魚 写真

ゴンズイは海に棲む危険生物!釣れたゴンズイを毒トゲに刺されないように扱うにはどうすればいいの?

FISHING JAPAN 編集部

6月から11月ぐらいにかけて、海で釣りをしていると黄色い縞模様の入った魚が釣れることがあります。

「ナニこれ?ナマズじゃないの?」

いいえ違います、ナマズにそっくりのゴンズイという魚です。

背びれと胸びれに毒のトゲを持っていて、たいへん危険ですよ。

ゴンズイとは

ゴンズイは、海の防波堤周りや岩礁帯エリアなどに、群れで漂っていることが多い魚です。

体長は20センチ前後ですから、さほど大きい魚ではないのですが、群れていますからひんぱん釣れてしまうことが。

「ああ、面倒だな、またゴンズイが釣れちゃったよぉ~、、、」

だからといって、素手でつかんではいけません。

毒のトゲで刺されてしまうからです。

ゴンズイを食べる人も

ゴンズイはヌメヌメしていて、つかみにくい特徴を持っています。

それを調理して食べている動画がアップされていますが、じゅうぶん注意して処理しなければなりません。

毒自体はタンパク質で出来ていますので、もし刺されたら患部をお湯などで温めると鎮痛効果があります。

ここでは、ゴンズイが釣れてしまった場合に便利なアイテムをご紹介しましょう。

ゴンズイが釣れてしまったときにおすすめの便利アイテム①魚バサミ

ゴンズイが釣れてしまったら、魚バサミを用意しておいて、確実に挟んで動けないようにしましょう。

ワニの口のようにギザギザの歯が付いたものなら、滑りを抑えられるのでおすすめです。

タチウオ釣りに使うものも転用できますので、必ず釣り場に持参するようにしましょう。

ゴンズイが釣れてしまったときにおすすめの便利アイテム②釣り専用グローブ

釣り専用のグローブを用意しておくと、ゴンズイが釣れてしまったときに対処しやすいですよ。

グローブを装着した手で、直接ゴンズイを握ってはいけません。

毒トゲが貫通して刺さるかもしれないからです。

あくまでも手の保護を目的として装着するようにしてください。

ゴンズイが釣れてしまったときにおすすめの便利アイテム③プライヤー

プライヤーがあれば、ゴンズイからフックを外すことができます。

魚バサミでゴンズイを固定して、安定していることを確かめてから、プライヤーを握ってください。

口の中にあるフックをしっかりつかんでから、素早く取り外すようにしましょう。

ゴンズイが暴れて固定から放れるようなら、再度魚バサミで挟むところからやり直してください。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング