リールのアップ写真

22バンタムはどこが変わったの?2022年フルモデルチェンジの150番サイズベイトリール

FISHING JAPAN 編集部

質実剛健なイメージで、太いラインを使いこなせるロープロファイル系ベイトリールといえば、シマノのバンタムシリーズが挙げられるでしょう。

2022年には新しいモデル・22バンタムが登場します。

その詳細スペックについて、こちらでご紹介しましょう。

22バンタムってどんなベイトリールなの?

22バンタムとは、2022年シマノからリリースされる、ロープロファイル系のベイトリールのことです。

とても姿勢が低いので、ロッドに装着した際に手のひらで包み込みやすく、キャスティングやフッキングも決まりやすくなっています。

設定機種は、全部で6種類用意されています。

ギア比が、6.2対1・7.1対1・8.1対1から選べるようになっていて、自分の釣りスタイルにマッチしやすいでしょう。

ウエイトは、215g・220g・225gで、ギア比が上がっていく順にウエイトも増します。

ボールベアリングは、8個搭載しています。

22バンタムの特徴としてまず挙げたいのは、新しいスプールを採用しているところ。

マグナムライトスプールⅢで、直径がなんと35mmに拡大されています。

スプール幅は、ナローなままの19mmです。

徹底した低慣性スペックなので、ロングキャストはもちろん、低い弾道でルアーをポイントまで届けることができるでしょう。

このスプールのラインキャパは、モノフィラメントラインなら16lbを100メートル巻ける、150番サイズです。

太いラインで濃いカバーやストラクチャーに接触させながら、大型魚を誘い出すアプローチをするのに向いています。

それからカルカッタコンクエストシリーズに搭載されて有名になったインフィニティドライブも、ロープロファイル系ベイトリール初の採用となります。

インフィニティドライブとは、ピニオンギアの内側からスプールの軸で支える構造のこと。

ギア部分の回転時の抵抗を大幅に抑えて、軽くダイレクトな巻き心地を実現しています。

加えて高い強度も発生するので、コアソリッドボディの剛性と合わせて、より強いベイトリールに仕上がっているのです。

コアソリッドボディによる高剛性が魅力の22バンタム!

22バンタムには既存モデルから受け継がれた、コアソリッドボディが採用されています。

従来のベイトリールにおけるフレームには、別体でレベルワインドプロテクターとサイドプレートを装着してひとつのボディを構成していました。

それを金属で一体成型したものが、コアソリッドボディです。

継目が無いことで高い剛性が得られますし、コンパクトなボディボリュームに仕上げられています。

強靭なボディになったことで、大型魚とのやり取りをアングラーが優位な立場で展開できますし、安定した巻き心地が続きます。

ボディフレームに撓(たわ)みが生じにくいことで、良い巻き心地が維持され、釣りをぞんぶんに楽しめるでしょう。

キャストが楽しくなる遠心ブレーキシステム・SVSインフィニティ!

22バンタムのブレーキシステムには、SVSインフィニティが搭載されています。

ブレーキシューが4個から6個に増えて、より細やかなブレーキセッティングが可能になりました。

低弾道でスムーズに伸びるキャストを、早くフィールドで体感したいものです。

またレベルワインドのラインガイドをやや前方へ寄せているので、ライン放出時の抵抗が軽減されて、伸びやかなキャストフィールに変わっているとのこと。

自然とキャストの回数が増えて、釣りが楽しくなるのは間違いないでしょう。

22バンタムのデモンストレーション動画はこちら

既存モデルのバンタムシリーズからヘビーユースしていますが、今回の新しい22バンタムは、より扱いやすくなった印象が強いです。

巻き心地が軽快になることで、手返しが向上するのは間違いなく、その先に確固たる要望が見えてきそうな気がします。

それは、バンタムシリーズに丸型ベイトリール・カルカッタコンクエストのようなサイズ展開を設けること。

22バンタムが16lbラインを100m巻ける150番サイズなら、200番や300番、もっと大きな400番があっても面白いのではないでしょうか。

ロープロファイル系ベイトリールにそういった選択肢を用意してくれれば、ユーザーの満足度は大いに膨れ上がります。

初期のバンタムシリーズはサイズ展開されていたので、その復活を期待したいところです。

22バンタムを装着して使ってみたいおすすめのロッドを選んでみた!

22バンタムを装着してキャストを楽しみたい、おすすめのロッドを取り上げてみましょう。

しっかり振り抜いてロングキャストを実践できるものが、上手く合いそうです。

クランクベイトやスピナーベイト・ミノー・ジャークベイトなど、さまざまなルアーをキャストするつもりなら、あまり硬くないブランクスのほうが扱いやすいでしょう。

シマノ(SHIMANO) バーサタイルロッド ワールドシャウラ ベイト トリガー交換モデル(Xシートタイプ) 1702R-2 マルチパーパス ロングスペシャル ロングレングス

シマノ(SHIMANO) バーサタイルロッド ワールドシャウラ ベイト トリガー交換モデル(Xシートタイプ) 1702R-2 マルチパーパス ロングスペシャル ロングレングス

最安値価格
¥69,593(楽天市場)

Amazonへ ¥70,168

楽天市場へ ¥69,593

Yahoo!へ 取扱なし

シマノからリリースされている、ワールドシャウラシリーズのベイトロッドです。

全長は2.13mとやや長めなので、軽く振るだけでしっかりと飛距離を伸ばすことができるでしょう。

仕舞寸法は130.0cmですから、航空機を利用した遠征釣行などにも活用しやすいです。

先径は1.8mmで、適合するルアーウェイトは7gから28gまで。

適合するジグウェイトは、最大で160gまでです。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら12lbから25lbまで。

PEラインなら、最大で2.0号となります。

実際に手に取って使ってみると、パワーはあるものの柔軟に曲がってくれるブランクスのイメージです。

ブレの収まりが早めで、フッキングパワーもしっかり伝わる感触が素晴らしいです。

実売価格は5万円台と、ハイスペックに見合った価格帯に設定されています。

シマノ(SHIMANO) バスロッド 20 ゾディアス バーサタイル ベイト グリップジョイント 172MH パワー 遠投 ビッグレイク オカッパリ

シマノ(SHIMANO) バスロッド 20 ゾディアス バーサタイル ベイト グリップジョイント 172MH パワー 遠投 ビッグレイク オカッパリ

最安値価格
¥13,300(楽天市場)

Amazonへ ¥15,477

楽天市場へ ¥13,300

Yahoo!へ ¥13,810

コスパ優秀なロッドとして人気の高いゾディアスシリーズの、ロングキャストアプローチに適したモデルです。

全長は2.18mで継数は2本ですが、グリップジョイント方式を採用しています。

仕舞寸法はその分長く、185.6cmです。

自重は122gと軽めなので、バス釣り・シーバスゲーム・チヌゲームなどに幅広く使えるでしょう。

先径は2.1mmと太目で、適合するルアーウェイトは10gから30gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら10lbから20lbまでです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、100.0%です。

実際に手にしてみると、グリップ周りが細身で握りやすく、グリップ力がロスしてしまう印象はありません。

キャストフィールも軽快で、飛距離をしっかり伸ばしたいならおすすめの1本といえるでしょう。

実売価格は1万円台と、とても低価格に収まっています。

PEラインとの相性も良く、ガイド足に絡まってしまうトラブルは、ほぼ皆無でした。

フルキャストして沖合いの地形変化やナブラなどを、的確にとらえたいものです。

22バンタムの気になる発売日はいつ?

22バンタムの気になる発売日は、2022年の5月を予定しています。

各ギア比の左巻きハンドルモデルは、2022年の7月販売の予定です。

メーカー希望販売価格は、40,950です。

ロープロファイル系ベイトリールで、丸型ベイトリール並みの滑らかな巻き心地を体感できるなら、ロングキャスト+ただ巻きリトリーブを駆使しながら、多くの魚を振り向かせることが可能になります。

この22バンタムでさまざまな釣り方をマスターし、ビッグサイズの魚を手にしてみましょう。

強引なやり取りにも、安定感を持って対応できるでしょう。

ベイトリールの関連記事はこちら

ベイトリール」カテゴリの人気記事

シマノ」カテゴリの人気記事

バンタム」カテゴリの人気記事

DAILYランキング