ロッドのアップ写真

ショアジギングXは2022年ダイワから新登場のショアジギング用エントリーロッド!

FISHING JAPAN 編集部

サーフや防波堤からメタルジグをロングキャスト、大型の青物などをターゲットにするのが、ショアジギングゲームです。

2022年にはダイワから新しい専用ロッド・ショアジギングXシリーズがリリースの予定。

いったいどんなスペックに仕上がっているのか、詳しくチェックしてみましょう。

ショアジギングXってどんなロッドなの?

ショアジギングXとは、2022年ダイワから新発売される、ショアジギングゲーム専用のロッドシリーズのことです。

全部で4種類用意されていて、メタルジグのウエイト別に使い分けられるようになっています。

長さは、取り回しやすい9.6ftをベースにして、10ftタイプもラインナップされていますから、自分の目指す釣りスタイルに合わせて選んでみましょう。

ショアジギングXのブランクスに注目です。

バット部分には、ダイワオリジナルのブレーディングXが施されています。

ブランクスの手元に近い部分=バットセクションの最外層に、X状のカーボンテープを配置。

これでしっかりと締め上げているので、ロッドを操作する際のネジレを抑えてくれます。

ロッドのネジレはパワーロスに直結しますから、何としてでも発生させたくないもの。

ブレーディングXなら、細いブランクスでも高い強度を確保できますし、持ち重り感を低減して操作性をアップすることにもつながります。

実際にブレーディングX採用のロッドを使っていますが、キャストの際に振り切った後の、ブレの収束感はバツグン。

当然ネジレも抑えてくれているので、次の操作へ移るのが、とてもスムーズにおこなえます。

フッキングの際にも、しっかりとバット部分が支えてくれているのを体感できますから、その効果はなくてはならないものに感じるでしょう。

それではショアジギングXのラインナップを、個々にピックアップしてみます。

●ショアジギングX・96M

全長は2.90mで2ピース仕様ですから、仕舞寸法は150cmになります。

ウエイトは275gとガッチリしていて、先径/元径は2.0/14.4mmです。

適合するルアーのウエイトは、10gから50gまで。

メタルジグなら、15gから60gまでキャストすることができるようになっています。

ライトショアジギングをベースにして、ゲームを展開しやすい味つけといえるでしょう。

適合するPEラインは、1号から2号まで。

ブランクスのカーボン素材含有率は、95%です。

イナダ=ハマチやサバ・サゴシ・カツオ・タチウオなどをターゲットに、キャスティングを繰り返してみましょう。

ショアジギングXの各種ラインナップをチェック!

●ショアジギングX・96MH

全長は2.90mで2ピース仕様なので、仕舞寸法は150cmです。

ウエイトは280gで、先径/元径は2.2/15.9mmとやや太目です。

適合するルアーのウエイトは、15gから65gまで。

メタルジグを結べば、20gから80gまで背負える強さを保持しています。

ショアジギングゲームのど真ん中、重めのメタルジグを遠くへ飛ばすことを実践しやすいモデルでしょう。

適合するPEラインは、1.5号から3号まで。

ブランクスのカーボン素材含有率は、95%です。

●ショアジギングX・100MH

シリーズ中最長の3.05mで2ピース仕様、仕舞寸法は157cmになります。

ウエイトは290gで、先径/元径は2.2/15.9mmとやや太目です。

適合するルアーのウエイトは、15gから65gになっています。

メタルジグなら、20gから80gまでキャスト可能です。

ショアジギングゲームでロングキャストを優先したいなら、重めのメタルジグを背負ってこの機種を振り切ってみましょう。

適合するPEラインは、1.5号から3号まで。

ブランクスのカーボン素材含有率は、94%です。

ショアジギングXで最もパワフルに設定されている96H!

●ショアジギングX・96H

全長は2.90mで2ピース仕様なので、仕舞寸法は150cmに設計されています。

ウエイトは292gで、先径/元径は2.4/17.9と最も太くなっています。

適合するルアーのウエイトは、20gから80gまで。

メタルジグなら、30gから100gまでを使いこなせます。

パワフルなブランクスを持っていて、水深のあるところや流れの速いポイントで、重いメタルジグを操るのに向いています。

適合するPEラインは、2号から4号まで。

ブランクスのカーボン素材含有率は、93%です。

ショアジギングXに装着して使ってみたいおすすめのリールをピックアップ!

ショアジギングXに装着してキャスティングをおこなうのに適した、おすすめのリールを取り上げてみましょう。

4000番以上のサイズのスピニングリールなら、ラインキャパも剛性・耐久性もちょうどマッチします。

青物の強い引きに耐えながら優位にやり取りを進めたいなら、より頑丈なモデルを選びたいものです。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 19 セルテート LT5000D-CXH (2019モデル)

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 19 セルテート LT5000D-CXH (2019モデル)

最安値価格
¥39,605(amazon)

Amazonへ ¥39,605

楽天市場へ ¥41,926

Yahoo!へ 取扱なし

セルテートシリーズの5000番モデル、エクストラハイギアなので手返しも良好です。

最新モデルとしてセルテートSWシリーズがリリースになりましたが、こちらのモデルもショアジギングをじゅうぶんに楽しめる仕様になっています。

ギア比は6.2対1なので、ハンドル1回転につき105cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

自重は250gと軽めで、最大ドラグ力は12kgもありますから、青物の強い引きにも耐えられるでしょう。

ラインキャパは、PEラインなら2.5号を300m巻けます。

ボールベアリングは10個搭載されていて、スプール径は54mmです。

実際に手に取ってみると、剛性感が伝わってくる精巧な作り込みで、安心感のある雰囲気が心強いです。

青物を掛けたとき、ドラグのレスポンスが良好で、カンタンにラインブレイクされない状態を維持しやすく感じます。

ハンドルノブは握り込みやすく、強引に巻いて引き寄せる釣り方にもシフトしやすいでしょう。

実売価格は4万円前後と、ハイスペックに見合った価格帯に設定されています。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 18 ブラスト LT5000D-CXH (2018モデル)

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 18 ブラスト LT5000D-CXH (2018モデル)

最安値価格
¥20,155(amazon)

Amazonへ ¥20,155

楽天市場へ ¥23,685

Yahoo!へ 取扱なし

比較的価格の安い5000番モデルなので、ショアジギングゲーム用のエントリーモデルとしておすすめです。

剛性・耐久性も備わっているので、豪快な釣りを楽しめるでしょう。

ギア比は6.2対1ですから、ハンドル1巻きにつき105cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

自重は285gで、最大ドラグ力は12kgに設定されています。

ラインキャパは、PEラインの3号なら210m巻けます。

ボールベアリングは、6個搭載しています。

実際にフィールドで使ってみると、メタルジグをロングキャストしやすく、スプールからのライン放出はスムーズな印象です。

60cm前後の青物なら、ドラグを駆使して水面まで浮き上がらせるのに、さほど時間はかからないでしょう。

ドラグレスポンスも良く、安定感のあるライン放出を維持してくれます。

実売価格は2万円台と、とても低価格に収まっているのが特徴です。

ラインローラー部分の洗浄は、釣行後に必ずおこなっておきましょう。

ショアジギングXの気になる発売日はいつ?

ショアジギングXの気になる発売日は、2022年の5月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、13,200円から14,400円です。

ショアジギングゲームで狙える魚種はかなり豊富なので、釣りの面白味を存分に満喫できるでしょう。

サーフや防波堤などでロッドを振ることになるので、自分の周囲に他のアングラーがいないか必ず確認してください。

2022年モデルの関連記事はこちら

ショアジギング」カテゴリの人気記事

ロッド」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング