リールのアップ写真

アブガルシアのベイトリールをさまざまな釣りで使いこなしたい!

FISHING JAPAN 編集部

アブガルシアは、老舗ブランドとして知られ、丸型のリール・アンバサダーシリーズを製造しており、長年にわたり世界中の釣り愛好家から厚い支持を受けてきました。

多種多様なアイテムが現在もリリースされていて、淡水釣りだけでなくソルトゲームにも多くの人々が利用しているでしょう。

今回は、そうしたアブガルシアのベイトリールについて、その特徴と使い方について解説します。

アブガルシアのベイトリールとは

アブガルシアのベイトリールとは、丸型タイプのアンバサダーシリーズや、ロープロファイルタイプのレボシリーズなど、さまざまなデザイン・機能を持ったリールのことです。

1960年代から80年代にかけて、丸型タイプのアンバサダーシリーズが人気となりました。

質実剛健なイメージを持っていて、大型魚をターゲットにするときの必須アイテムになっていたように記憶しています。

10000番モデルは、磯場でイシダイ・イシガキダイを狙うのに、ペンリールと同じくらい使われたものです。

赤いボディの5000番モデルは、3号程度のモノフィラメントラインを目一杯巻いて、磯上物の完全フカセ釣りで活躍しました。

引き潮にエサを付けたハリのみを乗せて、沖合いのシモリや潮目目指してドリフトさせていくと、尾長グレのグッドサイズがよく食い付いてきたのです。

エサ釣りファンを満足させたアブガルシアのベイトリールは、当然ルアーのキャスティングゲームにも活用されるようになりました。

2500番や4500番・5000番モデルは、10g以上のルアーをキャストするのに向いていますから、バス釣りのメイン機種に。

中でもトップウォータープラグやクランクベイトとの相性がバツグンで、アブガルシアのベイトリールの人気を不動のものにしていったのです。

バス釣りにトーナメント志向が加味されてからは、ロープロファイルデザインのベイトリールもラインナップされます。

特にアブガルシアのレボシリーズは、バス釣りで用いるほとんどのルアーをカバーすることが可能で、ロングキャストをこなしつつ、バックラッシュトラブルをしっかり防いでくれます。

レボシリーズの機種は多岐に渡っていて、ベイトフィネス用のものやビッグベイト用のものなど、アングラーの好みで選べるようになっています。

どれもウエイトが軽めに作られていて、長い時間の釣行にも疲れを感じずにいられるのが、大きなメリットといえるでしょう。

最近では、シーバスゲームやチニングゲーム・ロックフィッシュゲームなどにも、アブガルシアのベイトリールが使われています。

サビに強い樹脂素材のボディは、釣行後の洗浄メンテナンスを欠かさなければ、長く使い続けられるベースを構築しています。

アブガルシアのベイトリールでシーバスを狙ってみた!

アブガルシアのベイトリールを実際にシーバスゲームで使ってみました。

現行レボシリーズの中から、レボビースト・ロケットを選択。

なんとギア比が9.2対1になっているので、ハンドル1巻きにつき108cmものラインを巻き取ることができるようになっています。

最大ドラグ力は、余裕の11kgもあるので、ランカーシーバスが掛かっても柔軟に対処できるでしょう。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら20lbを150m巻けます。

実際にラインに結んだのは、170mmのビッグベイト。

これをフルキャストして、河川の堰の下側に着水。

流れに乗せつつ、時折メリハリのあるロッドワークを加えると、ダイブしては水面に浮上を繰り返します。

その都度発生する波は、生命感溢れるもので、堰周辺に潜んでいるシーバスを効率よく呼び込めるでしょう。

2023年には4600CAが復活するアブガルシアのベイトリール!

アブガルシアのベイトリールをバス釣りにも使ってみました。

丸型のアンバサダーシリーズなら、ペンシルベイトやポッパー・ダーターなどをキャストするのに向いています。

2023年には、懐かしいCAステッカーが貼られた4600番モデルが、チューンドリールとして登場。

クラッチ周りやブレーキパーツなどが切り換わっているものの、往年の姿が復刻されたような雰囲気を味わえます。

オールドタックルファンの琴線にも、ビビッと触れるアイテムになるかもしれません。

アブガルシアの現行ベイトリールからおすすめの機種を選んでみた!

アブガルシアの現行ベイトリールの中から、おすすめの機種を2台ご紹介しましょう。

まず最初に挙げるのは、ロープロファイルデザインのレボシリーズ。

低くてパーミングしやすいので、さまざまなシチュエーションに持ち出してみたくなるはずです。

アブガルシア(Abu Garcia) ベイトリール レボ ビースト エックス (Revo BEAST X) 40X 右巻き

アブガルシア(Abu Garcia) ベイトリール レボ ビースト エックス (Revo BEAST X) 40X 右巻き

最安値価格
¥15,015(Yahoo!)

Amazonへ ¥37,164

Yahoo!へ ¥15,015

アブガルシアブランドからリリースされている、レボビーストXです。

ウエイトは265gで、ギア比は6.4対1に設定されています。

ハンドル1回転につき、75cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

最大ドラグ力は11kgで、ラインキャパはモノフィラメントラインなら、25lbを115m巻けます。

太いラインを大量に巻けるので、ビッグベイトやビッグペンシルをロングキャストして、シーバスを誘うのに向いているでしょう。

ボールベアリングは、7個搭載しています。

実際に手に取ってみると、とても低い姿勢にデザインされていて、ロッドグリップに装着した状態でパーミングしやすいです。

ハンドル回転は滑らかで、ノブもつまみやすくなっています。

実売価格は2万円台と、購入しやすい価格帯に収まっているのが特徴です。

シーバスゲームはもちろん、バス釣りのビッグベイトゲームにも活用しやすいですから、これからビッグベイトを使いたいと考えている人に、ベストマッチなベイトリールでしょう。

AbuGarcia (アブガルシア) アンバサダー (Ambassadeur) 6500CS ロケット ブルーグレー 右巻き ダブルハンドル バス ライギョ ナマズ トップウォーター丸形リール

AbuGarcia (アブガルシア) アンバサダー (Ambassadeur) 6500CS ロケット ブルーグレー 右巻き ダブルハンドル バス ライギョ ナマズ トップウォーター丸形リール

最安値価格
¥32,175(楽天市場)

Amazonへ ¥33,485

楽天市場へ ¥32,175

Yahoo!へ ¥32,386

アブガルシアブランドから発売中のアンバサダーシリーズの中から、6500番モデルを選んでみました。

5000番サイズで、幅広ボティになっていると考えてください。

ベークライト製の2点式遠心ブレーキが、スプール側面に設置されています。

カーボンマトリックスドラグや、インスタントアンチリバースを装備しています。

ギア比は5.3対1なので、ハンドル1回転につき65cmのラインを回収できるようになっています。

ウエイトは395gと重めで、最大ドラグ力は7kgです。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら6号を200m巻けます。

ボールベアリングは、2個搭載しています。

実際に手にしてみると、頑丈で剛性・耐久性の高さを感じる仕様になっています。

ライギョなどの大型フィッシュイーターをターゲットにするときに、とても重宝するでしょう。

最近霞ヶ浦なとでよく釣れるようになった、アメリカンキャットフィッシュも大型化するので、このアンバサダーリールで対応するといいかもしれません。

実売価格は3万円台と、ハイスペックならではの価格帯に設定されています。

PEラインなら、6号クラスをメインに巻いて、先端にショックリーダーラインを結んで使ってみてください。

アブガルシアのベイトリールを駆使して釣りを楽しもう!

アブガルシアのベイトリールの特徴やラインナップ、おすすめの機種をご紹介しましたが、いかがでしたか?

扱いやすいロープロファイルデザインのレボシリーズを手にすれば、振り幅の広い使い方をさまざまな釣りでおこなえるでしょう。

アンバサダーシリーズなら、巨大魚狙いのときに使ってみたくなります。

キャストする際には、自分の背後や周辺をよく見て、安全を確認してからスイングに入りたいものです。

ベイトリールの関連記事はこちら

ベイトリール」カテゴリの人気記事

アブガルシア」カテゴリの人気記事

DAILYランキング