タイラバのアップ写真

鉛式ビンビンスイッチは2022年新発売のコンパクト+アピール力高めのタイラバ仕掛け!

FISHING JAPAN 編集部

ボディ本体とネクタイ・フックを別々に組み合わせることで、ボリューム感を抑えたコンパクトな仕上がりになっているのが、2022年ジャッカルから新登場の鉛式ビンビンスイッチです。

その特徴や使い方について、詳しくご紹介しましょう。

今年のタイラバゲームが、熱くなることは間違いないでしょう!

鉛式ビンビンスイッチってどんなアイテムなの?

鉛式ビンビンスイッチとは、2022年ジャッカルから新発売される、船からのタイラバ仕掛けのことです。

ボディとネクタイ・フックが別パーツになっていることで、全体的にとてもコンパクトなフォルムに仕上がっているのが特徴です。

ウエイト設定は、5種類用意されています。

45g・60g・80g・100g・120gの中から、水深や潮の流れに合わせて使い分けてください。

鉛式ビンビンスイッチには、水中で大きくアクションながらアピールする、デュアルカーリーネクタイを専用設計して装備しています。

ネクタイの中央部分に設けたストレートな形状・張りによって、フックとの絡まりトラブルやネクタイ同士の絡まりを抑えています。

ネクタイの両端も、若干異なるデザインになっているので、発生するブレ感が違ってくるのも見逃せません。

強いアピール力につながりますし、尚且つトラブルレスであることが、好釣果を生み出してくれるでしょう。

それからボディ本体の形状にも注目してください。

整流効果の高い流線型デザインになっていて、それをぶら下がり式ら設定しています。

ボディに当たる水の抵抗を抑えられますし、例えば二枚潮のシチュエーションでも、それを突き抜ける速いフォールを実現。

リールハンドルを回してファストリトリーブを実践する際には、バランスを崩さない安定したアクションを起こしてくれます。

また専用設計されたスライドパーツは、ラインへのダメージをしっかりと抑えられる耐摩擦樹脂を採用しています。

これにより遊動式のスイッチシステムを導入していて、マダイはもちろん青物などの大型魚とのファイトを想定し、スライドパーツはLサイズになっています。

太糸の5号を使ってもじゅうぶん対応できますから、岩礁帯などを積極的に大胆に攻めることが可能になります。

ボディ本体は、スプリットリングでカンタンに交換することができます。

専用のバックファイヤーキャップで交換作業ラクラクな鉛式ビンビンスイッチ!

鉛式ビンビンスイッチには、専用のバックファイヤーキャップが搭載されています。

仕掛けのループ部分にネクタイやスカートを通すだけの作業で、交換作業をカンタンにスピーディーにおこなうことができます。

揺れる船上でも的確に作業できることで、手返しのいいタイラバゲームを実践できるでしょう。

ネクタイには、海老パウダーと海老オイルを配合して味とニオイを加えた新素材・T+(tasteプラス)ラバーを採用しています。

誘いの要素がパワーアップするので、釣れる可能性も高まるでしょう。

計6種類のカラーバリエーションから選択することが可能!

鉛式ビンビンスイッチには、全部で6種類のカラーバリエーションがラインナップされています。

●グリーンゴールドカラー

●オレンジゴールドカラー

●レッドゴールドカラー

●ブライトオレンジカラー

●ブライトイエローカラー

●グローパールカラー

定番人気の配色がきっちり揃っているので、船上で上手くローテーションしながら、釣り当日の当たりカラーを見つけ出してください。

鉛式ビンビンスイッチのデモンストレーション動画はこちら

鉛式ビンビンスイッチを操るのにおすすめのロッドを選んでみた!

それでは鉛式ビンビンスイッチを投入して操るのに向いている、おすすめのロッドを取り上げてみましょう。

きっちりと掛けにいけるブランクスが備わったタイラバゲーム用ロッドなら、とても操作しやすくなります。

ジャッカルからリリースされている豊富なラインナップの中から、こちらの1本をピックアップしてみました。

JACKALL(ジャッカル) ビンビンスティック HS BS-C66M-HS 6.6フィート

JACKALL(ジャッカル) ビンビンスティック HS BS-C66M-HS 6.6フィート

最安値価格
¥26,181(amazon)

Amazonへ ¥26,181

楽天市場へ ¥26,628

ジャッカルから発売中の、タイラバゲーム専用ロッドです。

全長は1.98mと、とても取り回ししやすく、ボートデッキの上で船べりを叩かずに操れるでしょう。

2ピース仕様になっていて仕舞寸法は130cmですから、公共交通機関を利用して移動するときに邪魔になりにくいのがメリットです。

130cmなら、航空機に乗せて移動することも可能です。

カーボンソリッドティップが搭載されているので、魚の引きに対して柔軟に対処できるのが嬉しいです。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

鉛式ビンビンスイッチの気になる発売日はいつ?

鉛式ビンビンスイッチの気になる発売日は、2022年の6月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、1,067円から1,243円です。

先にリリースされたタングステン仕様のビンビンスイッチと、上手くローテーションしながら使いこなせるようになりたいものです。

マダイ以外にも、青物全般やヒラメ・マゴチ・ロックフィッシュ等々、幅広くターゲットにすることができます。

タイラバの関連記事はこちら

タイラバ」カテゴリの人気記事

ジャッカル」カテゴリの人気記事

DAILYランキング