リールのアップ写真

タトゥーラ一新!2022年新しくなった22タトゥーラTW80を徹底チェック

FISHING JAPAN 編集部

コスパ優秀で扱いやすいと評判のベイトリール、ダイワ・タトゥーラシリーズ。

その最新型・22タトゥーラTW80が、2022年にリリース決定となりました。

詳しいスペックについて、ここでご紹介しましょう。

22タトゥーラTW80とは

22タトゥーラTW80とは、2022年にダイワから新発売となるベイトリールのことです。

淡水専用モデルではなく、ソルトウォーターゲームにも活用できる仕様になっています。

設定機種は、ギア比別に3種類、左右ハンドルタイプが用意されています。

特徴として挙げられるのは、歴代のタトゥーラシリーズの中で、最小・軽量に作られていること。

ウエイトはなんと、180gまで絞り込まれています。

ボディには、ハイパードライブデザインが採用されていて、フレームとギア側のサイドプレートにアルミ素材を使っています。

よりタフなハウジングを実現しながら。各種回転性能と耐久性のアップに努めています。

スプールの直径は32mmで、幅は21mm。

高強度のアルミスプールになっていて、5gから20g程度のルアーを操るのに適しています。

オカッパリでよく使うのが、10gから15g程度のハードプラグですから、そのウエイトをロングキャストするのに向いている味付けです。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら12lbを100m巻けるので、思い切りロッドをフルスイングして、沖合いのブレイクラインやインビジブルカバーなどを直撃してみましょう。

例えば、クランクベイト。

2mほど潜行するモデルなら、タトゥーラTW80を用いてロングキャストを敢行し、一気に潜らせます。

クランクベイトのリップが何かに接触したら、リトリーブを止めて浮かせて誘うことができるでしょう。

ギア比が6.3・7.1・8.1の3種類から選べるので、じっくりスローにリトリーブしたい人はローギアで、素早く広範囲エリアをチェックしたい人は、ハイギアでアプローチしてみることをおすすめします。

マグフォースZブレーキを搭載している22タトゥーラTW80!

22タトゥーラTW80には、評価の高いマグフォースZブレーキを搭載しています。

スプールの回転数に応じて、内蔵されているインダクトローターが滑らかに引き出され、キャスト前半のブレーキを強くかけつつ、後半を弱めるようになっています。

このセッティングにより、伸びのあるキャストフィールを体感できるでしょう。

キャストの後半が伸びることで、届けたい沖合いのポイントを攻めることが可能になります。

当然近距離のピンポイントへも、バックラッシュトラブルを抑えたコントロール精度の高いキャストを、撃ち続けられるはずです。

85mmのクランクハンドルを標準装備している22タトゥーラTW80!

22タトゥーラTW80には、長さ85mmのクランクハンドルが標準で装備されています。

素材はアルミ製で、ハンドルノブにはハイグリップなI型ライトノブが付いています。

これなら濡れたままの指でもきっちりとつまめますし、快適な巻き上げでルアーを操作することができるでしょう。

最大ドラグ力は4.5kgで、ボールベアリングは7個搭載しています。

22タトゥーラTW80のスペック表はこちら

22タトゥーラTW80のデモンストレーション動画はこちら

ロングキャストのアプローチを展開するのに、コンパクトで軽量なベイトリールがあれば、アップテンポで広範囲を探りやすくなります。

ダイワにはマグフォースZという熟成されたブレーキシステムが存在して、SVスプール搭載機などとの使い分けができます。

そのマグフォースZを組み込んだことで、22タトゥーラTW80の立ち位置は極めて明確。

バス釣りのオカッパリシーンで活躍するのはもちろん、そこで得た感触のまま、ソルトウォーターゲームにも持ち込めるのが最大のメリットといえそうです。

例えは、シーバスゲームやチニングゲーム。

ベイトタックルの有効性が声高に叫ばれるようになりましたから、ナロースプールで細いPEラインをストックするのにも向いている22タトゥーラTW80なら、さまざまなシチュエーションで使えるでしょう。

22タトゥーラTW80を装着して使ってみたいおすすめのロッドを選んでみた!

22タトゥーラTW80を装着してロングキャストアプローチを敢行してみたくなる、おすすめのロッドを取り上げてみましょう。

オールラウンドにさまざまな釣り方を試せるタイプのほうが、この新しいベイトリールのスペックを堪能できます。

ロングキャストすることも考慮するなら、ある程度長めのブランクスのほうが、マッチングは良好かもしれません。

ダイワ(DAIWA) バスロッド ブラックレーベルLG 6101MLFB 釣り竿

ダイワ(DAIWA) バスロッド ブラックレーベルLG 6101MLFB 釣り竿

最安値価格
¥31,439(amazon)

Amazonへ ¥31,439

楽天市場へ 取扱なし

6101のMRBなら、もう少し重めのルアーも背負えるでしょうが、シャッドなどの軽めのハードプラグも操作したい人なら、こちらのMLブランクスのほうが楽しめるでしょう。

評価の高いブラックレーベルLGシリーズなら、さまざまな釣り場のシチュエーションに対応できます。

こちらのモデルは、全長が2.08mで、ロングキャストに向いています。

継数は2本ですが、グリップジョイント方式を採っています。

そのために仕舞寸法は182cmと長めで、自重は103gと軽めです。

先径/元径は、1.6/12.9mmと細めでよく曲がり込みやすい味付けになっています。

適合するルアーウエイトは、3.5gから21gまでです。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら6lbから14lbまでで、ブランクスのカーボン素材含有率は、98%です。

実際に手に取ってみると、じゅうぶんな張りがあるものの、しなやかに曲がり込む柔軟性を持ち合わせている印象です。

軽いルアーを、ブランクスの胴に乗せて、しっかりと前方へ押し出せるのではないでしょうか。

実売価格は3万円前後と、コスパ優秀な価格帯に収まっています。

ダイワ(DAIWA) バスロッド リベリオン 731MHFB 釣り竿

ダイワ(DAIWA) バスロッド リベリオン 731MHFB 釣り竿

最安値価格
¥20,120(楽天市場)

Amazonへ ¥21,021

楽天市場へ ¥20,120

Yahoo!へ 取扱なし

ダイワのリベリオンシリーズで、長めのブランクスに設計されているベイトロッドです。

バス釣りはもちろん、河口域におけるシーバスゲームやチニングゲームに、じゅうぶん転用できるでしょう。

全長は2.21mで継数は2本ですが、グリップジョイント方式を採用しています。

ですから仕舞寸法は、192cmと長めの設定になっています。

自重は120gと軽めなので、22タトゥーラTW80の軽量ウエイトとマッチするはず。

先径/元径は1.8/17.3mmと、やや太目に作られています。

適合するルアーウエイトは、7gから28gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら10lbから20lbまでです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99%です。

実際にフィールドで使ってみると、リフトパワーを体感できる張りが備わっていて、ロングキャストに向いている印象です。

硬過ぎる感じはせず、ルアーをぶら下げた際の負荷でじんわり曲がり、バックスイングで胴まで曲がり込みます。

そのまま前方へ押し出すようにしてキャストできるので、安定した飛距離を初心者の人も叩き出せるでしょう。

実売価格は2万円前後と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

22タトゥーラTW80の気になる発売日はいつ?

22タトゥーラTW80の気になる発売日は、2022年の3月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、全機種22,000円です。

ダイワオリジナルのTWSも搭載されているので、バックラッシュトラブルを恐れずに釣りを楽しめるでしょう。

バス釣りで活躍するのは当然として、シーバスゲームやチニングゲーム・ロックフィッシュゲームなどのソルトウォーターゲームにも、幅広く活用してみたいものです。

ベイトリールの関連記事はこちら

ベイトリール」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

タトゥーラ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング