魚とハサミのアップ写真

毒針を持つゴンズイを美味しく食べたい!釣り方&おすすめ料理

FISHING JAPAN 編集部

ナマズにルックスが似ているゴンズイは、群れで泳いでいるのを夜釣りの最中によく見かけます。

穴釣りをしていると掛かることがあるのですが、そのまま手で持つのは超危険!

なんと毒針を3ヵ所に持っていて、刺さったら激痛が走ります。

今回は、そんなゴンズイを釣り上げて食べる方法について、詳しくご紹介しましょう。

ゴンズイとは

ゴンズイとは、ナマズ目ゴンズイ科の海水魚のことです。

日本海側ではあまり姿が確認されておらず、主に太平洋側に接岸してきます。

砂底や泥底を好んで生息していて、群れで移動していることが多いです。

夜行性ですが、昼間の投げ釣りの外道として釣れることもあり、基本的にどこにでもいるようなイメージを持ってしまいます。

ゴンズイがアングラーに好かれていないのは、やはり毒針が生えているからでしょう。

毒針は、背ビレと胸ビレから突き出していて、合計で3本備わっています。

これに刺されてしまうと、強烈な激痛に襲われます。

腫れも相当なものになり、人によっては体調を崩してしまうかもしれません。

病院で治療をしてもらうのがベストですが、実はこの毒、タンパク質で出来ています。

タンパク質は、加熱すると無害になるので、刺さった箇所をすぐに温めると痛みは和らぐでしょう。

でも応急処置に過ぎないですから、そのまま放置せずに病院を頼ることをおすすめします。

釣れたゴンズイを持ち帰って食べるつもりなら、釣り場ですぐに活け締めにして、この毒針3本を切断してしまいましょう。

毒針の切断方法は、ハサミを用意して、まずは背ビレから刃先で探ります。

尾から頭へ向けて刃先でなぞると、白くて太い毒針が立ち上がってきます。

その根元部分に刃を当てて、一気に断ち切ってください。

切れた毒針に刺さっても腫れますから、取り扱いには注意して、すぐに破棄しましょう。

同じように左右の胸ビレを探ると、白い毒針が現れるので、しっかりカット。

ここまで処理ができれば、クーラーボックスに入れて自宅まで持ち帰ることが可能です。

ゴンズイの釣り方!

ゴンズイを食べるには、釣り上げることから始めなければなりません。

砂底や泥底に投げ釣り用仕掛けを投入しておくと、連発で掛かることがあります。

エサは、ゴカイや青イソメでバッチリ。

昼間よりも、活発に動き回る夜間のほうが、釣れる確率は上がるでしょう。

アタリは独特で、ググッと引っ張るような感触が伝わってきます。

何か大物が掛かったかのような期待感が膨らみますが、あがってくるのはゴンズイです。

ランディングはネットを使うようにして、ゴンズイが暴れても毒針が刺さらないように対処しましょう。

よく足で踏んでゴンズイを取り押さえたり、口に掛かったフックを外そうとしている人がいます。

これもとても危険で、薄いソールなら足裏まで毒針が貫通する危険性があります。

無理にフックを外そうとせず、ハリスをカットして活け締めしてから外すようにしてください。

ゴンズイの調理方法やおすすめ料理をチェック!

ゴンズイは、ナマズと同じで体表のヌメリがかなり強めです。

そのままでは調理できないので、塩をまぶしてヌメリを取り除きます。

しっかり揉み込んでから、しごくようにして水洗いを施してください。

この作業が完了したら、身を開いて中骨を取ります。

頭を落として身だけの状態にして、蒲焼き・フライ・唐揚げ・味噌汁などに調理すると、美味しく食べることができます。

特にゴンズイの蒲焼きは絶品で、身を串に刺して蒸してから蒲焼きにすると、うなぎに匹敵する美味しい料理に仕上がります。

ゴンズイの毒針を切断して美味しい蒲焼きを作っている動画はこちら

ゴンズイを釣るのに使ってみたいおすすめのタックルを選んでみた!

それではゴンズイを釣るのに使ってみたくなる、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

投げ釣りができればOKですが、さほど遠投する必要はないので、ちょい投げ釣り用のスピニングロッドを選んでください。

振出式のものでもかまいませんが、アタリを明確にとらえたいなら、感度の高いエギングゲーム用のものがマッチします。

リールは、3000番前後のサイズがあれば、大量のラインをストックできるでしょう。

シマノ(SHIMANO) 22 セフィアBB S83M

シマノ(SHIMANO) 22 セフィアBB S83M

最安値価格
¥9,306(Yahoo!)

Amazonへ ¥13,784

楽天市場へ ¥11,810

Yahoo!へ ¥9,306

シマノから2022年に新しくリリースされた、セフィアBBシリーズです。

ちょい投げ釣り用なら、Mパワーブランクス程度の張りがあるほうが、ゴンズイのアタリを明確にとらえやすいでしょう。

全長は2.51mもあるので、軽く振り抜くだけで飛距離を伸ばすことができるはずです。

継数は2本で、仕舞寸法は129cmにまで縮まりますから、防波堤などのさまざまなシチュエーションに持ち込みやすいです。

ウエイトは105gと軽めで、先径は1.8mmに設計されています。

適合するエギサイズが最大4号までなので、10号程度の錘負荷でしょうか。

それに合わせて。天秤などの重さを確定させましょう。

適合するPEラインは、0.5号から1号までです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、95.1%になっています。

実際に継いで振ってみると、とてもシャープで張りのあるブランクスに仕上がっています。

ガイドはラインが絡まりにくい並びになっていて、グリップは細身で握りやすい印象です。

シマノ独自のハイパワーXが採用されていますから、ネジレに対しての復元が素早く、魚に主導権を渡さない釣りを展開できるでしょう。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

エギングゲーム用ロッドに作られていますが、他の釣り方に転用してはいけないルールはありません。

柔軟な思考で釣りと向き合うと、より一層楽しみ方が膨らむでしょう。

ちなみに、シロギス釣りにもエギングゲーム用ロッドの感度は、大活躍してくれます。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 19 ストラディック C3000HG バーサタイル

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 19 ストラディック C3000HG バーサタイル

最安値価格
¥18,764(amazon)

Amazonへ ¥18,764

楽天市場へ ¥19,096

汎用性の高いストラディックシリーズの中から、C3000番のハイギアモデルを選んでみました。

ギア比は6.0対1になっているので、ハンドルを1回転させると89cmものラインを巻き取ることができるように作られています。

実用ドラグ力/最大ドラグ力は、3.5/9.0kgです。

ウエイトは225gと軽めなので、長い時間釣りを続けていても、さほど疲れを感じてしまうことはないでしょう。

スプール寸法は、直径が47mmでストロークが17mmになっています。

ラインキャパは、PEラインなら2.0号を200m巻けますし、モノフィラメントラインなら3.0号を150m巻くことができます。

ハンドルの長さは55mmで、ボールベアリングは6個搭載しています。

実際に手に取ってみると、ボディの剛性がカチッとしていて、ハンドルは滑らかに回ってくれます。

それに追従してローター回転もスムーズそのもの、糸フケの回収もすぐにおこなえます。

ドラグのレスポンスも良好に設定されていますから、大物が掛かっても慌てることなく対処できるでしょう。

実売価格は2万円前後と、コスパ優秀な価格帯に収まっています。

細いPEラインを巻いて、先端にショックリーダーラインを結べば、かなり感度の高いセッティングになります。

ゴンズイのアタリなら、手元で確実にとらえられるのではないでしょうか。

ゴンズイを釣り上げて安全に美味しく食べよう!

ゴンズイの特徴や毒針の処理方法・釣り方・食べ方、おすすめの釣りタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

とにかく危険なゴンズイの毒針、取り扱いにはじゅうぶん注意してください。

切断した毒針も危ないので、すぐに廃棄するようにしましょう。

ゴンズイの身は蒲焼きにしてみると、とても美味しく食べることができます。

魚の関連記事はこちら

釣り方」カテゴリの人気記事

釣り料理・レシピ」カテゴリの人気記事

」カテゴリの人気記事

DAILYランキング