リールのアップ写真

22メタニウムシャローエディションで8lbラインを使いこなしたい!シャロースプール標準装備

FISHING JAPAN 編集部

既存モデルのシマノ・20メタニウムには、12lbのラインを100メートル巻くことができますが、軽量なルアーをロングキャストしたいときに、もっと細いラインを適量巻きたくなることがあります。

そんなときに頼りになるのが、2022年新登場の22メタニウムシャローエディション。

なんと8lbを100m巻ける、夢屋シャロースプールを標準装備していて、ドライブギアまで専用設計されています。

どんなスペックに仕上がっているのか、詳しくご紹介しましょう。

22メタニウムシャローエディションってどんなベイトリールなの?

22メタニウムシャローエディションとは、2022年にシマノから新発売される、ロープロファイル系ベイトリールのことです。

既存モデルの20メタニウムと外観はそっくりですが、よく見るとスプールが異なっています。

なんとシマノのカスタムパーツプランドとして知られている、夢屋のシャロースプールと同じスペックのマグナムライトスプールⅢが、標準で装備されているのです。

このスプールのラインキャパは、モノフィラメントラインの8lbで丁度100m。

20メタニウムのラインキャパ・12lbで100mより少なくなっています。

というよりも、細いラインにしっかり対応可能な仕様に生まれ変わったというべきでしょう。

ここでひとつ考えたいのが、ベイトフィネスリールの存在です。

ベイトフィネスリールなら、元々細いラインに対応できるように作られているからです。

シマノのベイトフィネスリールは、どれも8lbラインを45mしか巻けない設定になっていて、もしかするとこのラインキャパでは少し足りない!と感じている人がいるのではないでしょうか。

細いラインで近距離を撃つだけなら、45mもあればじゅうぶんです。

でもロングキャストを絡めたアプローチを実践するとなると、ラインが足りないケースが発生するかもしれません。

ベイトフィネスリールと通常のベイトリールの、ちょうど間を埋めてくれるような存在があれば、さまざまな釣り場のシチュエーションに対処できそうです。

そこでたどり着いたのが、メタニウムに夢屋シャロースプールを組み合わせて、スペシャルモデルとしてベイトリールの選択肢に含めるということ。

22メタニウムシャローエディションは、多くのアングラーの要望が、はっきりと具現化したひとつのカタチといえるでしょう。

新設計のジュラルミン製ドライブギアを搭載した22メタニウムシャローエディション!

22メタニウムシャローエディションには、スプール以外にも特別なパーツが組み込まれています。

夢屋シャロースプールと同じスペックのマグナムライトスプールⅢの他に、ドライブギアが新しく設計されました。

素材は、真鍮ではなく、軽量で丈夫なジュラルミンを用いています。

真鍮製と同じぐらいの強度を確保するために、ギアの歯面の形状などを見直して作られています。

ギアのウエイトは、ジュラルミンにすることで10gの軽量化に成功し、操作性がアップするというメリットを生み出しました。

手首のスナップを利かした、近距離キャストのアキュラシー精度が上がりますし、手首そのものも疲れにくくなるでしょう。

ただし、ギア同士の馴染みや耐久性については真鍮製に分があるので、この辺は個々のアングラーの好みとなりそうです。

3つのギア比と左右ハンドルから選べる22メタニウムシャローエディション!

22メタニウムシャローエディションには、全部で6種類の機種がラインナップされています。

RIGHTモデルは、ギア比6.2対1のノーマルギア仕様で、ハンドル1回転につき66cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

最大ドラグ力は5kgで、ウエイトは165gとかなり軽く作られています。

ジュラルミン製ドライブギアに切り換えた恩恵の表れでしょう。

スプールの直径は34mmで、幅は19mm。

ハンドルの長さは42mmで、ボールベアリングが10個搭載されています。

HG RIGHTモデルは、ハイギア仕様で、7.1対1。

ハンドル1巻きで76cmのラインを巻き取れます。

XG RIGHTモデルは、エクストラハイギア仕様で、8.1対1のギア比。

ハンドル1巻きで86cmのラインを巻き取れます。

ハンドルの長さは、45mmです。

上記は全て右巻きハンドルになっていて、左巻きハンドルは、LEFT・HG LEFT・XG LEFTで表記されます。

それぞれのスペックは、右巻きも左巻きも同じです。

22メタニウムシャローエディションを詳しく解説している動画はこちら

22メタニウムシャローエディションは、既存モデルよりも明るいシルバーメタリックカラーに、外装が変わっています。

そしてスプールが浅溝タイプになり、ギアの素材にジュラルミンを用いることで、10gの軽量化が現実のものとなっているのです。

軽快に連続キャストを繰り出しながら、近距離のピンポイントを撃っていくような釣り方に、しっかりリフィットするでしょう。

6cm前後の高比重ワームをノーシンカーリグにセットしたら、7gほどのウエイトに。

それを低弾道で飛距離を伸ばしたいなら、22メタニウムシャローエディションの搭載スペックに行き当たるはず。

フィールドで実際に使ってみて、その対応力の高さを体感してみましょう。

22メタニウムシャローエディションを装着して使ってみたいおすすめロッドを選んでみた!

22メタニウムシャローエディションにマッチしそうな、おすすめのロッドを取り上げてみましょう。

高比重ワームのノーシンカーリグなら、フッキングがしっかり決まるハードバットのほうが扱いやすいです。

ただし、キャストのしやすさも考慮したいので、Mパワー前後の軽めブランクスのベイトロッドを選んでみました。

シマノ(SHIMANO) バスロッド ポイズンアドレナ ベイト 163M テクニカルバーサタイル ショートロッド

シマノ(SHIMANO) バスロッド ポイズンアドレナ ベイト 163M テクニカルバーサタイル ショートロッド

最安値価格
¥28,994(楽天市場)

Amazonへ ¥29,721

楽天市場へ ¥28,994

Yahoo!へ 取扱なし

軽量で使いやすいポイズンアドレナシリーズの、ショートレングスなベイトロッドです。

全長は1.91mで、1ピース仕様。

先径は1.8mmとやや太目に設計されているので、大胆なキャスティングやフッキングを実践できます。

適合するルアーウェイトは、7gから21gまで。

これなら高比重ワームのノーシンカーリグでも、じゅうぶんに対応できるでしょう。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら8lbから16lbまで。

ブランクスはレギュラーファーストテーパーで、カーボン素材の含有率は99.9%です。

実際にフィールドで使ってみると、張りのあるブランクスでパワーを感じますが、いざバックスイングに入ると、絶妙な曲がり込みを見せてくれます。

ルアー放出直後の初速は早いものの、安定した低弾道で飛距離を伸ばすことができます。

実売価格は2万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に収まっています。

22メタニウムシャローエディションの気になる発売日はいつ?

22メタニウムシャローエディションの気になる発売日は、右巻きハンドル仕様が2022年の3月を予定しています。

左巻きハンドル仕様のほうは、2022年の5月販売の予定です。

メーカー希望販売価格は、全機種46,300円です。

ベイトフィネスリールの少ないラインキャパを、不満に感じていた人もいるはずです。

このベイトリールなら、細いラインを使いつつ、豊富なラインキャパでキャストを繰り出すことができます。

当然魚がバイトしてくる確率はアップしますし、釣り方にも幅が生まれるでしょう。

新しいメソッドを開拓する一助に、22メタニウムシャローエディションがなってくれそうな気がします。

2022年モデルの関連記事はこちら

ベイトリール」カテゴリの人気記事

シマノ」カテゴリの人気記事

メタニウム」カテゴリの人気記事

DAILYランキング