クエ 板前 捌く 写真

アラってクエのこと?2種類の違う魚なのに呼び名がまぎらわしい!?そんな魚をご紹介します!

FISHING JAPAN 編集部

日本海側や太平洋岸の深海と呼ばれる海域、水深200~300mにアラという魚がすんでいます。

この魚はもともとスズキ科に分類されていたのですが、その後に研究が進んでスズキ科からハタ科に変更されたようです。

ハタ科といっても体型や顔つきはスズキによく似ています。

小型をコアラなんてしゃれて呼んだりしますが、三重県ではアラマス、石川県の金沢ではホタと呼ばれています。

成魚は体長1m近くになる大型魚で、大型ほど値が高くなる高級魚です。

そんなアラですが、違う魚をアラと呼ぶ地域もあるようですよ!

どういうことなのでしょうか?

アラが当たり前に食べられている!?

アラという魚は、もともとは大相撲の力士が好んで食べた食材の1つといわれています。

ちゃんこ鍋の高級素材として知られていましたが、成長が遅く数が少ない魚なので、今では大型魚はめったに口にできない魚のひとつになってしまいました。

ところが、九州まで出かけると「アラ鍋」が、ごく当たり前に食べられている噂が。

しかし、これは同じアラでも「アラ」違いなのです。

九州ではクエ=アラ

九州では、昔からハタ科の魚のクエをアラと呼んでいます。

そして、そのアラと呼ぶクエを魚ちり風の鍋にしたものがアラ鍋だったのです。

どちらも高級魚ですから味はどちらもおいしいです。

旬は秋から冬にかけて。

アラ鍋の他に刺身や塩焼きなども美味しいです。

クエ祭りでもクエ不足?

最近は、関西でもアラ鍋ではなくクエ鍋がブームですね。

この魚の本場で奇祭といわれる「クエ祭り」で知られる和歌山県日高町でも、地元で取れるクエだけではまかなえず、九州や四国まで買い付けに行く業者が増えているという話もあります。

そのため、クエもアラ並に1kgで1万円ほどもする高級魚になってしまったようです。

どちらもこの冬、食べてみたい魚であることには間違いないですね!

機会があればぜひ食べてみて下さい。

関連記事

鍋の席での話のネタに!てっちりの語源

アラを狙える釣り船

【千葉県】

三次郎丸(旭・飯岡港)

三次郎丸の公式釣り船予約「24時間受付・特別割引・ポイント還元」by釣割

三次郎丸をネット予約すると、特別割引やポイント還元など、超お得!今なら、「◇午前◇エサ氷こみこみ☆クーラーボックスたっぷりコマセ五目釣りプラン」がWEB予約特価10000円/人に加え、1500ポイントをプレゼント!!by釣割

海釣り・釣り船予約サイト「釣割」
三次郎丸の公式釣り船予約「24時間受付・特別割引・ポイント還元」by釣割

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテランや釣り雑誌元編集長、人気インストラクターなど、バラエティに富んだ総勢15名が在籍し、幅広い記事を毎日配信しております。

上級者から釣りを全く知らない方にも、魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるように今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

DAILYランキング