ロッドのアップ写真

シルバーウルフは2023年ダイワからリリースのチニングゲーム専用ロッド!

FISHING JAPAN 編集部

河川の河口域を中心に、さまざまなソルトシーンで盛んにおこなわれるようになった、チニングゲーム。

2023年ダイワからリリースの専用ロッド・シルバーウルフシリーズがあれば、効率よくチヌを獲ることができるでしょう。

その特徴や使い方、マッチしそうなおすすめのベイトリールスピニングリールをご紹介します。

シルバーウルフとは

シルバーウルフとは、2023年ダイワから新発売される、チニングゲーム専用のロッドのことです。

全部で4機種用意されていて、ベイトモデル2本+スピニングモデル2本から選べるようになっています。

バス釣りからチヌ釣りへシフトした人なら、ベイトタックルに慣れているケースが多いですが、初めて触れる人にはハードルが高く感じてしまうもの。

そこでシルバーウルフシリーズでは、ベイトモデルを2機種ラインナップして、扱いやすいほうを見い出すことができます。

ロッドティップは、チヌのバイトを弾きにくいソリッド仕様に。

でも極端に柔らかいものではなく、どちらかといえば硬めの調子。

これはダイワのチニングゲーム用ロッドに一貫している考え方で、高い操作性をキープするための工夫といえるでしょう。

実際にチューブラーのロッドティップでチヌを狙うと、バイトを弾いてしまい、フッキングに持ち込みにくいことが分かります。

ロッドティップに張りがあり過ぎて、例えばフリーリグを操っていてもボトムから離れやすくなっているからでしょう。

そこでシルバーウルフシリーズでは、操作を安定させてバイトを積極的に拾っていくために、柔らか過ぎないソリッドティップ=メガトップを使っているのです。

ブランクスは、ダイワオリジナルのHVFカーボン、2ピース仕様なのでV-ジョイントでつないで、スムーズな曲がりを実現しています。

チニングゲームをおかっぱりやボートから実践した経験がありますが、ロッドの調子がマッチしないと、釣果が全く伸びません。

今のようにチニングゲーム専用ロッドが無い時代には、バス釣り用のロッドを代用で使っていました。

ほとんどがチューブラーのロッドティップだったので、チヌを弾いてしまう展開に辟易としたものです。

ダイワのソリッドティップ・メガトップなら、微細なバイトも手元で判断しやすいですし、上手くフックアップに持ち込めるでしょう。

またシルバーウルフシリーズのガイドには、糸絡みしにくいKガイドの小径モデルを採用しています。

それを多点配置しているので、パワーや感度のロスを抑えています。

ボトムの地形変化はもちろん、水流・ルアーアクション・チヌのバイトをよりダイレクトに感じることができるでしょう。

シルバーウルフのスピニングタイプをチェック!

シルバーウルフシリーズのラインナップを、個別にチェックしてみましょう。

まずは、スピニングタイプから。

●シルバーウルフ・73LML-S・W

全長2.21mで仕舞寸法は114cm、ウエイトは85gと軽めのスピニングロッドです。

先径/元径は1.1/10.4mmと細めで、適合するルアーウエイトは3gから14g。

適合するラインは、モノフィラメントライン4lbから10lb、PEラインなら0.4号から1.0号になっています。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99%です。

しなやかなロッドティップは、よりフィネスな展開を実践するのに向いているでしょう。

●シルバーウルフ・76ML-S・W

全長2.29mで仕舞寸法は118cm、ウエイトは93gのスピニングロッドです。

先径/元径は1.4/10.8mmで、適合するルアーウエイトは4gから18gまで。

トップウォーターのペンシルやポッパーを、ロングキャストするのに向いているでしょう。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら4lbから12lbまで。

PEラインなら、0.4号から1.0号まで使えます。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99%です。

シルバーウルフのベイトタイプでチヌとのやり取りをダイレクトに楽しみたい!

シルバーウルフシリーズから注目のベイトタイプとして2機種がラインナップされています。

●シルバーウルフ・76MLB-S・W

こちらは型式に'B'が含まれており、これがベイトモデルを意味します。

全長は2.29m、折り畳み時のサイズは118cm、そして重さは100gです。

先径/元径は1.4/12.9mmで、使用できるルアーウエイトは4gから18gまで。

特に小型のルアープラグが主体となり、ボートからの釣りにも役立ちます。

適応するラインはモノフィラメントラインの場合は4lbから12lbまで、またPEラインの場合は0.4号から1.0号まで対応しています。

ブランクスはカーボン素材が99%含まれております。

●シルバーウルフ・83MB-S・W

シリーズの中で最も長いロッドになります。

全長は2.51m、折り畳み時のサイズは129cm、重さは110gとなります。

先径/元径は1.5/12.9mmと少し太く、使用できるルアーウエイトは5gから21gまで。

適応するラインはモノフィラメントラインの場合は4lbから14lbまで、PEラインの場合は0.4号から1.5号までとなっております。

ブランクスは99%カーボン素材で構成されています。

特に広大な河口などでロングキャストが必要な際に、最適なベイトロッドと言えるでしょう。

シルバーウルフシリーズに装着したいおすすめリールを選んでみた!

シルバーウルフシリーズに装着してチニングゲームを楽しみたくなる、おすすめのリールをご紹介しましょう。

まずは、スピニングリールから。

2500番以上のサイズがあれば、ラインのストック量はじゅうぶん足りるでしょう。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 20 ルビアス LT2500-XH(2020モデル)

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 20 ルビアス LT2500-XH(2020モデル)

最安値価格
¥22,107(amazon)

Amazonへ ¥22,107

楽天市場へ ¥24,430

Yahoo!へ ¥24,217

ダイワからリリースされているルビアスシリーズの中から、2500番のエクストラハイギアモデルを選んでみました。

ギア比は6.2対1なので、ハンドル1回転につき87cmのラインを回収することが可能です。

175gという軽めのウエイトで、最大ドラグ力は10.0kgもあります。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら8lbを100m、PEラインなら1.0号を190m巻けます。

ハンドルの長さは55mmで、ボールベアリングは9個搭載しています。

実売価格は2万円台と、コスパ優秀な価格帯に設定されています。

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 22 タトゥーラ TW 80XHL(2022モデル)

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 22 タトゥーラ TW 80XHL(2022モデル)

最安値価格
¥15,488(Yahoo!)

Amazonへ ¥16,565

楽天市場へ ¥16,951

Yahoo!へ ¥15,488

人気のタトゥーラTWシリーズの中から、80番サイズのエクストラハイギアモデルを選んでみました。

ギア比は8.1対1なので、ハンドル1巻きにつき81cmのラインを巻き取れるように作られています。

最大ドラグ力は4.5kgで、ウエイトは180gと軽め。

スプール寸法は、直径が32mmで幅が21mm。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら12lbを100m巻けます。

ハンドルの長さは85mmで、ボールベアリングは7個搭載しています。

実売価格は1万円台と、とても低価格な設定に収まっています。

シルバーウルフの気になる発売日はいつ?

シルバーウルフの発売を予定している日時は、2023年5月となっています。

メーカーの推奨販売価格は、22,500円から23,500円の範囲です。

ベイトモデルを使用すると、ラインをほとんど使わずに操作が可能になります。

チヌのバイトを感じるとフッキング作業に移行し、そのまま着水を迎える状況になります。

スピーディでエキサイティングな釣り体験を味わえるため、ぜひこの仕組みをマスターしてみてください。

牡蠣の殻等が多く存在するエリアでは、太いモノフィラメントラインまたは太いショックリーダーラインの使用をお勧めします。

2023年新製品関連記事はこちら

チニング」カテゴリの人気記事

ロッド」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング