ルアーのアップ写真

ジャッカルのデラクーで厳寒期のバス釣りを楽しみたい!

FISHING JAPAN 編集部

2022年の秋にNEWカラーバリエーションが出揃った、ジャッカルのデラクー。

それらを携えて、冬を迎えたフィールドへ出向いてみましょう。

メタルジグや鉄板系バイブレーションルアーを使うことの多い厳寒期に、実はデラクーが大活躍してくれるのです。

ここでは、ジャッカルのデラクーの特徴や使い方について深掘りしてみましょう。

デラクーとは

デラクーとは、ジャッカルからリリースされている、バス釣り用テールスピンジグのことです。

ウエイト設定は、全部で5種類用意されています。

最も軽いものが、1/4ozタイプ。

フックには、トレブルフックの10番サイズが標準で装備されていて、ひと口でバスに吸い込まれそうなコンパクト感です。

実際にフィールドで使ってみました。

タックルは、MLパワーブランクスのベイトロッドに、12lbのフロロカーボンラインを巻いたベイトリール

最も軽いタイプなので、スピニングタックルを用意することも考えたのですが、空気抵抗の少ないボディフォルムですから、キャストに支障をきたすことはないだろうと判断して、ベイトタックルを選びました。

オーバーヘッドキャストで振り抜くと、驚くほどスムーズに飛距離が伸びていきます。

着水してから着底するまでは、ブレード回転による抵抗も相まって、あまりスピーディーなものではありません。

でも中層にサスペンドしているバスを誘うつもりなら、これぐらいのフォールスピードがベターともいえるでしょう。

着底の瞬間、ラインテンションが緩んでラインがたるみます。

何投かしているうちに、着底するまでにラインがたるむことがありました。

こんなに早く着底するはずがないのにおかしいぞ!と感じたので、リールのクラッチをつないでロッドを立て、ラインにテンションを与えてみると・・・。

なんとラインが、左方向へスライドしていきます。

ボトムへ向かって真っすぐフォールしているはずなのに、横方向へスライドしていくということは、バスがすでにくわえているのかもしれません。

急いでリールハンドルを回し、ロッドティップが曲がったのを確認してから、強めのフッキング!

ぷりぷりに太った体格のバスが、水面まで上がってきてくれました。

デラクーをフィールドへ持ち出して実釣インプレしてみた!

デラクーの3/8ozタイプと1/2ozタイプを使ったときは、ボトムまでの到達スピードが早く、手返しのいいアプローチを実践できたと感じました。

着底の際に、地形変化にスタックするケースが増えたので、ズル引きにならないように心がけます。

デラクーの3/4ozタイプと1ozタイプは、リザーバーなどの深い水深が伴なう釣り場で活躍してくれました。

一気に潜ってくれますから、ブレイクラインなどの位置確認に長けている印象です。

リフト&フォールにもメリハリが生まれますし、バスのリアクションバイトを誘発するのにも向いています。

スピナーベイトのようにスローリトリーブでボトムをトレースしてみましたが、やはりフックが引っ掛かるケースが多発してしまいました。

3/8ozタイプ以上の重さのあるデラクーには、8番サイズのトレブルフックが標準で付いています。

合計8種類のカラーバリエーションからお気に入りのカラーを選ぼう!

デラクーには、2022年に新しいカラーバリエーションが8種類追加ラインナップされました。

●マッディブラックカラー

●チャートバックギルストライプカラー

●ギルストライプカラー

●銀粉キンクロカラー

●クリアアップワカサギカラー

●ピンクバッククラウンカラー

●ライムルミナスカラー

●デラチャートカラー

定番カラーの中に、銀粉などのシーバスゲームで人気のカラーも含まれています。

実釣で効果のありそうなものばかりですから、複数種類用意して、ローテーションしながらバスの反応をチェックしてみましょう。

デラクー2022年NEWカラーバリエーションを詳しく解説している動画はこちら

デラクーを操るのにおすすめのタックルを選んでみた!

デラクーをフルキャストして操作するのに向いている、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

ロッドは、1ozまで使えるMHパワーブランクスのベイトロッドがマッチします。

リールは、12lbのモノフィラメントラインを大量に巻けるベイトリールなら、広範囲を探れるでしょう。

JACKALL(ジャッカル) BPM BP-C610M+

JACKALL(ジャッカル) BPM BP-C610M+

最安値価格
¥14,247(楽天市場)

Amazonへ ¥16,351

楽天市場へ ¥14,247

Yahoo!へ ¥15,427

ジャッカルからリリースされている、M+パワーブランクスのベイトロッドです。

全長は6.10ftに設計されていて、2ピース仕様。

適合するルアーウエイトは、5gから28gまでなので、1ozタイプのデラクーまできっちりキャストすることができます。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら8lbから16lbまで。

ウエイトは125gと、やや重めに作られています。

実際に手に取って振ってみると、持ち重り感を感じてしまう程度ではなく、適度な張りでルアーを操作しやすい印象が強いです。

ガイドにはラインが絡まりにくく、キャストをキープするのに向いているでしょう。

ジャッカルのベイトロッドは、硬過ぎるイメージがなく、バックスイングに対してきっちりしなってくれます。

それを前方へ押し出すだけで、ルアーは飛距離を伸ばしてくれます。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

6.10ftという長さは、縦方向にリフトするのに適しています。

そこから前傾させるだけで、ラインテンションのかかったフォールを実施できるのが強みです。

その間に発生するバスのバイトに対して、間髪入れずにフッキングに持ち込めるでしょう。

水に沈みやすいライン特性のほうが、アタリは出やすいので、フロロカーボンラインをメインラインに選択してみてください。

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 20 メタニウム XG LEFT バーサタイル

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 20 メタニウム XG LEFT バーサタイル

最安値価格
¥35,651(Yahoo!)

Amazonへ ¥63,209

楽天市場へ ¥50,023

Yahoo!へ ¥35,651

シマノのベイトリール・20メタニウムシリーズの中から、エクストラハイギアモデルを選んでみました。

ギア比は8.1対1なので、ハンドルを1回転させると、86cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

最大ドラグ力は5.0kgで、ウエイトは175gです。

スプール寸法は、直径が34mmで、幅が19mm。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら12lbを100m巻けます。

ハンドルの長さは45mmで、ボールベアリングは10個搭載しています。

実際にフィールドで使ってみると、やや巻き心地に重さは感じるものの、カチッとした剛性感によって、安定したリトリーブをキープできます。

12lbのフロロカーボンラインとのマッチングは良好で、デラクーをロングキャストして広範囲を探るのに適しているでしょう。

実売価格は3万円台と、ハイスペックならではの価格帯に設定されています。

この1台を持っていれば、バス釣りはもちろん、チヌゲームやロックフィッシュゲームなどにも転用できるので、おすすめのベイトリールといえます。

細いPEラインを巻きたい場合は、22メタニウムのシャローエディションを手に取ってみるのがいいかもしれません。

デラクーを使いこなして厳寒期のビッグバスを釣り上げよう!

デラクーの特徴や使い方・実釣インプレ、おすすめのタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

メーカー希望販売価格は、935円から1,034円です。

複数のカラーバリエーションをタックルボックスに携行して、さまざまな釣り場へ出向いてみましょう。

キャストする際は、自分の背後や周囲に人がいないか、しっかり確認してからロッドを振るようにしてください。

ジャッカルの関連記事はこちら

バス釣り」カテゴリの人気記事

ルアー」カテゴリの人気記事

ジャッカル」カテゴリの人気記事

DAILYランキング