ルアー ヘドン バス釣り バスフィッシング

黒色をルアーに塗る理由って??地味な印象の黒いルアー、実はバス釣りに大活躍な色なんです!!

FISHING JAPAN 編集部

ルアーに塗られている色には、どのような効果があるのでしょうか?

その中でも真っ黒のルアーって結構ありますよね?

全体色としても部分色としても、ルアーに用いられる機会の多い黒色には、一体どのような意味が込められているのでしょうか!?

釣り人からは見えにくい!

黒色は暗黒を表すので、夜に使うとバスから見えにくいという人がいます。

これはたぶん、見た目の印象を述べているだけで、実際に自分自身で確かめたことのない人の考えです。

だから根拠はありません。

ただ本当のところはどうなんでしょう?

まずはイメージしてください。

真っ黒のルアーを夜の池に投げます。

釣り人からは全く見えません。

太陽が出ていないからです。

バスからはよく見える!

でも夜なので、月は出ています。

その弱い光だけでは、人には見えません。

だからといって、バスにも見えていないってことではないんです!

バスの位置は、人とは違います。

水中からルアーを見上げているわけで、その順番通り並べると「①バス→②黒いルアー③月」になります。

バスは、ルアーに遮られながら月を見ることになります。

ルアーが月の邪魔をする!

本来なら満面に輝いている月が、ルアーによって邪魔されている!

しかも黒いルアーだからこそ、輪郭がくっきりと浮かび上がっている!

だから黒色は、しっかりと見える色となるのです。

日中も、他の色ならぼやけてしまうルアーの輪郭が、黒色ならしっかりと見えてくれます。

光を放ってるものを確実に遮断できる色だから、それをまとっているものを浮かび上がらせることができる!といえば、わかりやすいかもしれません。

連続している色をそこで遮断できるのが黒色。

決して黒が他の色より勝っているのではなく、そこでひとつの発色が終わったことを表現できるのが、黒だと考えてください。

色の終わりは強い刺激となって、バスに伝わります。

バスの興味をひきつけたいときに使用してみてはいかがでしょう?

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテランや釣り雑誌元編集長、人気インストラクターなど、バラエティに富んだ総勢15名が在籍し、幅広い記事を毎日配信しております。

上級者から釣りを全く知らない方にも、魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるように今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

DAILYランキング