ワームのアップ写真

ジャグホッグは2024年新登場のロックフィッシュゲーム用甲殻類ワーム!

FISHING JAPAN 編集部

ロックフィッシュゲームにおいて、ボトムでうごめく生き物に似せたワームは、かなり効果的です。

2024年ジャッカルから新登場のジャグホッグなら、エビ・カニのような甲殻類のアクションを引き出せるでしょう。

その特徴や使い方について、詳しくご紹介します。

ジャグホッグとは

ジャグホッグとは、2024年ジャッカルからリリースされる、ロックフィッシュゲーム用ワームのことです。

外観が、エビ・カニなどの甲殻類そっくりですから、ホグ系ワームのカテゴリーに含まれるでしょう。

設定サイズは、2種類用意されています。

2.5inchと3.0inchから、釣り場に応じたサイズを選んでください。

小さいほうが、さまざまなサイズのロックフィッシュに対応できます。

大きいほうが、アピール度は高く、広範囲からロックフィッシュを呼び寄せることができます。

ジャグホッグには、甲殻類のずっしりとした波動を演出する、腕パーツが付いています。

また、ベイトフィッシュの波動をイミテートした、触角パーツも持っています。

リフト&フォールをメインにして、ズル引きやスイミング・シェイキングなど、あらゆるアクションに対応できるように作られています。

深いリブが刻まれている2本の触角パーツは、緩めの入力に対してもしっかりと水流をつかんでくれます。

オートマチックにアピールを続けるでしょう。

着底させたときの振動はもちろん、ステイさせた瞬間の惰性でも、ユラリと揺らくほどハイレスポンスです。

全体的には、腕パーツの配置や各パーツのサイズを調整していて、ハイプレッシャーエリアでもロックフィッシュに口を使わせやすい、コンパクトなシルエットにまとめられています。

フックを装着すると、そのハリ先を上手く隠すことが可能で、根掛かりトラブル軽減につながっています。

オープンゲイプフックで使用する場合でも、ハリ先を隠せますし、ワームの姿勢は真っ直ぐで魚の口に入りやすいでしょう。

ジャグホッグの最後尾に注目!釣り場で扱いやすい工夫が盛りだくさん!

ジャグホッグの最後尾部分にも、注目してください。

耐久性を上げるために、肉盛りが施されています。

ここでフックをしっかりホールドし、不要なズレを抑えつつ、耐久性も向上されていて裂けを軽減します。

また、ボディと2か所で接続されている脚パーツは、頭側の接続部分をカットすることで、ピリピリとした細かい微波動を発生させることができます。

生命感溢れるアクションとなり、ロックフィッシュの捕食本能を刺激するでしょう。

合計8種類のカラーバリエーションからお気に入りのカラーを選んでキャストしてみよう!

ジャグホッグには、全部で8種類のカラーバリエーションがラインナップされています。

●レッドゴールドカラー

●バンノウメロンカラー

●オレンジゴールドグローベリーカラー

●完熟メロンカラー

●ライトウォーターメロンペッパーカラー

●スミシオシュリンプカラー

●グリパンブルーフレークカラー

●ピンクシュリンプカラー

ラメが上手く散りばめられていて、視覚的な刺激が継続するようになっています。

水中での発色が強いもの、背景の色と同化しやすいものが選べるのが嬉しいです。

ジャグホッグを操るのにおすすめのロッド&リールを選んでみた!

ジャグホッグをフリーリグにセッティングして操作するのに向いている、おすすめのロッド&リールをご紹介しましょう、

ロッドは、MLからHパワーブランクスの間のベイトロッドがマッチします。

磯場の岩礁帯エリアでも、引っ掛かりをかわしつつトレースできるでしょう。

フリーリグなら、まず真っ先にシンカーのみが、ボトムの岩礁と接触します。

ジャグホッグとフックは、後からボトムに近づくので、ロッドティップを立ててラインにテンションを与えるだけで、スタックしかけた岩礁から抜け出せるはずです。

リールは、16lb以上のモノフィラメントラインをたっぷり巻けるベイトリールなら、根ズレ対策バッチリでアプローチを続けられます。

擦れても、すぐに破断してしまう展開にはなりにくいでしょう。

時折ライン表面をチェックして、ザラザラしていたらその部分をカット。

フリーリグを結び換えれば、アプローチを再開することができます。

シマノ(SHIMANO) ロックフィッシュロッド 24 ハードロッカー BB B76MH

シマノ(SHIMANO) ロックフィッシュロッド 24 ハードロッカー BB B76MH

最安値価格
¥14,600(楽天市場)

Amazonへ ¥14,630

楽天市場へ ¥14,600

シマノからリリースされているロックフィッシュゲーム用ベイトロッド・ハードロッカーBBシリーズのラインナップから、B76MHを選んでみました。

全長は2.29mと、軽快に振り回せる長さのブランクスに設計されています。

2ピース仕様で、仕舞寸法は118.4cmにまで縮まります。

ウエイトは134gと、バス釣り用ベイトロッド並みに軽く作られています。

ブランクスの先径は、2.2mm。

適合するルアーウエイトは、10gから40gまで。

結構重めのシンカーを使えるので、ロングキャストはもちろん、深場を探るのにも適しています。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら10lbから20lbまでで、PEラインなら最大2号まで使えます。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99.2%になっています。

実際に手に取ってみると、とても軽くて張りのあるブランクスに仕上がっていると感じました。

カバーやストラクチャーにフリーリグが引っ掛かっても、このパワフルなブランクスなら、カンタンに抜け出せるでしょう。

またロックフィッシュがバイトして、岩の隙間に逃げ込んでも、強く引っ張って抜き出すことができそうです。

ガイドには、ラインが絡まりにくく、手返しのいい連続キャストを実践できるでしょう。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

ロックフィッシュゲーム用のベイトロッドなら、シーバスゲームやチニングゲームにも転用しやすいので、1本持っておくと重宝するはずです。

チャターベイトやクランクベイトなども駆使しながら、ソルトウォーターゲームを満喫してみましょう。

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 22 バンタム HG RIGHT

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 22 バンタム HG RIGHT

最安値価格
¥31,532(楽天市場)

Amazonへ ¥32,802

楽天市場へ ¥31,532

シマノから発売されているロープロファイルデザイン型ベイトリール・バンタムシリーズの中から、ハイギアモデルを選んでみました。

ギア比は7.1対1なので、ハンドル1巻きにつき78cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

最大ドラグ力は5.0kgで、スプール寸法は直径/幅が、35/19mmです。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら16lbを100m巻けます。

ウエイトは220gで、ハンドルの長さは42mm。

ボールベアリングは、8個搭載されています。

実際にフィールドで使ってみると、とても姿勢の低いベイトリールで、パーミングのしやすさが際立ちます。

クラッチの切れ・つながりともにスムーズで、ハンドルの巻き心地は滑らかです。

太いモノフィラメントラインをたくさん巻けますから、カバーやストラクチャーの多い釣り場に適しているでしょう。

実売価格は2万円台と、とても購入を検討しやすい価格帯に収まっているのが嬉しいです。

ボディ剛性が高めなので、大型のロックフィッシュがバイトしてきても、じゅうぶんやり取りを楽しめるでしょう。

ジャグホッグの気になる発売日はいつ?

ジャグホッグの気になる発売日は、2024年の8月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、770円です。

複数のカラーバリエーションをタックルボックスに揃えて、潮の状態や濁り・時間帯・日照・ベイトフィッシュの有無などを加味しながら、カラーローテーションをおこなってみましょう。

腕パーツや触角パーツのみに噛み付いて、フッキングしてもすっぽ抜けるようなら、カラーを変えて反応を見ることをおすすめします。

新製品の関連記事はこちら

ロックフィッシュゲーム」カテゴリの人気記事

ワーム」カテゴリの人気記事

ジャッカル」カテゴリの人気記事

DAILYランキング