ワームのアップ写真

ムーブベイトは2023年新登場の複雑波動系シャッドテールワーム!

FISHING JAPAN 編集部

オフセットフックは、ほとんどのデザインがワームボディに沿うように作られていますから、スリットを設けておくと、ハリ先が障害物に引っ掛かりにくくなります。

2023年ダイワからリリースされるワーム・ムーブベイトは、オフセットフックとのマッチングが良好で、ノーシンカーリグやフリーリグを多用するオカッパリシーンで活躍してくれるでしょう。

その特徴や使い方について、詳しくご紹介します。

ムーブベイトってどんなワームなの?

ムーブベイトとは、2023年ダイワから新発売される、扁平ボディのシャッドテールワームのことです。

全長は3.1inchですから、大き過ぎることも小さ過ぎてアピールが足りないこともありません。

参考までにウエイトは、任意のオフセットフックを装着した状態で、約8g。

8gもあれば、MLからMパワーブランクスのベイトロッド+ベイトリールで、楽々キャスト可能でしょう。

オカッパリシーンでひんぱんに使われるベイトタックルになりますから、多くのアングラーに支持される要素が詰まっていることになります。

ムーブベイトには、溝の深い逆方向リブが複数刻まれています。

リブが水をしっかりつかむので、ブレーキと細かな水流=剥がされたような反転流を発生させます。

また扁平ボディが、水面をスキッピングさせるのに有効でしょう。

ボディ側面には、4本の爪を設置。

最後尾のシャッドテールと相まって、複雑な水流を生み出しながらフィッシュイーターたちを引き寄せてくれます。

ムーブベイトのボディには、柔らかめのワームマテリアルを使っています。

柔らかさは本来、ボディの張りと水を押すパワーが減り気味になりがちですが、逆リブ形状によって水押しを確保しています。

4本の爪は、ノーシンカーリグをフォールさせるだけでもアクションしますし、リトリーブスピードをスローに落としても、シャッドテールとともにアクションを継続してくれます。

ボトムの地形変化をなぞる場合や、中層・水面直下をスイミングする場合にも、生命感を伴なったアクションを期待できるかもしれません。

スリットでハリ先を隠せるムーブベイト!

ムーブベイトの背中に注目してください。

縦方向にスリットが入っていて、凹型ボディデザインになっています。

オフセットフックをボディ中心部に装着した際には、しっかりとハリ先を隠せます。

フッキング時はには、柔らかいマテリアル+深溝のリブが一瞬で潰れてくれるので、ハリ先が飛び出してフィッシュイーターのアゴをとらえるでしょう。

オカッパリシーンでよく使われるフリーリグなら、フリーフォール中のバイトが発生しやすいです。

そのとき、フッキングの効率が良ければ、獲れるフィッシュイーターの数も俄然増えることになるでしょう。

ブルーギルが爪やシャッドテールを引っ張っているのを判断できるようになれば、バスに狙いを絞ってフッキングできるかもしれません。

合計8種類のカラーバリエーションからお気に入りのカラーを選ぼう!

ムーブベイトには、全部で8種類のカラーバリエーションが用意されています。

●グリーンパンプキンカラー

●スモークシャッドカラー

●ライトチャートカラー

●ウキゴリブルーフレークカラー

●ブルーギルカラー

●サマークローカラー

●グリーンパンプキングリーンフレークカラー

●マジックシャッドカラー

ラメ入りでキラキラと光るものや、チャート系の膨張色などが揃っています。

定番のグリパン系やグリーン・スモーク系も選べますから、釣り場のシチュエーションに合わせて使ってみましょう。

周囲・背景のカラーと似たものを使うと、保護色の効果が得られます。

自然界で保護色を纏っている生き物は、捕食対象になりやすく、フィッシュイーターのターゲットカラーとして有効でしょう。

ムーブベイトを操作するのにおすすめのタックルを選んでみた!

ムーブベイトをフリーリグにセットして操るのに向いている、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

ロッドは、Mパワー前後のブランクスを持ったベイトロッドがマッチします。

リールは、14lb前後のフロロカーボンラインを大量に巻けるベイトリールが、扱いやすいでしょう。

ダイワ(DAIWA) 21 ブラックレーベル トラベル C66M-5

ダイワ(DAIWA) 21 ブラックレーベル トラベル C66M-5

最安値価格
¥33,710(Yahoo!)

Amazonへ ¥35,420

楽天市場へ ¥33,902

Yahoo!へ ¥33,710

ダイワのバス釣り用ベイトロッド・ブラックレーベルシリーズの中から、マルチピース仕様のモバイルロッドを選んでみました。

全長は1.98mなので、とても取り回ししやすい長さに設計されています。

継数は5本ですから、仕舞寸法はなんと46cmにまで縮まります。

これならクルマに積んでおいても邪魔になりませんし、小旅行時のカバンに収納することも可能です。

ウエイトは115gと軽めで、先径/元径は2.3/13.9mmと太め。

適合するルアーウエイトは、5gから28gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら8lbから16lbまで、PEラインなら最大4号まで対応可能です。

ブランクスはレギュラーテーパーで、カーボン素材含有率は99%になっています。

実際に手に取って継いでみると、軽くて適度な張りを伴なっています。

継目部分の曲がり込みは良好ですから、変に突っ張ってしならない状態にはなりにくいでしょう。

グリップは細身で握りやすく、フッキングしたフィッシュイーターが暴れても、じゅうぶん時間をかけて耐えることができます。

実売価格は3万円台と、ハイスペックならではの価格帯に設定されています。

マルチピース仕様のモバイルロッドがまだ手元に無いなら、1本持っておくととても便利でしょう。

さまざまな釣りシーンで、活躍してくれるのは間違いないところです。

ガイドがやや小さめなので、強い負荷が掛からないように保管しましょう。

ダイワ(DAIWA) ベイトリール STEEZ(スティーズ) AII TW 1000HL 2022年モデル

ダイワ(DAIWA) ベイトリール STEEZ(スティーズ) AII TW 1000HL 2022年モデル

最安値価格
¥8,272(Yahoo!)

Amazonへ ¥50,700

楽天市場へ ¥53,299

Yahoo!へ ¥8,272

2022年の12月にリリースされたばかりのベイトリール、スティーズAです。

ギア比は7.1対1なので、ハンドル1回転につき75cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

最大ドラグ力は6kgで、ウエイトは190gと軽め。

スプールの直径は34mmで、ラインキャパはモノフィラメントラインなら14lbを100m巻けます。

ボールベアリングは、10個搭載しています。

実際に手に取ってみると、ハンドル回転は滑らかで、安定したリトリーブをおこなえる印象を持ちました。

カチッと確実に切れるクラッチやTWSのターンアクションも良好で、全体的に剛性感が増しているのではないでしょうか。

ラインキャパに余裕があるのも、スティーズAの魅力のひとつ。

ムーブベイトをフリーリグにセットして、ロングキャストで沖合いのブレイクラインを攻めてみたくなります。

実売価格は4万円台と、ハイスペックに見合った価格帯に設定されています。

長く手元に置いて使い続けられるベイトリールを探しているなら、選択肢のひとつに加えてみてはいかがでしょうか。

PEラインを巻く場合は、3号前後の太さのものを選んで試してみましょう。

ショックリーダーラインとのノットは、あまり大きなコブにならないようにすると、干渉が減って飛距離が伸びやすくなります。

ムーブベイトの気になる発売日はいつ?

ムーブベイトの気になる発売日は、2023年の4月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、700円です。

ゆらゆらとボトムへ向かってフォールしていく様子が艶めかしいので、ノーシンカーリグやフリーリグで多用したくなるワームです。

シャッドテールの先端部分に蛍光のワーム用塗料を塗っておくと、左右に揺れているのを視認しやすくなります。

バイトの瞬間も判断できるので、素早いフッキングを実践できるかもしれません。

サマークローカラーやライトチャートカラーのテールは、元々視認性の高いものに仕上げられています。

2023年新製品関連記事はこちら

バス釣り」カテゴリの人気記事

ワーム」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング