ボラの写真

ボラの全てがわかる!臭いの原因や料理方法、おすすめの釣具を一挙紹介

FISHING JAPAN 編集部

ボラという魚、皆さんはどんなイメージがありますか?

海釣りをしていていきなり強烈な引きに遭遇し、ワクワクしながら引き上げてみると、円筒形をしたやたら臭うボラが・・・ということもしばしばあるかと思います。

釣りの外道として名高いボラは、日本中の海・河口から淡水エリアにかけて、その姿を見せてくれるため、釣り上げたことのある方も多いのではないでしょうか。

今回はあまり釣り人に喜ばれない魚・ボラの特徴を、詳しくご紹介します。

嫌われがちなボラの新たな一面に出会えること間違いなしです!

ボラってどんな魚?

ボラとは、ボラ目ボラ科に属している海水魚です。

体長は数cmのものから50cmぐらいものが多く、大きいものは80cmほどまで成長します。

稚魚・幼魚のときは、河川の上流域まで生息域を伸ばすことが知られていて、淡水・汽水域でも生きていけるのが特徴です。

また、生活排水が流れ出るような小規模水路にも平気で入り込んで、群れを成して生息していることがあります。

極めて環境への順応性が高く、生命力に満ち溢れている魚といえるでしょう。

稚魚・幼魚のときには、オボコ・イナッコ・イナなどと呼ばれることがあります。

さらにボラは日本のさまざまな地域で呼び名が変わっている魚で、ナタネボラ・イセゴイ・マボラ・ツクラ・クチメ・エブナ・メジロ・ハク・マクチ・クロメ・シロメなどと、かなりの数にのぼります。

それだけ地域に密着した魚だと言えます。

また、ボラが海面を跳びはねている様子が度々見かけられますが、ボラが跳ぶ理由は未だ解明されていません。

体に付着した寄生虫を落とすためとも、天敵から身を守るためとも言われています。

釣れたボラを餌にして巨大魚アカメを釣っている動画はこちら

雑食性の強いボラ

ボラは、雑食性の強い魚です。

藻などの植物を口にしているとのことですが、チヌ釣りをしていて餌のエビ・サシアミなどを丸飲みされることもしばしば。

またシーバスゲームをしていて、スピンテールジグや鉄板系バイブレーションプラグ・小型サイズのミノーなどに食い付いてくることがあります。

投げ釣りのゴカイや青イソメに掛かることもありますし、アジング用のマイクロジグにがっちりフッキングしてしまうケースも。

とても積極的に口を使ってくるタイプなのは分かりますが、あまりにもひんぱんにボラが釣れてしまうと、さすがに閉口しますよね。

ボラをかわしながら釣りを展開したいものですが、ターゲットにしている魚のそばにはいつもボラの姿が。

練り餌など撒いてそちらにボラを寄せておく!という手段は、餌釣りアングラーが実践している方法ですが、完璧にシャットアウトできるかといえば困難だと言わざるを得ません。

フグと同様に、釣りにはつきものの外道として、これからも付き合っていかなければならないでしょう。

臭いがキツ過ぎる!その原因は?

ボラは、臭いがキツいことで知られており、その臭いはドブや薬品に例えられることがあります。

特に夏場の臭いは強烈で、慣れていない人なら吐き気をもよおしてしまうほどです。

試しに包丁を入れてみると、身は脂が乗っていて美味しそうなのですが、表皮と内臓の臭いがとんでもなく、食欲が一気に減退する要因を作り出しているといえます。

このボラの臭みの原因は、実は人間にも関係があると指摘されています。

人間の行動によって水が汚染され、そこに住むボラがヘドロを食べることにより、異臭が付いてしまうのです。

その証拠に、きれいな海で育ったボラであれば臭いは他の魚と同等と言われています。

丁寧な下処理でおいしく食べられます

臭いが度々話題になるボラですが、冬場は臭みが少なく、脂がのった「寒ボラ」が釣れます。

食べ方もさまざまで、ボラの卵巣部分を塩漬けし、その後乾燥させて作るからすみは高級食材として有名です。

また、ボラの身の部分も丁寧に下処理をすればおいしく食べられます。

刺身やフライ・唐揚げなどが、ボラの料理方法としてはおすすめです。

そのほか、胃の幽門と呼ばれる、胃が十二指腸と接触している部分は形状がそろばんの玉に似ていることから「そろばん」と呼ばれています。

この部分は砂肝のような食感で苦味があり、珍味として知られています。

からすみの写真

からすみは大きさにもよりますが、1kgあたり数万円という高値で流通しているものもあります。

出典:PIXTA

釣ったボラを唐揚げに。「サッパリしていておいしい!」とのことです!

出典:youtube

下処理はできるだけ早く行うことがポイントで、鱗や内蔵は除去、しっかりと水洗いすることが重要です。

また、ボラは小骨の配置も独特です。

詳しくはさばき方を丁寧にアップしている、こちらの動画を参考にしてください。

ボラをさばいて丁寧に料理している動画はこちら

ボラ釣りに関連するおすすめのタックルをピックアップ

ボラは、チヌやシーバスを狙っているとカンタンに釣り上げることができます。

まずは、ボラ釣り用のタックルをご紹介してから、ボラを餌にした泳がせ釣り=飲ませ釣りのタックルも取り上げてみましょう。

ボラを背掛けにして泳がせると、独特のロールアクション+モタモタ感を演出できますよ。

シーバスなどの大型のフィッシュイーターを釣り上げたいなら、ぜひマスターして欲しい釣り方ですね。

シマノ(SHIMANO) 磯竿 17 ホリデー磯 2号 450 サビキ釣り

シマノ(SHIMANO) 磯竿 17 ホリデー磯 2号 450 サビキ釣り

最安値価格
¥6,610(amazon)

Amazonへ ¥6,610

楽天市場へ ¥7,360

Yahoo!へ ¥7,360

練り餌をダンゴ状態にして真ん中にハリの付いたエビを入れて、防波堤からの近めのボトムに潜むボラを狙います。

2号程度の硬さがあるほうが、40センチ以上のボラが掛かった際にやり取りが楽でしょう。

スピニングリールからの道糸にハリを直結して、そこにエビを装着。

その周りを練り餌ダンゴで包んでしっかり握り、防波堤の足元へ沈めてください。

ボトムにダンゴが着いたら、穂先を上げ気味にしてラインにテンションを与えます。

時間の経過とともにダンゴが割れますから、その瞬間エビが飛び出てきます。

そこからのラインの動きを注視し、少しでも変化があればフッキングをおこないましょう。

ちなみに、フグやベラが食い付いた場合は、アタリは明確に細かな振動として現れます。

ボラが食い付いたら、ラインがフケたり、ゆっくりと横方向に引っ張られたりしますよ。

チヌが釣れても外道が来た!などと思わないようにしましょう。

背掛けにして泳がせ釣りの餌にするつもりなら、素早く海へ投入することをおすすめします。

シマノ(SHIMANO) ホリデー磯 5号 450PTS パイプシート・テレスピンガイド(遠投用ガイド)

シマノ(SHIMANO) ホリデー磯 5号 450PTS パイプシート・テレスピンガイド(遠投用ガイド)

最安値価格
¥10,780(楽天市場)

Amazonへ ¥13,420

楽天市場へ ¥10,780

Yahoo!へ ¥10,780

硬さを5号クラスにすると、リールシートがパイプシート仕様のものを選べるようになります。

沖縄で有名なタマン釣りにも対応可能なスペックなので、釣ったボラを背掛けにした泳がせ釣りで大型フィッシュイーターを釣るにはバッチリでしょう。

メータークラスのシーバスが掛かることも想定して、太目のラインを巻いた中型スピニングリールを装着しておきたいですね。

長さ4.45メートルで自重285グラム、錘負荷は25号にも耐えられるように作られています。

実際に泳がせ釣りで青物を掛けたことがありますが、ロッドを立てて数分対処するだけで、青物を水面まで引き寄せることができました。

ブランクスに張りがあり、ガイドも頑丈で安心して使うことが可能でしょう。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 19 スフェロス SW 4000XG サーフ ヒラスズキ ライトショアジギング・キャスティング

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 19 スフェロス SW 4000XG サーフ ヒラスズキ ライトショアジギング・キャスティング

最安値価格
¥4,140(Yahoo!)

Amazonへ ¥13,900

楽天市場へ ¥12,166

Yahoo!へ ¥4,140

ボラ釣りも、ボラの背掛けによる泳がせ釣りも1台でこなしたいなら、シマノのスピニングリール・スフェロスSWがおすすめです。

4000番サイズですから、PEラインの2号を240メートルも巻くことができますよ。

ロングキャストする必要がないので、ラインは少なめでもだいじょうぶな印象ですが、泳がせ釣りでフッキングに持ち込んだ魚は、かなり走り回ることを想定しておいたほうがいいでしょう。

3号ラインに太さをアップして、200メートルほど巻いておくのもいいかもしれませんね。

最大ドラグ力が11.0キロもありますから、強めに締めてラインを出しつつターゲットを弱らせるようにしてください。

ゴリゴリ巻き取るというよりは、ロッドを立てつつ倒し込む際にスラック分を素早く回収する使い方のほうが取り込みを早められますし、リールへの負担も軽減できるでしょう。

プロックス ランディングネット (PROX) どでかラバーコートランディングネット PX703224R ネット黒/枠柄レッド 24型

プロックス ランディングネット (PROX) どでかラバーコートランディングネット PX703224R ネット黒/枠柄レッド 24型

最安値価格
¥5,297(Yahoo!)

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥5,297

枠サイズと網の深さが大き目に取られている、ランディングネットです。

泳がせ釣りで大型のフィッシュイーターが掛かった際に、すくい上げるのに重宝しますよ。

成人男性の身長を少し超える程度の柄の長さですから、あまり足場の高いところでは使えないことを理解しておきましょう。

例えば、ボートや筏などなら扱いやすいはずです。

網にはラバーコートが施されているので、魚体を必要以上に傷めず、ルアーフックなどが引っ掛かりにくいメリットがあります。

実売価格が1万円以下に設定されているのも、購入しやすいので嬉しいですね。

収納時には144.5センチにまで縮めることが可能ですから、クルマに積み込んだり釣り場までの持ち運びも便利です。

自重は1.05キロ、しっかりと頑丈に作られているランディングネットという印象が強く、長く自分の釣りに活用したくなる逸品です。

ボラを釣り上げて料理にチャレンジしてみよう

ボラの特徴や、関連のおすすめタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

防波堤や河口域なら、カンタンに釣り上げることができるので、ぜひチャレンジしてみてください。

ただし、生活排水の流れ込んでいる河川で釣ったボラは、身に臭いが染み付いていることが多く、食用には向いていません。

もし料理して食べるつもりなら、防波堤や磯場などの塩分濃度の濃いエリアに棲むボラを用いるようにしましょう。

ボラの大型サイズは、トドと呼ばれていて相当引きが強いですから、用いるタックルもそれなりに強化しておくことをおすすめします。

魚の関連記事はこちら

釣り方」カテゴリの人気記事

」カテゴリの人気記事

DAILYランキング