魚のアップ写真

フラットフィッシュの釣り方【マゴチ編】防波堤からのキャスティングゲーム!

FISHING JAPAN 編集部

フラットフィッシュといえば、サーフからのルアーキャスティングゲームで狙うヒラメが有名です。

でももっと手軽に釣りを楽しもうと思えば、足場のいい防波堤からマゴチをターゲットにするのがおすすめ。

料理にして美味しく食べられるマゴチの特徴や釣り方について、詳しくご紹介しましょう。

マゴチってどんな魚なの?

マゴチとは、カサゴ目コチ科に属している海水魚のことで、新潟県や宮城県より南の海でその姿を見ることができます。

よく釣れる成魚は50cm前後ですが、大きく育つと70cmを超えるものまで存在します。

大迫力のやり取りを楽しめるのが、マゴチゲームの醍醐味でもあるでしょう。

サーフゲームでヒラメを狙っていると、マゴチが先に釣れることがあります。

意外とカンタンに釣れるので、本格的なサーフゲーム用タックルは要らないんじゃないかな?と以前から感じていました。

そこでマゴチの釣り方を、別のアプローチで検討してみます。

マゴチの釣れる時期は、毎年6月ぐらいから。

これは、産卵のためにマゴチがシャローエリアへ接岸してくることによるものです。

防波堤を釣り場にして、さまざまなポイント目掛けてルアーを投入してみましょう。

ボトムが砂地になっているほうが、マゴチが隠れやすくて好条件といえます。

ただし、エサとなるベイトフィッシュが居なければなりませんから、岩などが点在しているシモリ周辺の砂地を狙いたいものです。

ボトムにシモリが存在するか確認するには、根掛かりしにくいルアーやリグをロングキャストして、ボトムを舐めるようにトレースするのがベターです。

最も向いているのは、シンカーだけでキャストすること。

これなら根掛かりはほぼ確実に回避できますし、スタックする感触も拾うことが可能です。

でもマゴチからのアタリはとらえられませんから、シンカーをメタルジグのフック無しに切り換えて、キャストしてみてください。

こちらも根掛かりの回避率は高めで、時折魚に齧られることも発生します。

かといってフックが搭載されていませんから、マゴチがアタックしてきたかどうかは確認できないでしょう。

そこでおすすめなのが、バス釣りで用いる高比重ワームです。

バス釣り用高比重ワームをマゴチ釣りのサーチベイトとして活かそう!

マゴチの有無を確認するのにおすすめなのが、バス釣り用の高比重ワームです。

オフセットフックのみを装着したノーシンカーリグでも、じゅうぶんな飛距離を稼げますし、着底するのも素早いでしょう。

そのままボトムをトレースしても、根掛かりしてしまう展開にはなりにくく、なおかつシモリの有無やマゴチのバイトを確認しやすくなっています。

潮の流れの早いポイントなら、シンカーを追加したヘビキャロで対応すればOK。

じっくりとボトムの地形変化や情報をとらえたら、それを元にして別のルアーへローテーションするようにしましょう。

マゴチのキャスティングゲームにおすすめのルアーをチェック!

防波堤におけるマゴチのキャスティングゲームには、どんなルアーが有効なのでしょうか?

飛距離を伸ばしながらフッキングの効率もアップしようと考えれば、装備されているフックの数を増やしたいものです。

おすすめは、3連のトレブルフックが付いた細身の鉄板系バイブレーションルアー。

これをフルキャストしてボトムまで落とし込み、できるだけ浮上しないスロースピードでリトリーブをおこなってください。

ブレードの付いたジグヘッドに、シャッドテール系ワームを装着したジグヘッドリグも、効果的にマゴチを誘い出してくれるでしょう。

ワームのカラーは、チャートやピンク・ホワイトなどの膨張して派手なものなら、バイト数を向上できるはずです。

8ftから9ft程度のスピニングロッドに、3000番から4000番クラスのスピニングリールを装着してアプローチを繰り返してください。

防波堤からのマゴチ釣りを丁寧に分かりやすく解説している動画はこちら

マゴチのキャスティングゲームを楽しむのにおすすめのタックルを選んでみた!

防波堤でマゴチのキャスティングゲームを実践するのに適している、おすすめのタックルを取り上げてみましょう。

ロングキャストを実践するなら、スピニングロッドの8ft以上がベストマッチです。

あまりに長過ぎると重くなってしまい、軽快にロッドワークするのが億劫になるかもしれません。

エギングゲーム用のロッドよりも、気持ち張りが強めぐらいがちょうどいいのではないでしょうか。

アブガルシア(Abu Garcia) ライト ショアジギングロッド スピニング ソルティーステージ ライトショアジギング STLS-962L20-KR イナダ サバ ワカシ タチウオ スピニングロッド 2ピース サーフキャスト

アブガルシア(Abu Garcia) ライト ショアジギングロッド スピニング ソルティーステージ ライトショアジギング STLS-962L20-KR イナダ サバ ワカシ タチウオ スピニングロッド 2ピース サーフキャスト

最安値価格
¥12,812(amazon)

Amazonへ ¥12,812

楽天市場へ ¥14,584

Yahoo!へ ¥13,598

アブガルシアからリリースされている、2ピース仕様のライトショアジギングロッドです。

全長は2.90mとやや長めになっていて、軽く振り回すだけで飛距離を伸ばすことができるようになっています。

仕舞寸法は148.5cmですから、防波堤への持ち込みはカンタンにおこなえます。

標準自重は154gと軽めで、先径/元径は1.5/11.1mmとやや細目。

適合するルアーウエイトは、5gから30gまでなので、高比重ワームのノーシンカーリグから鉄板系バイブレーションルアーまで、柔軟に投げ分けられます。

適合するPEラインは、0.6号から1.5号までです。

ブランクスはレギュラーファーストアクションで、カーボン素材の含有率は98%になっています。

実際に手に持って振ってみると、グリップは細身で握りやすく、ブランクスはシャープな仕上がりの印象です。

ロッドティップがブレてからの収束は早めで、それがキャスティングシーンにも好影響を与えてくれるでしょう。

ガイドバランスは足高Kガイドで、ラインが絡み付くトラブルを回避してくれそうです。

実売価格は9千円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

防波堤からのマゴチゲームを始めたい人がロッド購入を検討するのに、極めて低いハードルとなってくれるはずです。

ダイワ(DAIWA) 21 カルディア LT3000-CXH

ダイワ(DAIWA) 21 カルディア LT3000-CXH

最安値価格
¥17,064(楽天市場)

Amazonへ ¥17,980

楽天市場へ ¥17,064

Yahoo!へ ¥17,670

カルディアLTシリーズの中から、3000番でエクストラハイギアなスピニングリールを選んでみました。

ギア比は6.2対1なので、ハンドル1回転につき93cmものラインを巻き取ることができるように作られています。

最大ドラグ力は10.0kgで、自重は205gと軽めです。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら8lbを150m、PEラインなら1.2号を190m巻けます。

ハンドルの長さは55mmで、ボールベアリングを6個搭載していますから、滑らかな巻き心地を体感できるでしょう。

実際に手に取ってみると、ハンドル回転は軽快そのもの。

連動して回るローターも軽やかに追従しますし、ドラグ性能も高いレスポンスを保っています。

実売価格は1万円台と、とても安い価格帯に収まっていますから、ロッドと一緒に購入することも検討しやすいでしょう。

釣行から帰宅したら、水道水でラインローラーやスプール周りなどを入念に洗ってください。

タオルで拭き取りを完了したら、直射日光の当たらない場所で自然乾燥させましょう。

海水の塩気を残したまま保管してしまうと、錆びが発生して従来の機能を発揮できなくなる恐れがあります。

マゴチのキャスティングゲームをマスターして防波堤周りに潜むビッグサイズを釣り上げよう!

マゴチの特徴や釣り方、おすすめのタックルについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

防波堤の周りには、ミオ筋などの深場が隣接していますから、丁寧にトレースしてみましょう。

ボトムからルアーが離れ過ぎないように、リトリーブのスピードをスローにしてください。

ヘビキャロならボトムを取りやすいですが、高比重ワームのノーシンカーリグなら、しっかり落とし込んでラインの変化を注視しながらのアプローチになります。

ちょっとした変化を見逃さないようにしましょう。

マゴチの関連記事はこちら

キャスティング」カテゴリの人気記事

釣り方」カテゴリの人気記事

」カテゴリの人気記事

DAILYランキング