魚のアップ写真

マゴチはどんなワームで狙えばいいの?釣り方やおすすめアイテムをチェック

FISHING JAPAN 編集部

砂に潜って獲物を待ち構えている、フィッシュイーターのマゴチ。

サーフなどの比較的浅いエリアに集まっていて、小魚や甲殻類などを捕食する習性があります。

当然ソルトウォーターゲームの対象魚として、人気が高まりますよね。

ここでは、マゴチ釣りに用いるワームや、釣り方について深掘りしてみましょう。

「かなりフラットで、底にへばり付いているよね!」

その通り!でも尾ヒレは広めなので、瞬発力はバツグンなのです。

マゴチを釣りたい!どんなところを狙えばいいの?

マゴチは、ヒラメなどと同じく、砂地になっている底周辺で生息している海水魚です。

小魚の回遊待ちをしているので、あまり水深のあるところよりも比較的浅い場所を好む傾向があります。

具体的には、水深5メートル前後の深さなら、結構な数のマゴチがいるかもしれませんよ。

サーフからのキャスティングゲームで狙う場合、これぐらいの水深までルアーが届くことが大前提になります。

当然それよりも浅い場所にも居ますが、数やサイズを伸ばしたければ、水深5メートルと覚えておきましょう。

それからもうひとつ、河川の河口域そのものや、そこに隣接しているサーフも、マゴチの生息数が多いですよ。

汽水域に集まる小魚を追って、大量に引き寄せられてくるのかもしれません。

釣り方は、至ってシンプル。

水深が手前から深めなら、ジグヘッドにワームを装着したジグヘッドリグで対応可能です。

ずいぶんと軽いウエイトのものが市販されていますが、底を切ってしまう可能性があるので、30グラム以上のウエイトを使って、底からあまり離れないようにしましょう。

リフト&フォールアクションさせるというより、底からあまり離さずにトレースするほうが、ファーストバイトを取りやすいですね。

水深が浅いエリアが続く場所なら、メタルルジグや鉄板系バイブレーションなどの、ロングキャストの利くルアーを結んでアプローチしてみてください。

こちらもしっかりと底まで落として、砂煙を巻き上げながらトレースするイメージでスイミングさせましょう。

マゴチのアタリは、とても明確です。

ゴンッ!とひったくるような衝撃が、手元に伝わってきますから、ロッドをしっかり立ててフッキング動作に移るようにしたいですね。

もしすっぽ抜けても、あきらめる必要はありません。

ルアーをそのまま着底させてから、再度リトリーブを開始してください。

リトリーブスピードをあえて変えないほうが、再バイトしてくる確率は上がるでしょう。

マゴチを釣るのにどんなワームカラーが効果的なの?

マゴチ釣りに用いるワームのカラーについて、じっくり考えてみましょう。

そこに棲む小魚のカラーに似せるほうが、釣れる感じはしますよね。

ワームにはイワシカラーなどがラインナップされていますから、その辺をベースにしてカラーローテーションを組み立てます。

具体的に、マゴチによく効くと感じるのは、アカキンカラーです。

赤色をワームの基調にして、そこに金色のラメを散りばめている状態でしょうか。

このアカキンカラー、水深が浅くても深くても、とてもよく釣れますよ。

そこからグロー系やパール系、ピンクやチャート系へローテーションしていけば、どれかひとつはマゴチに効いてくれるはずです。

フッキングした後にポンピングしない!

マゴチのフッキングには、コツが要ります。

食い上げバイトが多いからか、フックが刺さらずにバレてしまうケースが結構あります。

そういうトラブルを防ぐために、フッキングしたらラインテンションを一切緩めず、リールハンドルを回し続けてください。

マゴチはよく引くので、サイズを見ないうちからロッドを上下に大きく振って、ポンピングアクションで引き寄せようとする人がいますが、これがバラシの原因です。

一瞬ラインテンションが消える瞬間を、何度も作ることになりますから、バラシの機会を自ら与えているようなもの。

マゴチ釣りには、ポンピングは無用と覚えてくださいね。

水中のマゴチの様子を丁寧に撮影している動画はこちら

マゴチ釣りに使ってみたいおすすめのワームを選んでみた!

マゴチ釣りに効果を発揮してくれそうな、おすすめのワームを取り上げてみましょう。

シャッドテール系デザインのワームは、一定のアクションを発生し続けるのが得意ですが、マゴチを誘うなら、一瞬アクションが静止するようなワームも効果的です。

ピンテール系デザインなら、アクションを止めた瞬間に底へ一直線でフォールしてくれるので、強い刺激となり得るでしょう。

イッセイ海太郎(Issei Umitaro) カタクチワーム 4.5インチ 太刀魚 #052 パールグロー

イッセイ海太郎(Issei Umitaro) カタクチワーム 4.5インチ 太刀魚 #052 パールグロー

最安値価格
¥702(amazon)

Amazonへ ¥702

楽天市場へ ¥702

Yahoo!へ ¥702

一誠からリリースされている、ピンテール系のワームです。

太刀魚バージョンにラインナップされているカラーは、そのままマゴチ釣りに使えるものばかり。

独特の軟質マテリアルで、リトリーブすると左右に振り幅狭く震えてくれるのが、小魚っぽくていいですよね。

実売価格は700円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に設定されています。

マゴチ釣りに用いるワームを厳選して大型サイズを釣り上げよう!

マゴチの特徴や釣り方、おすすめのワームについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

回収したワームは、ときどき手のひらに乗せて、噛まれた跡がないか確認するようにしましょう。

マゴチの関連記事はこちら

サーフゲーム」カテゴリの人気記事

DAILYランキング