リール 写真

ベイトフィネスでおすすめのリール大特集!人気機種使ってみた!

FISHING JAPAN 編集部

ベイトフィネスは、最近脚光を浴びている釣り方の1つ。

バス釣りシーンはもちろん、ライトなソルトゲームでも、ベイトフィネスへの注目が集まっています。

ベイトフィネスでのアプローチを行う時にキモになるのは、ズバリ「リール」です!

ベイトフィネスを行うときは、どんなリールを選ぶのがいいのでしょうか?

今回はベイトフィネス用のリールの選び方や、オススメのリールをピックアップしてご紹介いたします。

ベイトフィネスリール最大の特徴とは?

ベイトフィネス用のリールをチェックしてみましょう。

ベイトフィネス用のリールは、3グラムを下回るような軽いルアーでもキャストすることが可能です。

普通なら、3グラム以下のリールはスピニングタックルでキャストしますよね。

それが可能になったのが、ベイトフィネス用のリールです。

ベイトフィネス用のリールの最大の特徴は、そのスプールにあります。

超浅溝に設計されているので、キャストすると軽いルアーでもスルスルとラインを引き出せるようになっています。

この構造によってスピニングタックルに頼らなくても、軽いルアーを操ることができるようになったんです!

ベイトフィネス用のリールなら太いラインが使える!

ベイトフィネス用リールは、スピニングリールなら困難である8ポンドを超えるような太いラインで、軽いルアーをキャストすることが可能です。

スピニングリールを使うと糸ヨレが発生し、キャストすることが不可能になってしまうようなバランスです。

ベイトフィネスリールなら、糸ヨレトラブルを気にせずに、太いラインで何度もキャストを繰り返すことができます。

複雑な障害物周りでも、ラインが太ければ安心して攻めることが可能ですから、淡水のバス・ソルトのロックフィッシュなどに適しているといえるでしょう。

ベイトフィネスのバックラッシュが怖いなら、シマノ・アルデバランBFS XG

シマノ・アルデバランBFS XGをベイトフィネスで使ってみました!

ブレーキシステムが非常に優秀で、バックラッシュを最大限に抑えてくれます。

たった130グラムしかない自重が生み出す感度は、8ポンドフロロカーボンラインの張り・硬さと相まって、ほんの少しの地形変化ですら情報として手元に伝えてくれます。

超浅溝スプールだからといって、遠慮する必要はありません。

ベイトフィネスのときは、スピニングリールには巻けない太いラインを用いるようにしましょう。

糸ヨレの心配が要りませんし、FTBブレーキシステムによってバックラッシュトラブルを抑えてくれますから、大胆にポイントを攻めることができます。

実際に使ったインプレとして、8ポンドのジャッカル・レッドスブールラインを巻いて、5グラム程度の高比重ワーム・ノーシンカーリグなら、20メートル前後の飛距離を楽々出せます。

オーバーヘッドキャストより、サイドハンドキャストのほうが、トラブルなく扱えました!

シマノ・スコーピオンBFS XGはハイギア設定が魅力!

シマノ・スコーピオンBFS XGもベイトフィネスにぴったりです。

このリールは、自重165グラムでギア比8.2対1とハイギア設定です。

ベイトフィネスリールでローギアのモデルというのは、あまり印象にありません。

やはり巻き取り時の手元感度を上げるために、ハイギア寄りの設定が優先されるのでしょうか。

実際に使ってみると、シマノ・ベイトフィネスリールの最安値モデルにも関わらず、キャストフィールがスムーズで、飛距離も伸びます。

FTBブレーキシステムの特徴として、サイドハンドによる低弾道キャストのほうが、安定してルアーが飛んでいく印象が強いですね。

ダイワ・SSエアをベイトフィネスリールに使ってみた!

これは淡水専用のベイトフィネスリールで、自重145グラムとかなり軽量な設定です。

8ポンドラインを50メートル巻けるラインキャパを持っているので、さまざまな軽量ルアーの遠投にもチャレンジできますよ。

ベイトフィネスに使ってみると、ピーキーで使いにくいといったことはありませんでした。

スティーズと名機T3AIRの良いとこ取りのようなリールという印象です。

タトゥーラSV TWはコスパ抜群!

このリールは、ベイトフィネス専用モデルではありませんが、軽量ルアーをキャストして飛距離を伸ばすのに向いています。

試しに5グラム程度のスプーンルアーを、10ポンドのフロロカーボンラインでキャストしてみました。

20メートルは軽く超えていったので、もっと飛距離を縮めてピンポイントにルアーを送り込む使い方が、カンタンにできましたよ。

価格も低めでさまざまな釣り方に適応しますから、ベイトフィネス専用機を求めていない人にはバッチリ合うでしょう。

アブガルシア・ロキサーニBF8もバックラッシュしにくいベイトフィネスリール!

アブガルシアのロキサーニもベイトフィネスに使えます。

とにかく価格が安いのが最大のメリット!

にも関わらず、実際に使ってみるとキャストはスムーズ。

マグネット10個のマグトラックスブレーキが、バックラッシュトラブルを未然に防いでくれている感じが伝わってきますよ。

8ポンドラインを100メートル巻けるラインキャパは、多種多様な釣りに対応してくれるでしょう。

ソルト対応なのも嬉しいですね。

テイルウォーク・フルレンジBFはソルトも対応したリール!

自重165グラムで、ギア比8.1対1に設定されているベイトフィネスリールです。

実際に使うとブレーキの利きが絶妙で、非常に使いやすいリールでした!

後半の伸びは遠心ブレーキそのものの伸びのような印象です。

8ポンドのフロロカーボンラインを70メートル巻けますから、飛距離が出ても安心です。

ベイトフィネスを使ったロックフィッシュゲームで活用中のリールです!

ソルトにつかていますが、サビにくくお手入れもしやすいですね!

ベイトフィネスは初心者にも楽しめるアプローチ!

ベイトフィネスに使えるリールは、バス釣りだけでなく、ソルトやトラウトフィッシングにも幅広く使えます。

ベイトフィネスは、バックラッシュが多発するイメージが有り、少し難しく思っているかもしれませんが、リールの選び方でバックラッシュは防ぐことが可能です!

いろいろな釣りにチャレンジしてみたい初心者の方にも、ベイトフィネスはとってもオススメなアプローチです。

ルアー初心者のみなさんも、リールを選ぶときはベイトフィネスにも対応したリールを選んでみるとより一層釣りが好きになるかもしれませんよ!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング