ロッドのアップ写真

シルバーウルフEXは2024年新発売のチニングゲーム用フラッグシップロッド!

FISHING JAPAN 編集部

チヌをルアーで誘って釣り上げるチニングゲームにおいて、高い感度と操作性がロッドに求められます。

2024年ダイワから新発売される、シルバーウルフEXなら、アングラーが欲しい情報を豊富に入手し、軽快に操れるでしょう。

その詳細スペックについて、取り上げてみましょう。

シルバーウルフEXとは

シルバーウルフEXとは、2024年ダイワからリリースされる、チニングゲーム用のロッドのことです。

設定機種は、2種類のベイトロッドになっています。

シルバーウルフEXのブランクスには、SVFコンパイルXナノプラスを採用しています。

ハイレスポンスな仕上がりで、瞬時に底質やチヌのアタリを見極めることができます。

そこからのフッキングはスムーズにおこなえますから、釣れるチヌの数が自然に増えていくでしょう。

このブランクスには、V-ジョイントαも搭載しています。

この継目によってしなやかさを携えながら、最外層をX45Xで縛ることでパワーロスを防いでいます。

ブランクスに生まれる独特の張りは、ルアーやワームリグの飛距離を伸ばし、操作性を向上するでしょう。

チヌを掛けてからのブランクスの粘りは、細いPEラインやショックリーダーラインの破断を防ぎながら、ランディングを安定させてくれます。

シルバーウルフEXのガイドシステムには、ダイワオリジナルのAGSが用いられています。

AGSを多点配置しているので、ブランクス本来のパワーとダイレクト感を味わうことができます。

風が吹いてラインがたるむ際には、それを最小限にとどめてくれますし、ロッドワークを繰り出したときのレスポンスも向上します。

AGSはとても軽いですから、ロッドティップの先重りを減らしてくれます。

それがチニングゲームで多用する、ロッドを立てておこなうロッドワークを、より繊細で丁寧なものに変えてくれるでしょう。

ラインが絡まるトラブルも抑えてくれるので、手返しのいいアプローチを実践できるのも強みです。

ショートグリップ設計を採用しているシルバーウルフEXシリーズ!

シルバーウルフEXでは、リールシートの長さを突き詰めたショートグリップ設計になっています。

こうすることで、ワームリグのフォールやアクション中のアタリに即座に対応でき、身体の前で軽快に取り回しができます。

そのリールシートは、軽くて高感度なエアセンサーシートなので、手のひらに対するフィット感が良好です。

耐久性に優れているEVAを使っていて、ブランクスにタッチしやすいフロントグリップレスデザインです。

チニングゲームを実際に楽しむと、カバーやストラクチャーに対してかなり投げ込むことになりがち。

グリップ周りはシンプルなほうが使いやすいですし、各部の耐久性は強めのほうが安心です。

シルバーウルフEXシリーズ2機種の詳細スペックはこちら!

シルバーウルフEXにラインナップされている2機種について、詳しいスペックを取り上げてみましょう。

●シルバーウルフEX 75MLB

全長は2.26mと、取り回ししやすい長さのブランクスに仕上がっています。

2ピース仕様で、仕舞寸法は117cmにまで縮まります。

ウエイトは95gと軽めで、ブランクスの先径/元径は、1.4/12.9mm。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99%に設計されています。

チューブラーティップを搭載して鋭敏に仕上げてあるので、チニングゲームに欠かせないフリーリグはもちろん、ハードプラグの操作性を高めたハイレスポンスな1本です。

●シルバーウルフEX 76MLB-S

全長は2.29mと、扱いやすい長さのブランクスに作られています。

2ピース仕様で、仕舞寸法は118cmにまで縮まります。

ウエイトは96gと軽めで、ブランクスの先径/元径は、1.2/12.9mm。

ダイワオリジナルのカーボンソリッドトップ=メガトップを搭載しています。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99%に設計されています。

高感度ソリッドティップを搭載しているので、地形変化や細かなアタリにも対応可能なフリーリグロッドといえるでしょう。

ディープゾーン攻略や、フィネスアプローチにもじゅうぶん対処できるはずです。

シルバーウルフEXに装着してみたいおすすめのベイトリールを選んでみた!

シルバーウルフEXに装着してチニングゲームを満喫するのに、おすすめのベイトリールをご紹介しましょう。

PEラインはもちろん、フロロカーボンなどのモノフィラメントラインも使いたいなら、ダイワからリリースされている、ジリオンSV TW1000XHはいかがでしょうか。

ギア比は8.5対1なので、ハンドル1回転につき90cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

最大ドラグ力は5.0kgで、ラインキャパはモノフィラメントラインなら、14lbを90m巻けます。

ウエイトは175gと軽めで、スプール径は34mm。

ハンドルの長さは90mmで、ボールベアリングは8個搭載しています。

実際に手に取ってみると、とても軽くてカチッとした剛性感が備わっていると感じました。

実売価格は3万円台と、購入を検討しやすい価格帯に収まっています。

ダイワ(DAIWA) ベイトリール ジリオン SV TW 1000XH 右ハンドル(2021モデル)

ダイワ(DAIWA) ベイトリール ジリオン SV TW 1000XH 右ハンドル(2021モデル)

最安値価格
¥31,460(楽天市場)

Amazonへ ¥31,680

楽天市場へ ¥31,460

Yahoo!へ ¥31,680

シルバーウルフEXの気になる発売日はいつ?

シルバーウルフEXの気になる発売日は、2024年の4月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、68,000円です。

ビッグサイズのチヌを、オールシーズンこのロッドで狙ってみましょう!

新製品の関連記事はこちら

チニング」カテゴリの人気記事

ロッド」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング