リールのアップ写真

24メタニウムDC新登場!コアソリッドボディにDCブレーキ初搭載のベイトリール!

FISHING JAPAN 編集部

軽量コンパクトなベイトリールとして人気を博している、シマノのメタニウムシリーズ。

なかなかDCブレーキ搭載タイプが発売されない!と、やきもきしていた人は多かったでしょう。

2024年、満を持して24メタニウムDCがリリースされることになりました。

そのスペックについて、詳しくご紹介しましょう。

24メタニウムDCとは

24メタニウムDCとは、2024年シマノからリリースされる、ロープロファイルデザイン型のベイトリールのことです。

とても姿勢が低いので、手のひらにすっぽり収まり、扱いやすいベイトリールに仕上がっています。

特徴は、なんといっても軽いこと。

ウエイトは、175g(XGモデルのみ180g)しかありません。

そして注目すべきは、コアソリッドボディ初のDCブレーキ搭載が実現することです。

24メタニウムDCのボディはとてもコンパクトで、しかも高い剛性のコアソリッドボディを採用しています。

メインフレームとレベルワインドプロテクターを、メタル素材で一体成形していて、強靭なボディ剛性を作り出しています。

ボディのたわみが発生しづらく、大きな負荷が掛かっても安定した巻き心地をキープすることができます。

そこに、DCブレーキ・NEW I-DC5を搭載することに成功したのです。

ライントラブルを抑えながら、さらなるロングキャスト性能を発揮してくれるでしょう。

これまでのDCブレーキでは、サイドプレートの内側に組み込まれていたモードダイヤル。

それがブレーキダイヤルとともに、サイドプレートの外側からの調整ができるようになっています。

3モードライン×5段階ブレーキ力なので、合計15種類のシフトで、瞬時のブレーキ調整をおこなえます。

使うルアーにマッチしたベストセッティングを、外側からカンタンに調整できるのは、大きなメリットといえるでしょう。

これまでのDCブレーキ調整の際には、ベイトリールのサイドプレートを一旦開けてから、モードダイヤルを動かして切り換えていました。

このタイムロスを無くせるので、集中力を切らさずに釣りを楽しむことにつながるでしょう。

24メタニウムDCには、MGLスプールⅢが採用されています。

軽やかな回転の立ち上がりを見せ、飛距離の伸びにつながる低慣性スプールです。

スプールのサイズは、よりバーサタイル性に優れた34mm径になっていて、幅は19mm。

幅広いウエイトのルアーに対応できますし、ロングキャストも低弾道ピッチングキャストも繰り出すことができます。

マイクロモジュールギア搭載の24メタニウムDC!

24メタニウムDCには、マイクロモジュールギアが採用されています。

超小型で精密なギアが、シルキーな巻き心地を体感させてくれます。

巻き取り動作による振動を極限まで抑えつつ、噛み合う歯数が増えたことによる強度アップも見込めます。

新しい設計によるジュラルミン製ドライブギアで、パワフルな巻き取り+精密かつ滑らかな回転が得られるでしょう。

24メタニウムDCのコンセプト動画はこちら

合計6機種の中から選べる24メタニウムDC!

24メタニウムDCには、左・右巻きハンドル仕様とギア比によって、合計6種類の機種から選べるようになっています。

●24メタニウムDC 70・・・右巻きハンドルのノーマルギアモデルです。

ギア比は6.2で、ハンドル1巻きにつき66cmのラインを巻き取ることができます。

クランクベイトやスピナーベイトといった、巻き物系のリトリーブにマッチするでしょう。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら12lbを100m。

最大ドラグ力は、5.0kgです。

ハンドルの長さは42mmで、ボールベアリングは10個搭載されています。

●24メタニウムDC 71・・・左巻きハンドルのノーマルギアモデルです。

●24メタニウムDC 70HG・・・右巻きハンドルのハイギアモデルです。

ギア比は7.1で、ハンドル1巻きにつき76cmのラインを巻き取ることができます。

オールラウンドに、さまざまな釣り方に対応できるギア比になっています。

●24メタニウムDC 71HG・・・左巻きハンドルのハイギアモデルです。

●24メタニウムDC 70XG・・・右巻きハンドルのエクストラハイギアモデルです。

ギア比は8.1で、ハンドル1巻きにつき86cmのラインを巻き取ることができます。

ノーシンカーリグやヘビーダウンショットリグ・フリーリグといった、ワームリグ全般を操るのに適しているでしょう。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら12lbを100m。

ハンドルの長さは45mmで、ボールベアリングは10個搭載されています。

●24メタニウムDC 71XG・・・左巻きハンドルのエクストラハイギアモデルです。

24メタニウムDCを装着して使ってみたいおすすめロッドを選んでみた!

24メタニウムDCを装着して使ってみたくなる、おすすめのベイトロッドをご紹介しましょう。

バス釣り用のものなら、ワームリグを操るタイプや、ハードプラグをリトリーブするタイプが用意されています。

シマノ(SHIMANO) バス ベイトロッド 22 エクスプライド 166M-2 2ピース 2023追加モデル

シマノ(SHIMANO) バス ベイトロッド 22 エクスプライド 166M-2 2ピース 2023追加モデル

最安値価格
¥19,535(Yahoo!)

Amazonへ ¥19,554

楽天市場へ ¥20,204

Yahoo!へ ¥19,535

シマノからリリースされているバス釣り用ベイトロッド・エクスプライドシリーズのラインナップから、166M-2を選んでみました。

全長は1.98mと、取り回ししやすい長さに設計されています。

2ピース仕様で、仕舞寸法は102cmにまで縮まります。

ウエイトは97gで、ブランクスの先径は1.8mm。

適合するルアーウェイトは、7gから21gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら8lbから16lbまでで、PEラインなら最大3.0号まで使えます。

グリップの長さは235mmで、ブランクスのカーボン素材含有率は、98.4%に設計されています。

実際に手に取ってみると、とても軽くて張りのあるブランクスに仕上がっていると感じました。

ガイドが小径なのでラインがバタつかず、積極的にロッドワークを繰り出せるのが嬉しいです。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

シマノ(SHIMANO) バスロッド 19 スコーピオン ベイトキャスティングモデル ワン&ハーフ2ピース 1652R-2 トップウォータープラグ ヘビーシンキングミノー

シマノ(SHIMANO) バスロッド 19 スコーピオン ベイトキャスティングモデル ワン&ハーフ2ピース 1652R-2 トップウォータープラグ ヘビーシンキングミノー

最安値価格
¥28,171(amazon)

Amazonへ ¥28,171

シマノから発売されているルアーキャスティングゲーム用ベイトロッド・スコーピオンシリーズの中から、1652R-2を選んでみました。

全長は1.98mなので、ロングキャストしやすい長さのブランクスに設計されています。

2ピース仕様で、仕舞寸法は130.0cm。

ウエイトは127gで、ブランクスの先径は1.8mm。

適合するルアーウェイトは、7gから28gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら12lbから22lbまでです。

グリップの長さは242mmで、レギュラーテーパー。

ブランクスのカーボン素材含有率は、98.9%に設計されています。

実際に手に取ってみると、しっかりと張りのあるブランクスですが、負荷に対しては素直に曲がってくれる印象を持ちました。

キャストする際のバックスイングに対する反りや復元は、強過ぎずに扱いやすいものです。

実売価格は2万円台と、とても購入しやすい価格帯に収まっています。

24メタニウムDCの気になる発売日はいつ?

24メタニウムDCの気になる発売日は、未定です。

シマノ公式サイトにて、発表される予定になっています。

メーカー希望販売価格は、62,000円です。

既存モデルのメタニウムDCがリリースされてから、ずいぶんと長い年月が経ちましたが、待った甲斐のあるニューモデルの登場で、興奮冷めやらぬ人も多いでしょう。

一日も早く実機を手にして、フィールドで操ってみたいものです。

新製品の関連記事はこちら

ベイトリール」カテゴリの人気記事

シマノ」カテゴリの人気記事

メタニウム」カテゴリの人気記事

DAILYランキング