魚やロッドのアップ写真

堤防釣りで使う釣竿はどれを選べばいいの?人気メーカーのおすすめアイテムをチェック

FISHING JAPAN 編集部

堤防は、カンタンに魚が釣れる初心者におすすめの人気スポットです。

そこで使う釣竿を選ぶとしたら、どんなタイプのものがいいのでしょうか。

長さや硬さなど、釣り方にマッチしたものを見つけたいですよね。

ここでは、堤防釣りで用いる釣竿の選び方について、詳しくご紹介しましょう。

「サビキ釣りは絶対にしたいので、あんまり柔らかい釣竿はよくないってこと?」

サビキカゴや仕掛けには、ある程度の重さがありますから、3号ぐらいの硬さは欲しいところです。

堤防釣りに使うおすすめの釣竿①サビキ仕掛け用ロッド

堤防釣りで実践したい釣り方は、やはりサビキ釣りでしょう。

人気のアジやイワシを、一度に大量に釣り上げることができますからね。

家族や仲間とワイワイ楽しみながら、クーラーボックスいっぱいの釣果に大満足の釣りスタイル。

多くのアングラーが、休日におこなっているので、そこで使われているタックルにも注目が集まります。

サビキ釣りに適した釣竿で重要なのは、長さと硬さ。

堤防から突き出して、上下アクションをさせることになりますから、4メートルから5メートルほどあればじゅうぶんでしょう。

実際には2メートルほどの長さでも、サビキ仕掛けを操ることは可能なのですが、もし堤防の壁の真下に波消しブロックが沈んでいたら、すぐに仕掛けが引っ掛かってしまうかもしれません。

長さが4メートル以上あれば、そういった障害物を回避しながら、サビキ釣りを楽しむことができるでしょう。

ただし、あまりに長くし過ぎると、釣竿自体が重くなってしまいます。

仕掛けを上下に動かすことを考慮すれば、重過ぎては手首やヒジが疲れてしまうでしょう。

目安は、釣竿のみの重さで200グラム前後に収めること。

カーボン素材の含有率が高い釣竿なら、きっちりと軽量化が施されていますよ。

グラスファイバー素材オンリーの釣竿なら、長さを短くして軽いものを選ぶしかなさそうです。

堤防釣りに使うおすすめの釣竿②投げ釣り用ロッド

ここでいう投げ釣りとは、サーフエリアで本格的におこなうようなものではありません。

ちょっと沖合いまで簡易的な投げ釣り仕掛けを投入するための、通称・ちょい投げのことを指しています。

ラインガイドは大き目なものに越したことはありませんが、張りのあるブランクスでオモリの重さに負けないタイプを選べば、ちょい投げ釣りを実践できるでしょう。

おすすめは、やはり振出式の釣竿で、硬さは3号前後でしょうか。

堤防から沖に向かって離れたエリアの、ボトム周辺をくまなくチェックできるので、シロギスやマゴチ・ヒラメ・カレイなどが対象魚に加わってきますよ。

ゴカイや青イソメなどの虫餌を触りたくない人は、ワームで似たようなデザイン・触感のものが発売されているので、そちらを使ってみてください。

穴釣りなどにも転用したい人は、敢えて短めの釣竿を選んでみるのも手でしょう。

堤防釣りに使うおすすめの釣竿③ルアーキャスティングロッド

堤防からは、流行りのアジングやメバリング・エギング・シーバスゲームなどをおこなうことができます。

それらを支えてくれるのが、ルアーをキャストするための専用ロッドで、とても軽くて感度の高いものが揃っていますよ。

ただし、対象魚別に特化した調子・硬さ・軽さに仕上げられているものが多く、汎用性の高いものを選ぼうとすると、感度・飛距離の伸びなどのスペックがスポイルされてしまうかもしれません。

アジング用ロッドでシーバスを掛けることは可能ですが、ランディングにたいへん手間取りますし、シーバスゲーム用のルアーをキャストし続けるにはムリがあるでしょう。

釣竿を選ぶ際は、対象魚を絞り込む必要があると考えておくべきかもしれませんね。

堤防釣りに用いるおすすめの釣竿を選んでみた!

それでは、堤防釣りに使ってみたいおすすめの釣竿を取り上げてみましょう。

まずは、サビキ釣りに適した釣竿から。

比較的安価なものが揃っているので、他のタイプの釣竿と一緒に購入しやすいのはメリットですよね。

ダイワ(DAIWA) 磯・波止釣りロッド リバティクラブ磯風・K 3-45・K 釣り竿

ダイワ(DAIWA) 磯・波止釣りロッド リバティクラブ磯風・K 3-45・K 釣り竿

最安値価格
¥7,875(Yahoo!)

Amazonへ ¥8,647

楽天市場へ ¥7,975

Yahoo!へ ¥7,875

リバティクラブ磯風シリーズは、ダイワから発売中の振出式釣竿です。

硬さは3号で長さは4.46メートルありますから、堤防からのサビキ釣りにベストマッチといえるでしょう。

懸案の軽さも195グラムと、200グラム以内に収まっているので、長い時間振り回しても疲れにくくなっています。

錘負荷は、5号から10号までなので、重めのサビキカゴでもぶら下げることが可能です。

釣り場で最大長まで伸ばしてみた感想は、あまり重さを感じずに取り回しできるということ。

張りがじゅうぶんにあって、サビキ仕掛けに複数のアジやイワシ・サバが食い付いても、そのまま抜き上げることがカンタンにおこなえます。

ブレーディングXでブランクが補強されていることが、張りの強さを生んでいるといえそうですね。

しっとりと手のひらに馴染んでくるグリップや、衝撃の強いハードガイド仕様など、堤防釣りを長く楽しめる要素が満載の釣竿に仕上がっています。

実売価格は8千円前後と、とても低価格な設定を実現。

汎用性も高いので、ウキフカセ釣りなどにも転用してみると、対象魚を増やすきっかけになるでしょう。

ダイワ(DAIWA) ちょい投げ・サビキ 万能振出ロッド リバティクラブライトパック 20-240 釣り竿

ダイワ(DAIWA) ちょい投げ・サビキ 万能振出ロッド リバティクラブライトパック 20-240 釣り竿

最安値価格
¥6,186(Yahoo!)

Amazonへ ¥7,633

楽天市場へ ¥6,286

Yahoo!へ ¥6,186

リバティクラブのブライトパックは、小継ぎタイプの振出式釣竿です。

こちらは長さ2.48メートルと短めで、自重154グラムと軽めの設定になっています。

錘負荷は15号から25号まで、ルアーのキャスティングなら30グラムまでロングキャストすることが可能です。

ということは、天秤仕掛けでちょい投げ釣りを実践できますよね。

また堤防の足元で穴釣りをおこなうこともOKでしょう。

実際に手にしてみると、仕舞寸法がたったの45センチなので、全くの場所取らずです。

サビキ仕掛け用釣竿と同じロッドケースに、カンタンに収納できますから、一緒に持ち歩いて釣り場に合わせて取り出せるようにしたいですね。

いわゆるモバイル系ロッドとしても、活用の範囲が広がりそうなスペックを秘めているといえます。

実売価格は6千円前後と安い価格帯に設定されているので、予備用としても保持しておきたい釣竿ではあります。

穂先にはグラスソリッドを搭載していますから、強烈な引きにいきなり曲げられても、しっかりと追従して破損に至ることを防いでくれるでしょう。

大胆に操りながら、堤防回りに潜む大型魚を釣り上げたいですね。

ダイワ(DAIWA) 万能ルアー(アジング・メバリング)ロッド ルアーニスト 68L-S 釣り竿

ダイワ(DAIWA) 万能ルアー(アジング・メバリング)ロッド ルアーニスト 68L-S 釣り竿

最安値価格
¥5,698(楽天市場)

Amazonへ ¥8,140

楽天市場へ ¥5,698

Yahoo!へ ¥5,698

ルアーニストシリーズは、堤防でルアーキャスティングのアプローチを実践したい人向きの釣竿です。

このモデルは、長さ2.03メートルで2ピース仕様、仕舞寸法は106センチに設定されています。

自重は126グラムと、比較的軽めに作られていますね。

ソリッドティップを搭載しているので、ジグ単などのライトリグをキャストして操るのに向いていますよ。

適合ルアーウエイトは、2グラムから10グラムです。

具体的には、アジングやメバリング・シーバスゲーム・チニングなどに活用可能でしょう。

極小のジグ単キャストには、あまりマッチしているとは言い難いですが、キャロやフロートリグ、ミノーやシンペンなどのハードルアーをキャスト&リトリーブしてみたいですね。

実際に手に取ってみると、握りやすいオリジナルのリールシートが秀逸で、ムリなく長時間の釣りに対応してくれますよ。

実売価格は7千円前後と、こちらもコスパ優秀な低価格設定に。

これなら他の長さのタイプもチェックして、対象魚別に所有するとうのもアリでしょう。

ロッドティップが繊細ですから、大物が掛かった場合はランディングネットで丁寧にすくい上げられる用意をしておきたいものです。

PEラインを用いる際は、ショックリーダーラインとの結び目をできるだけコンパクトに仕上げるようにして、ラインガイドとの干渉が和らぐようにしましょう。

堤防釣りをマスターしてさまざまな魚種をゲットしよう!

堤防釣りに用いる釣竿の特徴や、おすすめのロッドをピックアップしましたが、いかがでしたか?

釣竿が増えてきたら、大き目のロッドケースに入れて持ち運びするようにしましょう。

堤防に持参しておくと、さまざまな魚を対象に釣りをすることができるようになります。

相乗効果であなたの釣りスキルが、アップしていくでしょう。

堤防釣りの関連記事はこちら

ロッド」カテゴリの人気記事

DAILYランキング