リールのアップ写真

22アルデバランBFSで低弾道キャストをマスターしたい!2022年シマノの新ベイトフィネスリール

FISHING JAPAN 編集部

ベイトフィネスリールなら、ウエイト2gの軽量ルアーやリグでも、正確なキャストを実践することができます。

2022年にシマノからリリースされる新しいベイトフィネスリール、22アルデバランBFS。

その豊富なスペックについて、詳しくご紹介しましょう。

22アルデバランBFSとは

22アルデバランBFSとは、2022年シマノから新発売となる、コンパクトなベイトフィネスリールのことです。

軽量なルアーを、より低い弾道で狙ったポイントに撃ち込める性能を保持しています。

設定機種は、4種類用意されています。

HGモデルとXGモデルで、左右2つのハンドル仕様から選択可能です。

HGモデルは、ギア比7.8対1で、ハンドル1巻きにつき71cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

最大ドラグ力は、3.5gです。

ウエイトは、たったの130gしかありません。

これなら長い時間キャストを続けても、手首やヒジなどに疲れを感じてしまうことにはならないでしょう。

スプールの直径は29mmで、幅は19mm。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら8lbを45m巻けます。

伸びのほとんど無いフロロカーボンラインを巻くことを、おすすめします。

ハンドルの長さは40mmで、ボールベアリングは10個搭載しています。

XGモデルは、ギア比8.9対1になっていて、ハンドル1巻きで81cmのラインを巻き取れます。

ギア比以外のスペックは、HGモデルと同じと考えてください。

注目すべきは、スプール径でしょうか。

29mmというのは、ダイワのベイトフィネスリールと比較しても、ほぼ同等に小さなものです。

軽量ルアーがラインをスプールから引っ張り出すチカラは、極めて弱いですから、レスポンスよく回り出そうと考えたら、やはり29mmほどの直径が導き出されるのでしょうか。

例えば、渓流域で軽めのミノーやスプーンなどをキャストする際に、2gほどのウエイトが扱えると、釣り幅が一気に広がります。

食わせの要素を膨らませつつ、スピニングタックルよりも太いラインを用いて、カバーやストラクチャー周りにアプローチできるからです。

ラインが擦れてもランディングに持ち込める確率がアップしますから、22アルデバランBFSを投入したくなるシチュエーションは、かなり多くなるでしょう。

新しいFTBを搭載した22アルデバランBFS!

22アルデバランBFSには、新しいブレーキシステムが搭載されています。

これまでのマグネットブレーキシステム・FTBから、ブレーキユニットの可動範囲が大きくなっています。

それにより幅広いブレーキセッティングを実施することができるようになりました。

磁性リングを引き込める構造で、スプールとの距離に距離を持たせ、磁力の影響を限りなくゼロに近づけることが可能です。

例えば、2g程度の軽量ルアーをキャストするとして、低弾道のフリップキャストで投げることができるようになります。

渓流域などで、至近距離からのアプローチをどんどん増やせるでしょう。

マグナムライトスプールⅢの採用で低弾道キャストが可能になった22アルデバランBFS!

22アルデバランBFSには、マグナムライトスプールⅢを搭載しています。

ベイトフィネスリールとして、初めての採用となります。

その特徴は、軽めのチカラで軽やかにスプール回転が立ち上がること。

サイドハンドやアンダーハンドでキャストスイングすると、低弾道でルアーを飛ばせるでしょう。

しっかりと伸びていくことで、オーバーハングの奥の奥までルアーを送り込めますし、低弾道からの着水は、静かな着水音で魚を驚かさない効果も得られるはず。

好釣果につながる要素として、マグナムライトスプールⅢはベイトフィネスリールには欠かせないでしょう。

22アルデバランBFSを分かりやすく解説している動画はこちら

22アルデバランBFSには、既存モデルの16アルデバランBFSを超えたスペックが豊富に搭載されています。

例えば、ブレーキの設定。

既存モデルを使ってみて感じていたのは、ブレーキダイヤルを1以下にしても、若干ブレーキ力が残っていて、キャストしたルアーが失速していました。

もっと低弾道で、もっと遠くまで届けばいいのに!と悔しい思いを持っていたユーザーは、少なくはないでしょう。

それを解消するために、わざわざラインの巻く量を減らして、スプール回転を維持していたというケースも。

22アルデバランBFSなら、ブレーキシステムの改良と、低慣性マグナムライトスプールⅢのおかげで、伸びのある快適なキャストを楽しめそうです。

22アルデバランBFSとマッチしそうなおすすめのロッドを選んでみた!

22アルデバランBFSを装着して扱いやすそうな、おすすめのベイトフィネスロッドを取り上げてみましょう。

軽めのブランクスのほうが、22アルデバランBFSの軽量ウエイトを活かせます。

移動距離を抑えた微細アクションを、丁寧なロッドワークで伝えられるようになりたいものです。

シマノ(SHIMANO) バスロッド 19 スコーピオン ベイトキャスティングモデル ワン&ハーフ2ピース 1631FF-2 ベイトフィネス ライトジグヘッド 小型プラグ

シマノ(SHIMANO) バスロッド 19 スコーピオン ベイトキャスティングモデル ワン&ハーフ2ピース 1631FF-2 ベイトフィネス ライトジグヘッド 小型プラグ

最安値価格
¥28,010(amazon)

Amazonへ ¥28,010

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ 取扱なし

スコーピオンシリーズにラインナップされている、やや短めブランクスのベイトフィネスロッドです。

全長は1.91mで、継数は2本。

仕舞寸法は130.0cmなので、公共交通機関や航空機を利用した遠征などに便利でしょう。

自重は115gとやや軽めで、先径は1.6mmと細め。

適合するルアーウェイトは4gから16gで、適合するラインは8lbから14lbまで。

ブランクスのカーボン素材含有率は、98.7%です。

実際に手に取ってみると、しっかりと張りがあって、ロッドティップのみ極端に曲がり込みやすい印象です。

細やかなロッドワークを繰り出して、軽量ルアーにアクションを付けやすいでしょう。

実売価格は2万円前後と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

ブランクスにじゅうぶんな張りがあるので、カバーの中から魚を引きずり出すのにも困らなくて済むでしょう。

シマノ(SHIMANO) バスロッド 20 ゾディアス ベイトフィネス 2ピース 168L-BFS/2 繊細な操作性に遠投性能

シマノ(SHIMANO) バスロッド 20 ゾディアス ベイトフィネス 2ピース 168L-BFS/2 繊細な操作性に遠投性能

最安値価格
¥15,477(楽天市場)

Amazonへ ¥15,863

楽天市場へ ¥15,477

Yahoo!へ 取扱なし

2ピース仕様で持ち運びに便利な、ゾディアスシリーズのベイトフィネスロッドです。

全長は2.03mとやや長めで、仕舞寸法は104.2cmにまで収まるようになっています。

自重はジャスト100gと軽めで、先径は1.5mmと細く作られています。

適合するルアーウェイトは、4gから12gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら6lbから12lbまでです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、95.4%です。

実際に手に取って使ってみると、継目部分が安定していて、曲がり込みもスムーズな印象でした。

少しの負荷をロッドティップにかけるだけで、しなやかに弧を描こうとします。

元のカタチへの復元は、ややスローな感じで、ブレも若干残ります。

ただ、ラインテンションを拾った状態なら、ラインから伝わってくる微細な変化を消し去らずに、とらえやすいでしょう。

4g前後の軽量ルアーやリグを、イメージ通りにピンポイントへ送り届けることが可能です。

実売価格は1万円台と、とても低価格な設定に収まっています。

22アルデバランBFSの気になる発売日はいつ?

22アルデバランBFSの気になる発売日は、左巻きハンドル仕様が2022年の2月を予定しています。

右巻きハンドル仕様は、2022年の4月発売の予定です。

メーカー希望販売価格は、全機種48,000円です。

低弾道で軽量ルアーを正確にキャストできるように、フィールドでしっかりキャスト練習をおこなってみましょう。

手首にあまりチカラを入れずに、しなやかなスイングをすることを心がけてください。

ベイトフィネスの関連記事はこちら

ベイトリール」カテゴリの人気記事

シマノ」カテゴリの人気記事

アルデバラン」カテゴリの人気記事

DAILYランキング