ルアーのアップ写真

ジャッカルのロックショアブランド【シアン】発動!2022年シアン メタルバイブ新登場

FISHING JAPAN 編集部

ジャッカルがソルトウォーターゲームシーンで培ってきたノウハウをベースに、ロックショアブランドを立ち上げました。

その名は、シアン。

2022年にはその第一弾モデル・シアン メタルバイブがリリースされます。

どんなスペックに仕上がっているのか、詳しくチェックしてみましょう。

シアン メタルバイブとは

シアン メタルバイブとは、2022年にジャッカルから新発売となる、鉄板系バイブレーションルアーのことです。

ロックショアシーンで使うことを前提として作られているので、とにかく頑丈そのもの。

合計で2機種用意されていて、ウエイト60gのほうは、全長が107mm。

2番サイズのトレブルフックが、お腹側と最後尾に付いています。

ウエイト80gのほうは、全長が119mmで、1番サイズのトレブルフックを装備しています。

シアン メタルバイブは、細かなピッチを発生するように作られています。

ピッチは強烈なフラッシングを生み、鉄板系バイブレーションルアー特有の優れたレンジキープ力を発揮します。

ミノーやシンペンといったハードプラグやメタルジグでは、どうしてもバイトに持ち込めないシチュエーションがありますし、朝夕マズメが過ぎてしまった後、魚が沈んだかな?と感じたときに、このバイブレーションルアーをラインに結んでみましょう。

これまでのルアープラグでは攻め切ることのできない地形変化や、激しい潮流などで潜在力をアピールしてくれるはずです。

またシアン メタルバイブは、快適な使用感を保持しています。

ただ巻きやリフト&フォールでアプローチしてみると、その心地良さを体感できるでしょう。

レンジキープするチカラが高いので、カウントダウンを実践することで表層から底層までを丹念に探れます。

ボディがスリムで低重心ですから、引き抵抗が軽いのもメリットになるでしょう。

深場や激しい流れの中でも、高い操作性を体感できるように作られています。

安定した飛行姿勢は、他のルアーに引けを取らない飛距離の伸びを期待できます。

ロックショアからの大遠投で、潮目付近にたむろしている青物を振り向かせてください。

沖合いに点在するシモリにヘッド部分を接触させながら、リアクションバイトを誘発させるのも面白いかもしれません。

ボディを支える金属プレートが、頭部にせり出しているので、ひんぱんに接触しても変形しにくいでしょう。

その金属には、一般的なステンレス鋼SUS304と比べて高い硬度と強い復元力を持つ、SUS301を採用しています。

シアン メタルバイブのラインアイに注目!

シアン メタルバイブのラインアイの位置に注目してください。

軽い引き抵抗とレンジキープを両立するための、絶妙なポジションに設置されています。

また背中から飛び出したようになっている形状は、ルアー交換をカンタンにしてくれるでしょう。

ジャッカルが長年のルアー開発から得た工夫を、上手く活かしている部分といえそうです。

それから低重心になるように、ボディがデザインされていることにも注目です。

キャストの際には安定した飛行姿勢をキープ、リトリーブの際には軽い引き抵抗で手元にしっかり伝わるアクションを発生させます。

合計8種類のカラーバリエーションからお気に入りのカラーを選ぼう!

シアン メタルバイブには、全部で8種類のカラーバリエーションがラインナップされています。

●イワシカラー

●ブルピンカラー

●ミラーシルバーカラー

●ピンクバックカラー

●トロピカルグローカラー

●ヒラスブラックカラー

●ヒラススパークカラー

●アカキン/グローベリーカラー

定番人気のカラーがしっかり並べられていて、購入時に迷わなくて済みそうです。

メタルジグを含めたフラッシング効果を考慮したローテーションを、いろいろ試してみたくなります。

グロー系カラーも用意されているので、深い層や日照の弱いシチュエーションで使ってみましょう。

シアン メタルバイブをキャストするのにおすすめのタックルを選んでみた!

それではシアン メタルバイブをキャストしてリトリーブを繰り返すのに向いている、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

ロングキャストを考えると、やや長めで張りのあるブランクスのロッドがマッチします。

リールは、5000番前後のスピニングリールなら、飛距離をじゅうぶん稼げるでしょう。

シマノ(SHIMANO) ロッド コルトスナイパー SS S100MH ショアジギング スタンダード 地磯 沖磯 沖堤 青物(~8kg)

シマノ(SHIMANO) ロッド コルトスナイパー SS S100MH ショアジギング スタンダード 地磯 沖磯 沖堤 青物(~8kg)

最安値価格
¥20,543(amazon)

Amazonへ ¥20,543

楽天市場へ ¥20,908

Yahoo!へ 取扱なし

シマノのコルトスナイパーSSシリーズの中から、10ftのMHパワーブランクスモデルを選んでみました。

全長は3.05mなので、振り込むだけで飛距離を伸ばせるでしょう。

2ピース仕様で、仕舞寸法は157.0cmです。

やや長い仕舞寸法ですから、クルマへの積み込み・積み降ろしにはじゅうぶん注意してください。

ウエイトは260gと扱いやすく、先径は2.2mmとやや太めです。

適合するルアープラグウェイトは、最大で65gまで。

メタルジグなら、最大で80gまでキャスト可能です。

適合するPEラインは、最大で3.0号までとなっています。

ブランクスのカーボン素材含有率は。99.8%です。

実際に手に取って振ってみると、さほど重さは感じず、しっかりと張りのあるブランクスに仕上がっている印象です。

しっかりと胴に乗せてルアーを放出できるので、ロングキャストを続けたい人に使ってもらいたい1本です。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

ロックショアはもちろん、サーフからでもアプローチするのに向いているでしょう。

沖合いでナブラが発生したら、それを越える場所までシアン メタルバイブを届けてください。

ただ巻きリトリーブを基本に、リフト&フォールを絡めながら、バイトを誘発してみましょう。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール ソルトウォーター ツインパワー XD 2021 C5000XG ショアジギング ショアキャスティング シーバス

シマノ(SHIMANO) スピニングリール ソルトウォーター ツインパワー XD 2021 C5000XG ショアジギング ショアキャスティング シーバス

最安値価格
¥39,339(amazon)

Amazonへ ¥39,339

楽天市場へ ¥42,818

ツインパワーXDシリーズの中から、C5000番のエクストラハイギアモデルを選んでみました。

ギア比は6.2対1に設定されていて、ハンドル1巻きにつき101cmものラインを巻き取ることができるように作られています。

実用ドラグ力/最大ドラグ力は、6.0/11.0kgです。

ウエイトは245gと軽めで、スプール寸法は直径が52mmでストロークが19mm。

ラインキャパは、PEラインなら3.0号を200mまで巻けます。

ハンドルの長さは57mmで、ボールベアリングは10個配置されています。

実際に手に取って回してみると、とても軽やかで滑らかな巻き心地に仕上がっています。

全体的なウエイトも軽く、これが5000番サイズのスピニングリールなのか?と驚いてしまうほど。

負荷が掛かっても巻き心地にさほど変化は見られないので、大胆に積極的に使ってみるのがいいでしょう。

実売価格は4万円前後と、ハイスペックならではの価格帯に設定されています。

さまざまなシチュエーションに持ち込んで、軽快にロッドを振り回したいアングラーにおすすめの1台です。

釣行から帰宅したらラインローラー部分を中心に、真水で丁寧に洗浄メンテナンスをおこなってください。

シアン メタルバイブの気になる発売日はいつ?

シアン メタルバイブの気になる発売日は、2022年の9月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、1,760円から1,925円です。

風が強いときは重いほうを結んだり、ベイトフィッシュが小さいときは軽いほうをキャストしたりと、自分なりに2種類を使い分けてください。

メタルジグとのローテーションも、とても効果を発揮してくれるはずです。

岩礁帯にヒットさせながら、丁寧にトレースを続けて魚を呼び込むようにしてください。

青物はもちろん、シーバスやロックフィッシュなども、豪快に食い付いてくるでしょう。

ジャッカルの関連記事はこちら

ショアジギング」カテゴリの人気記事

ルアー」カテゴリの人気記事

ジャッカル」カテゴリの人気記事

DAILYランキング