リールのアップ写真

23紅牙でタイラバゲームを満喫したい!2023年新登場の高剛性+コンパクトなベイトリール

FISHING JAPAN 編集部

マダイをターゲットにボートデッキからのアプローチを楽しむのが、タイラバゲームです。

2023年には、ダイワから専用のベイトリールが新しく登場します。

その名は、23紅牙。

どのようなスペックが盛り込まれているのか、詳しくご紹介しましょう。

高い剛性が巻きの良さを実現しているとのこと、期待しかありません!

23紅牙とは

23紅牙とは、2023年にダイワからリリースされる、タイラバゲーム用ベイトリールのことです。

設定機種は合計で4種類で、ノーマルギア仕様とエクストラギア仕様に、それぞれ左・右巻きハンドルが用意されています。

ダイワの各種ベイトリールに採用されている、ハイパードライブデザインが、23紅牙にも搭載。

ハイパーアームドハウジングで、ボディフレームに金属素材=アルミニウム合金を用いています。

ギアが収まっているサイドプレートにもアルミニウム合金が使われているので、内部構造を高剛性・高精度でしっかりと支えることができ、精緻な巻き心地とパワーを発生されています。

デジギアやタフクラッチ、高耐久ドラグのATDが装着されているのも見逃せないでしょう。

また23紅牙のハンドルには、130mmのロングハンドルが装着されています。

巻き上げ性能にこだわった選択で、潮流の変化を的確にとらえる感度が得られます。

等速巻きもしやすく、ギア比アップに伴なう巻き重りを解消するのにも役立っています。

それでは、23紅牙の詳細スペックを取り上げてみましょう。

●23紅牙100

100番はノーマルギア仕様なので、ゆっくりと等速でアプローチするのに向いています。

ギア比は6.3対1ですから、ハンドル1回転につき63cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

ウエイトは205gしかないので、高剛性メタルボディにしては軽めでしょう。

これならボートデッキ上で、さまざまなテクニックを駆使しながらロッドワークをおこなえます。

最大ドラグ力は、5.5kgです。

ラインキャパは、PEラインなら0.8号を400mまで巻けます。

スプールの直径は32mmで、ボールベアリングは5個搭載しています。

●23紅牙100L

型式の末尾にLの付くモデルは、左巻きハンドル仕様です。

その他のスペックは、23紅牙100に準じています。

右利きのアングラーが利き腕でロッドワークを実践したいときなどに、左巻きハンドルが重宝するでしょう。

スヒニングリールを左巻きハンドルにしている人は、違和感なく使いこなせるはずです。

エクストラハイギア仕様もラインナップされている23紅牙!

●23紅牙100XH

ノーマルギア以外にこのエクストラハイギア仕様を選べるようになったのが、23紅牙の強みといえるかもしれません。

ギア比は8.1対1なので、ハンドル1回転につき81cmものラインを巻き取ることができるようになっています。

SLJスタイルでタイジギングゲームと併用するのにも、ベストマッチなギア比でしょう。

ウエイトは205gで、最大ドラグ力は5.5kg。

ラインキャパは、PEラインを使うなら0.8号を400m巻けます。

スプールの直径は32mmに設計されていて、ボールベアリングは5個搭載しています。

●23紅牙100XHL

こちらはエクストラハイギアの左巻きハンドル仕様で、右利きのアングラーが利き腕でロッドを操るのに便利でしょう。

当然左利きの人が、利き手でハンドルを回すのにも向いています。

同じPEラインを使いこなすSLJにも転用可能な23紅牙!

23紅牙の豊富なラインストック量は、深場に潜んでいるマダイを狙うのに好都合です。

特にボトムを丁寧に探り続けることになるドテラ流しでは、ラインの放出量が多くなります。

手元でアタリやちょっとした変化を感じるためにも、大量の細めPEラインは必需品。

上手く使いこなしながら、大型マダイをフッキングに持ち込みたいものです。

また最近流行りのSLJ=スーパーライトジギングとタイラバタックルとの相性が良く、23紅牙をそのままSLJに転用するのもアリではないでしょうか。

23紅牙を装着するのにおすすめのロッドを選んでみた!

23紅牙を装着してタイラバゲームを楽しむのに適している、おすすめのロッドをご紹介しましょう。

水深や潮の流れに合わせて、乗せ調子・掛け調子のロッドを使い分けるのが好釣果につながります。

硬めブランクスのほうが手元感度は上がりますが、オールラウンドに使いたいなら、全体的にしなやかに曲がり込むブランクスを手に取ってみましょう。

ダイワ(DAIWA) 紅牙AIR TYPE-N 510MB THRILL GAME・N

ダイワ(DAIWA) 紅牙AIR TYPE-N 510MB THRILL GAME・N

最安値価格
¥40,052(楽天市場)

Amazonへ ¥42,680

楽天市場へ ¥40,052

Yahoo!へ ¥40,441

ダイワからリリースされている、乗せ調子のショートレングスなベイトロッド。紅牙AIR TYPE-N 510MBです。

全長は1.78mしかないので、フレキシブルなロッドワークを実践しやすいでしょう。

2ピース仕様ですから、仕舞寸法は135cmになります。

先径/元径は1.1/7.9mmと細めで、適合するタイラバウエイトは、40gから250gまでです。

適合するラインは、PEラインなら0.5号から1.5号まで。

ブランクスのカーボン素材含有率は、96%になっています。

実際に手に取ってみると、ウエイトは92gしかないですから、とても取り回ししやすい印象を持ちました。

ブランクスは曲がりやすいので、船べりを叩いてしまわないように注意が必要でしょう。

ダイワのオリジナルガイド・AGSが、標準で装備されています。

これが軽さの要因のひとつになっていて、ライン絡みにくさも生み出しているのです。

実売価格は4万円前後と、ハイスペックならではの価格帯に収まっています。

6ft後半のロッドレングスがあれば、船べりを叩くトラブルは、かなり抑えられるかもしれません。

ダイワ(DAIWA) タイラバロッド 紅牙MX AP(エアポータブル) N69HB-METAL AP 釣り竿

ダイワ(DAIWA) タイラバロッド 紅牙MX AP(エアポータブル) N69HB-METAL AP 釣り竿

最安値価格
¥21,280(楽天市場)

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ ¥21,280

Yahoo!へ ¥24,090

紅牙MXシリーズのエアポータブル仕様で、Hパワーブランクスのベイトロッドを選んでみました。

全長は2.06mと長めで、2ピース仕様。

仕舞寸法は108cmにまで縮まりますから、クルマへの載せ込みや、航空機を用いた遠征釣行などに便利でしょう。

ウエイトは105gと軽めで、先径/元径は0.8/10.8mmと細め。

適合するタイラバウエイトは、40gから100gまで。

適合するPEラインは、0.6号から1.2号までとなっています。

ブランクスのカーボン素材含有率は、94%です。

実際に手に取って振ってみると、とても軽くて長さの割りに持ち重り感がない印象でした。

メタルトップ搭載で、100gまでのタイラバを操作するのに長けています。

グリップは、ダイワオリジナルのエアセンサーシートを採用。

とても手のひらに収まりやすく、快適にタイラバゲームを楽しめるでしょう。

実売価格は2万円台と、とても購入しやすい価格帯に収まっています。

持ち運びの便利さから考えても、1本持っておくのにベストマッチな1本といえそうです。

そのままSLJに転用して、軽めのメタルジグで青物などを食わせにかかりりましょう。

23紅牙の気になる発売日はいつ?

23紅牙の気になる発売日は、2023年の4月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、31,400円です。

タイラバゲームを基本からきっちり理解・習得したいなら、このベイトリールが大いに助けてくれるでしょう。

スプールに巻くラインが細めのPEラインになるので、フォール中のバックラッシュトラブルにはじゅうぶん注意してください。

マダイが食い付いてきたら、しっかりフッキング。

慌てずに船長さんやガイドスタッフさんの指示にしたがって、無事ランディングまで持ち込むようにしましょう。

2023年新製品関連記事はこちら

ベイトリール」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

紅牙」カテゴリの人気記事

DAILYランキング