5キロに設定されています。

ライキャパは、8ポンドのフロロカーボンラインで45メートル巻くことができますよ。

12ポンドくらいまでなら、実釣をスムーズにおこなえますが、ロングキャストは控えなければなりません。

SLX BFSのスペック表はこちら

SLX BFSを装着して使いたいおすすめのロッドを選んでみた!

SLX BFSを取り付けて使ってみたい、おすすめのベイトロッドをご紹介しましょう。

いわゆる、ベイトフィネスロッドになります。

最近では、海のロックフィッシュゲームでもひんぱんに用いられるようになりましたから、バス釣り専用とせずに転用してみることを試してください。

微細なアタリも逃さずに、フッキングに持ち込めるようになるでしょう。

シマノ(SHIMANO) バスロッド 20 ゾディアス ベイトフィネス グリップジョイント 164L-BFS ライトルアー 操作性重視

シマノ(SHIMANO) バスロッド 20 ゾディアス ベイトフィネス グリップジョイント 164L-BFS ライトルアー 操作性重視

最安値価格
¥14,003(Yahoo!)

Amazonへ ¥14,630

楽天市場へ ¥14,630

Yahoo!へ ¥14,003

シマノから発売されているバス釣り用のベイトフィネスロッドです。

長さは1.93メートルと、やや短めなので取り回ししやすく、グリップジョイントの2ピース仕様です。

仕舞寸法が166.7センチと長めなのは、センターカットタイプではないからですね。

グリップ長は209ミリしかありませんから、ゲームベストなどに接触しない状態でさまざまキャストを繰り出せるでしょう。

自重は92グラムと、かなり軽め。

適合ルアーウェイトは、4グラムから12グラムになっています。

実際に手にしてみると、軽くて手首やヒジなどにあまり負担は感じませんでした。

やや張りが強めなので、軽量ルアーをキャストするときにはバックスイングを意識して、垂らしもやや多めにしておくと、狙ったポイントへ撃ち込みやすくなるでしょう。

実売価格は1万円台と、とても安い価格帯に収まっています。

ベイトフィネスのアプローチを始めてみたいアングラーに、おすすめの1本ですよ。

SLX BFSの気になる発売日はいつ?

SLX BFSの気になる発売日は、LEFT=左ハンドルが2021年の4月、RIGHT=右ハンドルが6月に予定しています。

メーカー希望販売価格は、24,000円です。

よく使うルアーや釣り場の状況に合わせて、ギア比や左右ハンドルを選ぶようにしましょう。

2021年ニューモデルの関連記事はこちら

シマノ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング