ルアーのアップ写真

バンタム ワールドクランク73Fフラッシュブーストに2023年新カラー登場!

FISHING JAPAN 編集部

ブレイクラインや岬など、地形変化の伴なうボトムには、バスが定着しやすくなっています。

そんなポイントを効果的に叩けるのが、シマノから発売中のバンタム ワールドクランク73Fフラッシュブースト。

2023年には、新しいカラーバリエーションが追加ラインナップされる予定。

その特徴や使い方について、じっくり深掘りしてみましょう。

バンタム ワールドクランク73Fフラッシュブーストとは

バンタム ワールドクランク73Fフラッシュブーストとは、シマノから発売中のバス釣り用クランクベイトのことです。

サイズは、全長が73mmで、ウエイトが17g。

潜行深度は、最大で4mまで潜れるようになっています。

フックは、お腹側と最後尾に5番サイズのトレブルフックが標準装備されています。

リップの形状が、かなり前方に突き出していて、先端はラウンド=丸型に。

もし沈んでいるカバーなどに接触すると、ラウンドリップは真上にボディを跳ね上げるのではなく、そのカバーに沿うようにかわそうとします。

つまり、カバーから離れずにタイトにトレースできるので、カバーに付いているバスに気づかれやすく、バイトも期待できるでしょう。

ボディ全体がスリムなので、強いウォブリングではなく、ローリングを交えた複合アクションを発生。

それを下支えしているのも、長めのラウンドリップということになります。

過去にはラパラのシャッドラップや、バグリーのDB3に採用されていたので、クランクベイトを使い込んでいるアングラーにとって、馴染みの深いリップ形状です。

操作しやすく、カバーやボトムの地形変化に接触しても、それが何か判断しやすいかもしれません。

そのままスタックしてしまうトラブルを防げますし、バスからのバイトも判断できてしまうのではないでしょうか。

実際にフィールドでバンタム ワールドクランク73Fフラッシュブーストをキャストしてみると、とても飛距離が伸びることが分かります。

シマノオリジナルの重心移動システム・ジェッドブーストによるおかげでしょうが、ラウンドリップの突き出し角度が、絶妙に空気抵抗を抑えているようにも感じます。

飛行中にボディが回転しにくいのがその証しで、連続してキャストを繰り返していると、トラブルの少なさが際立っていることで分かります。

とても扱いやすくて、手返しの良さが好釣果に直結しているのが、このクランクベイトの強みではないでしょうか。

バンタム ワールドクランク73Fフラッシュブーストの水中アクションをとらえた動画はこちら

バンタム ワールドクランク73Fフラッシュブーストの実釣インプレ!

バンタム ワールドクランク73Fフラッシュブーストの既存カラーモデルを携えて、平地の野池でキャストをおこなってみました。

ブレイクラインに絡めるつもりで、ショアから沖合いに向けてロングキャスト。

横風が吹いているシチュエーションでしたが、イメージ以上に飛距離が伸びることに驚かされました。

着水してリトリーブを開始、急速潜行して水深3m程度まで届いたタイミングで、リップにコツコツと石のような硬いものが当たります。

そのコツコツが終わった瞬間、宙に浮いたような感触に。

これは一瞬でラインテンションがたるんだ証拠で、リトリーブ中にたるむとすれば、バスの突き上げバイトの可能性が高くなります。

リールハンドルを急いで回してテンションを張り、張り詰めたのを確認してからフッキング。

前後どちらのトレブルフックも、バスのアゴをしっかり貫通していました。

それ以降は、コツコツを感じたらリールハンドルを回すのを止めて、ルアーをその場で浮かせるようにしました。

バイトの数は一気に増え、ショートバイトでもランティングに持ち込めたのが嬉しいです。

全部で2種類のカラーバリエーションが追加ラインナップ!

バンタム ワールドクランク73Fフラッシュブーストには、2023年に2種類の新しいカラーバリエーションが追加ラインナップされます。

●015 Sオイカワカラー

●016 Sレモンゴールドカラー

どちらもリアルな配色に仕上がっていて、小型の淡水ベイトフィッシュを彷彿とさせます。

シマノオリジナルのフラッシュブーストやスケールブーストが搭載されていますから、迷わずバイトしてくれるでしょう。

バンタム ワールドクランク73Fフラッシュブーストを操作するのにおすすめのタックルを選んでみた!

バンタム ワールドクランク73Fフラッシュブーストをロングキャストしてリトリーブをおこなうのに向いている、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

ロッドは、長いブランクスでMパワーを超えるベイトロッドが、ベストマッチします。

リールは、14lb前後のモノフィラメントラインを大量に巻けるベイトリールがいいでしょう。

シマノ(SHIMANO) ルアー竿 バス釣り 22 エクスプライド 170M-G

シマノ(SHIMANO) ルアー竿 バス釣り 22 エクスプライド 170M-G

最安値価格
¥21,950(楽天市場)

Amazonへ ¥22,950

楽天市場へ ¥21,950

Yahoo!へ ¥21,950

シマノのバス釣り用ロッド・エクスプライドシリーズの中から、7.0ftのMパワーブランクスベイトロッドを選んでみました。

全長は2.13mで、継数は2本。

仕舞寸法は、179.8cmと長めになっています。

ウエイトは122gで、先径は2.3mm。

適合するルアーウェイトは、7gから30gまでです。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら8lbから16lbまで、PEラインなら最大で3.0号まで対応可能です。

グリップの長さは265mmで、ブランクスのカーボン素材含有率は69.4%になっています。

実際に手に取って振ってみると、グラス素材がコンポジットされているせいか、とてもしなやかに曲がり込んでくれます。

これならバスのショートバイトを、しっかりフックアップに持ち込めるでしょう。

リトリーブを止めなくても、上手くカバーを越えてくれるケースも出てくるかもしれません。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

ロングキャストを実施しながら、さまざまなカバーやボトムの地形変化をとらえて、バスの居場所を見つけ出したいものです。

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 22 バンタム RIGHT

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 22 バンタム RIGHT

最安値価格
¥26,878(amazon)

Amazonへ ¥26,878

楽天市場へ ¥30,239

シマノからリリースされているベイトリール・バンタムシリーズの中から、ノーマルギア仕様をピックアップしてみました。

ギア比は6.2対1なので、ハンドル1回転につき68cmのラインを回収することができます。

基本的にゆっくりとリトリーブするのに向いていて、ラインテンションのたるみを見ながらバスのバイトを判断することも可能です。

最大ドラグ力は5.0kgで、スプールの直径は35mm、幅は19mm。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら14lbを110m巻くことができます。

ウエイトは215gで、ハンドルの長さは42mm。

ボールベアリングは、8個搭載しています。

実際に手に取ってみると、とても姿勢が低いのに気づかされます。

手のひらで包み込みやすく、ロッドワークがしやすかったり、フッキング時にチカラを入れやすかったりと、メリットを多く感じます。

実売価格は2万円台と、購入を検討しやすい価格帯に収まっています。

バンタム ワールドクランク73Fフラッシュブースト追加カラーの気になる発売日はいつ?

バンタム ワールドクランク73Fフラッシュブースト追加カラーの気になる発売日は、2023年の4月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、2,150円です。

釣り当日のバスは、活性が高かったり低かったりします。

時間帯によっても活性は移り変わるので、まずはクランクベイトでひと当たりして、反応してくるかどうか確認してみましょう。

お腹側のフックな掛かるようなら、積極的にルアーを追う活性を持ち合わせていると考えていいのではないでしょうか。

2023年新製品関連記事はこちら

バス釣り」カテゴリの人気記事

シマノ」カテゴリの人気記事

バンタム」カテゴリの人気記事

DAILYランキング