ワーム 写真

デスアダーの使い方特集!大人気バス釣り用ワームはヒラメやシーバスにも効く!

FISHING JAPAN 編集部

デプスからリリースされているデスアダーは、ビッグバスを釣るのに実績のあるワームです。

ストレートワームにボリュームを持たせた形状で、スティックベイトと呼ばれるカテゴリーに属しています。

ボディ全体にはリブが刻まれていて、最後尾はピンテールになっていますよ。

その特徴や使い方に迫ってみましょう。

デスアダーのサイズ

デスアダーは、ボリュームのあるスティックベイトです。

サイズは、4種類。

4インチ・5インチ・6インチ・8インチから選べるようになっていますよ。

デスアダーのリブにはどんな効果があるの?

デスアダーは、小魚のカタチをデフォルメして、生命感が溢れるようにデザインされたワームです。

水中に沈めると、リブの隙間ひとつひとつに水が行き渡り、周囲をしっかりと攪拌させながらアクションを繰り返すことになります。

まるで水を剥がし、かき回しているかのような効果が得られるので、バスが近寄っても疑わずにバイトするのでしょう。

デスアダーはバスはもちろんヒラメやシーバスにも効果的!

実はデスアダーが効果を及ぼすのは、バスだけではありません。

ソルトウォーターの釣りで、例えばサーフにおいてジグヘッドにデスアダーをセットして投げると、ヒラメが食い付いてきたりしますよ。

河口域や汽水域では、同じリグでシーバスをとらえることも可能です。

よく釣れるスティックベイトとして評価され続けている!

デスアダーがリリースされる以前には、アメリカ製のギャンブラースタッドやスラッゴーなどが、よく釣れるスティックベイトとして認知されていました。

しかしながら、デスアダーが釣具店に並ぶようになると、圧倒的に釣果で釣り人の支持を集めるようになっていったのです。

理由はとてもシンプルで、よく釣れるからです。

あらゆるリグに対応できますから、初心者からベテランまで一気にファン層を広げていきました。

デスアダーにおすすめのリグとは?

デスアダーにマッチするおすすめリグは、何といってもノーシンカーリグでしょう。

オフセットフックを用いてノーシンカーリグにし、オーバーハング下などを効率よく攻めることができます。

その他、ジグヘッドリグにセットして、着底後放置するのも効果的です。

放置しているものの、そのボリューム感とテールの微振動などが、バスを誘い続けてくれるのです。

また、フックの先を隠してウィードレス性能を高めるディープグルーブも、釣れる確率を高めていますよ。

デスアダーをネット通販で購入してみよう!

デスアダーは、素材に対する塩の含有率が25パーセントなので、ノーシンカー状態でも長い距離を飛んでくれます。

着水後フリーフォールさせながら誘うもよし、シェイクしてバスを集めるもよし。

さまざまなアプローチを試しながら、自分の釣りスタイルに合わせてみましょう。

欲しいサイズやカラーが決まれば、ネット通販で在庫を探してくださいね。

4in チャート色に 3.5gシンカー付き
オフセットフック 3 野池朝まずめ
シャローの倒れ木きわきわにキャスト
強烈な引きプリバス 51cm
胸の鼓動と重さで手の震えを感じました

出典:amazon

デスアダーでビッグバスやヒラメを狙おう!

今回は、デプスの人気ルアー「デスアダー」についてご紹介しました!

デスアダーはバスだけではなく、ヒラメやシーバスも狙える、大人気ルアーです。

みなさんもデスアダーを持って、バス釣りやヒラメ釣りにでかけてみてくださいね!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング