魚と釣り人のイラスト

川釣りで用いる餌の種類を知りたい!どんな餌なら釣れるの?

FISHING JAPAN 編集部

フナやコイ・ナマズ・バス・ブルーギル・タナゴ・ハヤ・オイカワ・ウグイなど、川釣りのターゲットになる魚は多種多様。

いったいどんな餌を用意すればいいのか、悩んでしまいそうです。

そこでここでは、川釣りに使う餌について、詳しくご紹介しましょう。

釣具店で入手できるものや、身近なものを代用できるケースもあります。

川釣りで有効に使えるおすすめ餌①ミミズ

川釣りをおこなう岸辺には、草木が生えているところがあります。

大きな岩が転がっていたら、試しに動かしてみましょう。

その下でニョロニョロとうごめいている、長い生き物を見つけたら、ぜひ餌としてキープしてください。

赤み掛かった褐色をしていて、手足が付いていなかったら、ほぼミミズで間違いありません。

ちぎって使うこともできますし、そのままフックに通し刺しにして川に放り込むことも可能です。

川の魚は、ミミズが大好き。

短くて細いものが使いやすいですが、長くて太いものなら、ウナギやバス・ナマズなどの大物を狙えるでしょう。

フックに刺してもいつまでも動き回っている生命力の強さが、釣り餌としての魅力になっています。

もし川の岸辺で発見できないときは、釣具店でも餌として販売されていることがあります。

ただし、全ての釣具店で扱っているわけではありませんから、電話などで在庫確認の問い合わせをしてから向かうようにしてください。

川の岸辺や釣具店でミミズをゲットできないときは、最寄りの山へ出かけてみましょう。

林になっている木の根元付近に、落ち葉が積もっているところを見つけたら、足を止めてください。

落ち葉を取り除けて、剥き出しになった土を少し掘ってみると・・・潜り込んでいたミミズをゲットできます。

前日に雨が降っていれば、地面の上に出てきていることもあり、じっくり観察しながら採取しましょう。

小さな木箱に土と一緒に保管しておくと、ミミズは長生きしてくれます。

フックに付ける際には、対象魚の口のサイズに合わせて、胴体をカットすることも忘れないように。

ミミズ専用のハサミを用意しておけば、ラインカッターなどを代用して使わなくて済みます。

釣りで使い切らなかったミミズは、土へ返してあげてください。

川釣りで有効に使えるおすすめ餌②食パン

川釣りでコイやフナなどをターゲットに釣りをする際、頼りになる餌が、食パンです。

白くてふわふわしているので、水面に浮き上がって流れに乗せることができます。

フックやラインがつながった状態でも流れるので、例えばコイの口元へ何度もアプローチすることが可能です。

見えているコイは警戒心が強めですから、まずはフックやラインのつながっていない状態で、すなわち食パンだけを小さくちぎって川に流してください。

コイは安心して食べ始めるでしょう。

あまりの美味しさと次々流れてくる豊富な量に、興奮状態になります。

それに気づいた他のコイも集まってきて、辺り一面コイだらけになることも。

そうなれば、次に流す食パンにフックとラインが付いていても、口に入れてしまうコイが現れても不思議ではありません。

コイは1m近い巨体に成長していることがあるので、釣りに用いるタックルは頑丈なものにしてください。

ラインも太目がいいですし、フックも曲げられないように太軸タイプにしましょう。

昼間でもコイは釣れますが、街中の川周辺だと通行する人々が多いかもしれません。

その邪魔にならないように配慮しながら、釣り座を構えるようにしたいものです。

川釣りで有効に使えるおすすめ餌③魚肉ソーセージ

川釣りの餌に魚肉ソーセージをちぎって使ってみましょう。

テナガエビが釣れることがありますし、ウグイやハスなども食い付いてくる可能性があります。

魚肉ソーセージは釣具屋さんにはないかもしれませんが、コンビニやスーパーに出向けば入手できます。

釣り場の近くのコンビニに入ったら、魚肉ソーセージが在庫されているかチェックしておきましょう。

もし手持ちの餌が無くなっても、コンビニで補充できることになります。

とても便利なので、飲み物などを買いに寄ったついでに、餌もゲットしてみてください。

フックに付けるときは、指先で小さくカットして、魚の口に吸い込まれやすいボリュームに加工することが大切です。

川釣りに使ってみたいおすすめのタックルを選んでみた!

それでは川釣りに使ってみたくなる、おすすめのタックルを取り上げてみましょう。

まずは、竿から。

リールを用いるケースもありますが、ほとんどは延べ竿で対応できるはずです。

あまりに長いブランクスだと、草木に接触して振りにくくなりますから、釣り場に合わせて複数本用意しておくのがベターです。

プロマリン(PRO MARINE) PG 清風 180

プロマリン(PRO MARINE) PG 清風 180

最安値価格
¥977(楽天市場)

Amazonへ ¥1,100

楽天市場へ ¥977

Yahoo!へ 取扱なし

プロマリンブランドからリリースされている、振出式万能タイプの延べ竿です。

全長は1.80mなので、ほぼ人の身長程度の長さですから、取り回ししやすいでしょう。

継数は6本で、仕舞寸法はなんとたったの41cmにまで縮まります。

これならデイパックに入れて背負えますし、タックルバックに入れて持ち歩くことも可能です。

クルマに常備しておいても、何ら邪魔になることはないでしょう。

自重は55gと極めて軽く、長時間の釣りでもあまり疲れを感じずに済むに違いありません。

先径/元径は、0.9/11.5mmと細めです。

実際に手に取ってみると、グリップ部分がテンカラ竿のように独立していて、膨らみを帯びています。

しかも表面にはEVA素材が貼られているので、水に濡れた手で握っても、滑りにくくなっています。

実売価格は千円前後と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

家族や仲間の人数分を揃えておいて、みんなでワイワイ川釣りを楽しむのにいいかもしれません。

川釣り仕掛けセットなども、クルマに常備しておきたいものです。

竿の長さは、もっと長いものや短いものも選べるので、自分が向かう釣り場にマッチした長さを選ぶようにしてください。

ダイワ(DAIWA) ポータブル活かし水くみ クリアブラック 15(A)

ダイワ(DAIWA) ポータブル活かし水くみ クリアブラック 15(A)

最安値価格
¥1,463(楽天市場)

Amazonへ ¥1,510

楽天市場へ ¥1,463

Yahoo!へ ¥1,463

ダイワから発売中の、ロープ付き水汲みバケツです。

本体部分のサイズは150×150×180mmで、コンパクトながら川で釣れた小魚を入れるにはじゅうぶんでしょう。

しかも透明クリアーなボディなので、汲んだ水の中を泳ぐ魚の姿を目で追えます。

本体素材はEVAで、中に入れた魚が飛び出しにくいように、メッシュ仕様のフタが付いています。

魚を入れた状態で、水の入れ替えができるのが嬉しいです。

本体は柔らかいので、折り畳んで持ち歩くことが可能です。

また巻き取りやすいからまんホルダーの付いた、ロープが付属されています。

ロープの長さは8mもあるので、足場の高い場所から水を汲むのも、楽におこなえるでしょう。

実際に使ってみると、満水状態になるまで水を汲んでも、水面から引き上げるのはさほど苦にはなりませんでした。

ボディの強度はじゅうぶんで、水圧に負けて変形してしまう心配は要らないでしょう。

釣れたタナゴなどをこのバケツの中に放って、体表の美しさを堪能してください。

実売価格は千円台と、とても低価格な設定に収まっています。

水汲みバケツは海釣りでもひんぱんに用いるので、ぜひひとつクルマに積み込むようにしておくと、さまざまなケースに対応できるでしょう。

川釣りの餌の知識を活用してさまざまな魚を釣り上げよう!

川釣りに用いる餌の特徴や、おすすめのタックルについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

コンビニやスーパーには、まだまだ川釣り餌になれるアイテムがあるはずです。

自分で購入して、あれこれ試してみるのも、とても楽しいでしょう。

餌の関連記事はこちら

釣りエサ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング