浮き 写真

初心者におすすめの浮き釣り講座!浮きとスピニングリールと振り出し竿を使いこなそう!

FISHING JAPAN 編集部

釣りに使う浮きが波間で揺れているのを見ると、なにやらほっこりした気分になりますよね。

釣り初心者の人には難しそうに思えてしまう浮き釣り。

「だって浮きの種類だけでも凄い数でしょ?」

そんな全ての浮きの使い方や仕掛けまで、すぐにはマスターできるわけがありませんから、ここでは1つだけに絞ってご紹介することにしましょう。

円すい浮きを使った釣り方にチャレンジ!

ここでは、釣りで使う浮きの中から「円すい浮き」での釣り方をご紹介します。

釣り場は、比較的安全で駐車スペースにも困らない、海の堤防エリアにしてください。

用意するタックルを順番に説明していきますから、読み終えるころには浮き釣り知識の基礎はバッチリでしょう。

浮き釣りには軽めの振り出し竿がおすすめ!

まずは浮き釣りをするための竿を用意します。

軽めの自重で1号から1.5号、長さは4.5メートルほどが扱いやすいでしょう。

サビキ釣り用として販売されている竿の中に、該当のタイプが多いですから、お好みのものを選んでください。

振り出し竿ですから、持ち運びはとてもラクチンですよ。

2500番のスピニングリールを竿にセットしよう!

浮き釣りに用いるリールは、スピニングリールが扱いやすいでしょう。

理由は、ラインを自由に引き出したり、素早く巻き取ったりできるからです。

2500番サイズなら2.5号ラインを150メートルは巻けますから、浮き釣りにはじゅうぶんな糸巻き量になります。

遠投はせずに、手前の水面を釣るだけですよ。

ラインを巻いた状態で竿にセットしましょう。

それが完了したら竿を伸ばし、ガイドにラインを通していきます。

円すい浮きを使って浮き釣りを楽しもう!

これが円すい浮きです。

ラインが浮きの中心を貫通する、中通しタイプになっていますよ。

オレンジカラーのほうからリールのラインを通して、逆側に抜き出してください。

ヨリモドシでリールからのライン(=道糸)とハリからのライン(=ハリス)を接合しよう!

胴体部分が2つ組み合わさったタイプのヨリモドシです。

その名の通り、ラインの撚れを元に戻してくれるので、釣りを続けていてもトラブルを抑える効果があります。

しかもこのヨリモドシ自体に重さがありますから、オモリの役割も果たしてくれるのです。

このヨリモドシの片方に、リールからのラインを結びましょう。

最初からライン(=ハリス)が結ばれているハリ仕掛けを活用しよう!

エサを付けるハリが、すでにラインと結ばれている仕掛け状態の製品です。

仕掛けを作ることに不安を感じていた人は、この仕掛け完成品を使うようにしましょう。

ハリの部分を持ってゆっくり引き出すと、ラインが結ばれた状態でスルリと出てきます。

そのラインの一端を、さきほどのヨリモドシの片方に結べば、全ての仕掛け準備が完了したことになります。

シンプルな仕掛けで実際に魚を釣りながら浮き釣りをマスターしよう!

完成した浮き釣り仕掛けは、とてもシンプルです。

オモリも浮き止めゴムも付いていませんが、初心者の人が堤防で浮き釣りの練習をするのなら、これでじゅうぶんでしょう。

ハリにエサを付けてから、遠投せず足元くらいに浮きを着水させて、魚からのアタリを待ってください。

ウキが上下に動いて水面から消えたら、竿をゆっくり立てる感じで魚が食い付いている感触を確かめてみましょう。

浮き釣りを分かりやすく解説している動画はこちら

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテランや釣り雑誌元編集長、人気インストラクターなど、バラエティに富んだ総勢15名が在籍し、幅広い記事を毎日配信しております。

上級者から釣りを全く知らない方にも、魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるように今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

DAILYランキング