マゴチを釣り上げた男性の写真

マゴチ釣りって超楽しい!釣り方別のオススメタックルや釣りのコツをご紹介します!

FISHING JAPAN 編集部

マゴチは上から平らに押しつぶしたような恰好をした面白い魚です。

サーフから狙える魚で、近年流行りのターゲットと言えます。

今回は、そんな不思議な魚「マゴチ」についてご紹介していきます!

マゴチ釣りにピッタリのタックルはもちろん名前の由来、や食べ方までご紹介します!

マゴチは砂に潜りエサを待つ忍者のような魚

マゴチは、カサゴ亜目コチ科コチ族の魚で漢字では真鯒と書きます。

マゴチのマという字に真という漢字が使われているのは、メゴチやワニゴチ、ヨシノゴチに対して、我こそが真のコチなりと自己主張しているわけで、深い意味はありません。

また、牛尾魚と書かれることもありますが、これはマゴチの体が牛の尻尾に似ているからだといわれています。

では、コチという呼び名はどこから来たのでしょうか。

これにも諸説あるようですが、もっともらしいのは、その昔、貴族が正装するときに右手に持っていた木の板、これをコツと呼んでいたそうですが、そのコツの形にコチが似ていたため、コツが転じてコチと呼ばれるようになったそうです。

マゴチは深い海にはいなくて水深30mより浅い砂や砂泥底に生息しています。

太平洋岸では宮城県以南で九州の南岸まで広く分布、日本海側は新潟県から九州にかけてと瀬戸内海にも数多くいます。

オスよりもメスの方が大きくなり最大では70cmを超えるものもいるそうです。

オスは大きくなってもせいぜい35cm止まりだと言われています。

頭が平らなので英名はフラットヘッド。

体色は腹側だけ白く、背側は砂底になじむ茶褐色をしており、軽く砂底に潜り込むと海底に溶け込んで分からなくなります。

この態勢で小魚やエビなどが近づくのを持っており、射程内に入るとまるで踊るように飛びあがって捕食するそうです。

コチという字が魚編に踊ると書くのは、こういった習性があるからと言われています。

マゴチは夏が旬の高級魚

マゴチは小魚やエビなどの甲殻類が主食で海底に多いタコやイカなどもよく食べます。

またハゼやキスなども好物のひとつで、キスの投げ釣りをしていると、掛かったキスにマゴチが飛びついてくることもあります。

マゴチは、地方ではイソゴチとかシロゴチ、ゼニゴチと呼ばれています。

産卵期は4~7月で旬はヒラメの味が落ちる初夏から夏にかけて。

太陽がさんさんと照り付ける季節に美味しくなるので、この時期のものを照りゴチと呼んで特に珍重します。

活〆の状態のいいものだと1kgで5000円近い値が付くこともあるそうですよ。

ですからスズキと並んで夏を代表する白身魚のひとつといえるでしょう。

昔からマゴチ釣りが盛んな相模湾の漁師は、コチは必ず夫婦でいるから1匹釣りあげるともう1匹の片割れが必ず食ってくるといいます。

確かにコチを釣り上げたとき、ほかのコチが水面近くまで追いかけて来ることがあるので、あながちこの話も嘘とは言い切れませんね。

高級魚といわれるだけあって色んな料理法がありますが、一番のお勧めは薄造りでしょう。

奇麗な白身でほんのり甘く、歯ごたえも十分。

しこしことした食感が楽しめるので、フグのテッサにも匹敵するといわれています。

ほかに洗いや煮つけ、天ぷらにムニエルなども美味しいです。

マゴチに似たワニゴチ

マゴチが多い浅海より少し深い場所に多いのがワニゴチです。

マゴチと同じくカサゴ亜目コチ科の魚でスタイルもマゴチによく似ています。

ワニゴチの分布域は房総半島から九州にかけての太平洋岸と若狭湾から長崎にかけての日本海側です。

ただ、どちらかといえば日本海より太平洋岸に多い魚です。

最大で60cmぐらいになり、旬はマゴチと同じで春から夏にかけて。

ピンクがかった奇麗な白身をしており、刺身や煮つけなどに向く魚です。

頭からいいダシが取れるので、潮汁などもお勧めです。

ワニゴチの呼び名は、口が大きく吻が長くてワニに似ているからだそうです。

マゴチのルアー釣りおすすめタックル

マゴチ釣りが盛んな関東では、乗合船で気軽に楽しめる釣りもののひとつですが、関西ではシーズンになってもマゴチだけを専門に釣らせてくれる釣り船はありません。

なのでマゴチ釣りといえば、砂浜や防波堤などからルアーで狙うショアの釣りが中心になります。

ショアの釣りでも釣りの時期と場所、その釣り場にあった釣り方をすれば船釣り(オフショア)に負けないぐらいの釣果を上げることが出来ます。

そこで、これからマゴチのルアーフィッシングを始めてみたいと思っている人に、タックルや釣り方を紹介することにしましょう。

ショアから狙うマゴチのベストシーズンは、6月ごろから10月ごろまでで、特に良いシーズンが6月から7月の初めにかけてです。

丁度この時期にマゴチは産卵期に入るため、岸近くに寄ってくるからです。

遠浅の浜などではルアーをキャスティングしてもなかなかポイントに届かない、そんな場所が数多くありますが、産卵の時期だけはマゴチの方から岸近くへ寄ってくれるので、狙いやすくなるわけです。

こういう条件を考えて竿やリールを選ばなければなりませんが、基本的にはヒラメを狙うときのタックルとほとんど変わりません。

ロッドは遠投が出来ることを条件にんでくださいね。

竿の長さは9~10フィートで硬さはMかMHぐらい、40~60gジグがフルキャスト出来るぐらいのショアジギング用のものが使いやすいと思います。

ベイト用の竿だとシマノのルナミス S96M、スピニングタイプだとディアルーナ S100MLや、ネッサCI4+S1002Mあたりがお勧めです。

シマノ(SHIMANO)20ルナミス S96M

シマノ(SHIMANO)20ルナミス S96M

参考価格:¥34,265

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

シマノ(SHIMANO) 18ディアルーナ S100ML

シマノ(SHIMANO) 18ディアルーナ S100ML

参考価格:¥20,735

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

シマノ ネッサCI4+ S1002M10.2フィート

シマノ ネッサCI4+ S1002M10.2フィート

参考価格:¥33,706

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

リールも竿とのバランスを考えて選びましょう。

先に挙げた竿だとシマノのストラディックSW4000ぐらいがバランス的にぴったりです。

シマノ ストラディックSW 4000XG

シマノ ストラディックSW 4000XG

参考価格:¥24,210

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

選び方の目安としては重さが300g前後で1・5~2号のPEラインが200~300m巻けるぐらいのラインキャパが欲しいですね。

ルアーを投げては巻きの繰り返しになるのでギア比が1:6ぐらいあるハイギアタイプがいいでしょう。

マゴチ釣りはジグやメタルジグが大活躍

マゴチ釣りによく使われるルアーは、メタルジグにシンキングミノー、バイブレーションにワームなどのソフトルアーなどですが、それぞれに特徴がありその日の条件に合わせて使い分ける必要があります。

メタルジグは青物だけでなくマゴチやヒラメにも有効なルアーです。

重さも色々あって全身がメタルで出来ているので、よく飛ぶ上に沈みが早いので底も取りやすく、キラキラと光って集魚効果も高い万能ルアーです。

ただ、魚がスレやすいとか、動きが速すぎて魚の活性が低いときについていけないなどのデメリットもあります。

ジグパラ スロー 30g

ジグパラ スロー 30g

参考価格:¥529

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

メタルジグの釣り方は、キャストしたらそのままフリーフォールで底まで沈めるのではなく、大きく糸ふけを出さないようにラインにテンションを掛けながらジグを沈めていくカーブフォールが有効です。

ジグが着底したらすぐに2、3回細かくロッドアクションを入れて誘ってみましょう。

あとはリフト&フォールでロッドを使ってジグをしゃくりフォールで食わせるようにします。

ジグヘッドと組み合わせて使うワームもおすすめ

ジグヘッドと組み合わせて使うワームは、ソフトな素材の自然な動きで魚を誘う釣り方がベストです。

ジグヘッドの重さを変えれば遠投できるし、昼でも夜でもポイントを選ばずに釣れる万能ルアーです。

シマノ熱砂メタルドライブ32g

シマノ熱砂メタルドライブ32g

参考価格:¥1,238

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

誘い方も多彩で状況に合わせて使い分ければヒット率が向上します。

何もアクションを付けずにリールを巻きながら誘う”ただ巻き”の場合は、ルアーが底をトレースしながら動いているのをイメージしながら誘ってください。

ルアーを動かすスピードが速すぎると反応が悪くなるので、スローに動かしながら誘う方が効果的ですね。

ただ、魚が落ちてくるルアーを見ていた場合、着底と同時に当たることがあるので、着底と同時にリールを2、3回巻いて確かめてください。

ただ巻きの他にシャクリを入れてフォールで食わせるリフト&フォールも有効だし、リールを巻いては止め、巻いては止めを繰り返すストップ&ゴーも試してみて下さい。

ワームを使った釣りは、ナチョラルな誘い方ができるのとルアーが軟らかいため食い込みが良く、バラシが少ないなどのメリットがあります。

マゴチ用のワームは長さ4イン前後で水の抵抗を受けると尻尾が激しく動くシャッドテール系のワームが使いやすいと思います。

色は悩みますが、いろいろ試してみるしかないですね。

ルアーの動かし方は底なめるように

シンキングミノーやバイブレーションなどのハードルアーは、底をなめるような感じでスローに引いて魚を誘います。

これもただ巻きやストップ&ゴーなどを組み合わせて狙ってみてください。

もし、砂浜でキスが多いようなポイントなら、どちらのルアーもキスの色に近いパールホワイト系のルアーも試してみてください。

マゴチがいそうなポイントを見立てるのが一番難しいのですが、砂浜らからのアタックならルアーを遠投し、底まで沈めてから底を引きずる感じで底の状態を確かめてください。

沈み根があるような場所では根掛かりするし、細かいヨブがあるような場所では、ごとごとした感触が伝わってきます。

このように海底に変化がある場所にマゴチは潜んでいますので、恐れずにアタックしてみてください。

また、河口ではミオ筋や流れ込みがあるような場所がポイントになります!

潮が上げているときは河口より少し上流、潮が下げているときは河口を狙うなど、潮の上げ下げでポイントが変わることも覚えておいてくださいね。

マゴチは餌釣りでもOK

フィッシュイーターであるマゴチをエサ釣りで狙う場合、一番手っ取り早いのが生き餌を使ったノマセ釣りです。

マゴチ釣りでは歴史のある東京湾では生きたメゴチやハゼをエサに狙っていますが、残念ながら関西にはそういうシステムがなく、マゴチが好きな人は小型のプレジャーボートから狙う人が多いですね。

そういう釣り人のためにライトタックルで狙うマゴチ釣りの道具や仕掛け、釣り方などを紹介しておきましょう。

まず、用意する道具ですが竿はライトゲーム用の船竿が沢山発売されているので、その中から選ぶかマゴチ専用竿をチョイスしても構いません。

竿の長さは2m前後が一番扱いやすいですね。ただ、置き竿で狙う場合は、船が揺れる度に仕掛けが動くのはよくないので、竿の胴で揺れを吸収してくれる少し長めの竿がおすすめ、だからといって3mでは長すぎるので2・4m程度が良さそうです。

手持ちの釣りは、2m前後の長さで7:3調子がいいでしょう。

マゴチは口の周りが意外に硬いので、しっかりフッキングさせるために腰のしっかりした先調子の竿が向いているのです。

水深30mまでの浅場がポイントになるので、オモリ負荷は20号前後のもので十分です。

シマノのライトゲーム CI4+ TYPE73 MH195や、マゴチ専用竿のベイゲームXマゴチ、海明30-210がお勧めです。

シマノ(SHIMANO) 船竿 19 ライトゲーム CI4+ TYPE73 MH195 右

シマノ(SHIMANO) 船竿 19 ライトゲーム CI4+ TYPE73 MH195 右

参考価格:¥27,170

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

シマノ(SHIMANO) ロッド ベイゲーム X マゴチ 210

シマノ(SHIMANO) ロッド ベイゲーム X マゴチ 210

参考価格:¥20,581

Amazonへ

Yahoo!ショッピングへ

シマノ '18 海明 30-210

シマノ '18 海明 30-210

参考価格:¥20,091

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

竿が短くて軽いので、それに合わせるリールも小型両軸リールがお勧めです。

道糸がPEラインの1~1.5号なので、小型両軸リールでもラインキャパは心配いりません。

1号か1・5号のPEラインを100mも巻いておけば十分でしょう。

重さは300gまでで巻き上げスピードが速いハイギアタイプなら申し分ありません。

ギア比は最低でも1:5程度は欲しいですね。

マゴチは泳がせ釣りで楽しもう!

仕掛けは小型のL型か半月天秤を使い、1本バリでエサを泳がせて狙います。

天秤の大きさは15~20cmぐらいを使用します。

天秤につけるオモリは六角型で10号から30号までを数種用意しておけば十分でしょう。使うオモリは水深の深さに合わせますが、目安として水深が1mならオモリは1号、水深が10mなら10号と考えてください。

天秤の先にフロロカーボンのハリス5~6号を1ヒロの長さで結び、ハリを付けたら完成です。

ハリの形はそれぞれに好みがあるようですが、カイズバリなら14号、ヒラメバリなら16号、チヌバリなら6号とマゴチの大きな口に合わせてハリも大きめを使う人が多いようです。

エサは手に入るならキスやハゼ、メゴチやイトヒキハゼなどがいいのですが、手に入らないときは小アジのエサでも釣れます。

もし、釣り場へ向かう途中に川などがあって、その河口でハゼやキス、メゴチが釣れるなら、それらのエサを釣ってからポイントまで生かして持っていきましょう。

キスやハゼ、メゴチなどは下顎からハリを入れ、上顎に抜いて口が開かないようにし海底で泳がせて狙います。

マゴチのエサ釣りはオフショアで!

マゴチのポイントに着いたら船を流しながら狙います。

その方がポイントを広く探れて釣れる確率が高いからです。

エサに手早くエサを刺したらすぐに仕掛けを放り込みます。

天秤が底に着いたら糸フケを取り、仕掛けの長さ分だけ巻き上げてアタリを待ちます。

エサが底から離れすぎると食いが悪いので、底すれすれを泳いでいる状態が理想的です。

常にエサを底近くでキープしておくためにまめに底取をしてください。

エサは元気なほどマゴチの食いがいいので、弱ってきたらすぐに取り換えてくださいね。

こうして仕掛けを流しているうち、どこかでコンと小さな前アタリが出ます。

マゴチは大きな口をしていますが、捕食するのが下手なのか食い込むまでに時間がかかるのです。

ですから早合わせするとまず掛かりません。

前アタリが出て本アタリへ持ち込むまでの駆け引きがマゴチ釣りの醍醐味でもあるのです。

コンとアタリが出た後、魚の引きに合わせて竿先を送りこんでいきます。

すると徐々に引きが強くなり竿先が水面近くにまでなったとき、ぐんと重みのある引きに変わったときに思い切り合わせてください。

口の周りが意外に硬いので、しっかり合わせておかないとハリが貫通しません。

合わせが中途半端だったために、ハリがすっぽ抜けてバラスこともあります。

あとは引きを楽しみながら水面まで浮かせ、タモですくって取り込んで下さい。

50cmもあれば立派なサイズです!

マゴチは非常に美味しいお魚

マゴチは夏のフグ、と称されるほど美味しい魚です。

頭でっかちで外見はあまり良く無いのですが、その身は雪のように白くて淡白で、クセがないからどんな料理にも向く貴重な魚です。

まずマゴチを捌くときの注意点から紹介しておきましょう。

ウロコを取り三枚に下ろす前に鋭い背びれと尻びれ、両サイドにあるエラ蓋の鋭い棘も料理ばさみなどで切り取ってから捌くと手を刺されないので安心です。

ウロコを取り頭を落とすときは、胸ビレの下から左右とも包丁を深く入れ切りて落とすと楽です。

あとは内臓を掃除し大名下ろしで三枚に下ろします。ちょっと抜きにくいのですが小骨は骨抜きを使い丁寧に抜いておきます。

マゴチの締め方は少し特殊なので、釣り場で野締めするときの参考にしてください。

背を上にしてマゴチを置き、目と目を結んだ線を三角形の底辺とします。この底辺の長さを基準にして正三角形を描き、底辺の真上にできる三角形のてっぺんから包丁を入れて一気に締めます。

血抜きは、尻尾の付け根から皮一枚残して包丁を入れ、海水の中に浮かべて血が止まるまで入れておき、これで完璧です!

マゴチの薄造り

薄造りにするときは、三枚に下した身の皮を引き、キッチンペーパーに包んで一晩冷蔵庫で寝かしてからやると、身が程よくこなれて美味しくなるし、作りやすくなります。

大皿を用意してっさを作る時の要領で身を下ろしていきながら菊花盛りにすると見栄えもよく美味しくいただけます。

刻みネギと紅葉下しを添えポン酢で頂くのが一番美味しいでしょうね。

淡白でクセがない身なので、旨口の純米酒とよく合います。

マゴチの兜煮

マゴチに限らず底棲魚は内臓も美味しい。

肝や胃袋、浮袋など、さっと湯引きにしてポン酢で頂くと最高です。

だが、もう一つ忘れてはならないのがほほ肉なんです。

これのおいしさを知らず頭を捨ててしまう人もいますが、一度その味を覚えると間違いなく何度でも食べたくなる味です。

兜はアラと一緒に煮つけても美味しいのですが、ほほ肉だけを取り出して塩焼きで味わうのも一興です。

しゃきしゃきの食感が楽しめる上に酒の肴にもぴったりです。

兜煮は、中落ちなどと一緒に酒と醤油と味醂だけで甘辛く煮つけてください。

煮汁を掛けながらテリが出るまで煮詰めると美味しいですよ。

マゴチの唐揚げ

マゴチの身は皮を引いてから一口大に切っておきます。

身をボウルに移し、塩、コショウ、酒、醤油、砂糖を入れたタレの中でよく揉み込みます。

揉み込みが終わったら小麦粉と片栗粉を同割にした粉をしっかりまぶし、170度ぐらいの油で揚げたら完成です。

ビールのお供にいいですね!

マゴチのチリソース

マゴチは三枚に下ろし骨を抜いておきます。

そのあと一口大に切り塩、コショウ、砂糖、酒、豆板醤を混ぜたもので下味をつけます。さらに卵をまぶして片栗粉を付け少し低めの油で揚げておきます。

フライパンに油をしき角切りにしたトマトやニンニク、ショウガ、ケチャップ、豆板醤を入れ弱火で炒めながらある程度火が通ったら、さらに酒、塩、コショウに砂糖を加えて味付けします。

仕上げは水に絡めた唐揚げを入れ、強火にして片栗粉でとろみをつけ、長ネギを入れたあと米酢で味を調えたら完成です。

今回はマゴチについて詳しくご紹介しました!

マゴチ釣りは夏がおすすめです。

これからのシーズンに向けてマゴチ釣り用タックルを揃えてみるのもいいですね!

関連記事

」カテゴリの人気記事

DAILYランキング