バス 写真

ベイトフィネスってどんな釣り方なの?その特徴と使用リール・ライン・ロッドをチェック!

FISHING JAPAN 編集部

皆さんは、ベイトフィネスという釣り方を実践していますか?

リール・ライン・ロッドの進化によって、これまではスピニングタックルでしかキャストできなかった軽量ルアーを、なんとベイトタックルで扱えるようになりました。

そのアプローチそのものをベイトフィネスと呼び、バス釣りを革新的に変えているのです。

ここではベイトフィネスについて、詳しく解説してみましょう。

ベイトフィネスとはどんな釣り方なの?

ベイトフィネスとは、ベイトリールを用いて軽量ルアーを操る釣り方のこと。

軽量ってどの程度かというと、およそ5グラム以下。

これは軽いですよね。

当然着水音は小さく抑えられますから、バスが警戒心を持たずに食い付くことが可能です。

専用のベイトリールはもちろん、スプールやブレーキシステムまでも、ベイトフィネス対応のものが作られるようになりました。

ベイトフィネスのメリットとは?

ベイトフィネスのメリットとは何でしょう?

それは、スピニングタックルを使わなくて済むということに尽きます。

スピニングタックルは小さくて軽いルアーを投げるのに適していますが、太いラインで操ることができません。

スピニングリールに太いラインを巻くと、すぐに糸ヨレのトラブルが発生して、ルアーをキャストするどころではなくなってしまいます。

使用リール・ライン・ロッドはどんなものがおすすめなの?

また、スピニングタックルよりベイトタックルのほうが、より正確にピンポイントを狙うことができるのです。

例えば、先ほど着水したポイントの5センチ隣りへ次のキャストを決めようとしたら、ベイトリールを用いたほうが容易にできてしまいます。

これら2つの理由により、ベイトフィネスを自分のテクニックに組み込むことは、バス釣り自体が大幅に変わる可能性を秘めているといえるでしょう。

是非チャレンジしてもらいたいですね!

使用リールは、ベイトフィネス専用のスプールやブレーキシステムを搭載したものを選んだほうがトラブルは少ないでしょう。

ラインは、フロロカーボンの8lbから10lbくらいにして、使いこなせるように練習しましょう。

ロッドは、長さが6フィートから7フィートまで、軽いルアーを投げやすいソリッドティップのライトアクションのものがおすすめです。

最新のベイトフィネス用ブレーキシステムを解説している動画はこちら

ベイトフィネスはバス釣りだけでなく、ライトソルトゲームにも転用できる釣り方です。

例えば、岩礁帯に潜むロックフィッシュを軽めのテキサスリグなどで狙う場合、スピニングタックルではラインが細くて安心できません。

さまざまな可能性をあらゆる釣りで試すことも、ベイトフィネスならできるはずですよ!

おすすめアイテムのご購入はこちら

ベイトリールの関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング