ロッドのアップ写真

デプスのサイドワインダーを使ってみたい!人気バスロッドのインプレ特集

FISHING JAPAN 編集部

バス釣り用アイテムをリリースしているメーカーで、高い人気を誇っているのが、デプス。

特に長年注目を浴びてきたのが、専用ロッドのサイドワインダーシリーズです。

実際に使ってみたインプレを絡めながら、どのようなロッドなのか詳しくご紹介しましょう。

「サイドワインダーに初心者用のエントリーモデルってあるの?」

スピニングタックルが用意されていますから、ベイトリールに不慣れならそちらから手にしてみるといいでしょう。

中古市場でも高値が付いているサイドワインダーシリーズ、まだまだアングラーのハートをとらえて放さない印象が強いですね。

デプスのサイドワインダーとは

デプスのサイドワインダーとは、バス釣りに特化したヘビーデューティーなロッドアイテムのことです。

その歴史は古く、スピナーベイトのスローローリングやヘビーウエイトのラバージグを中層スイミングさせるメソッド実践に、とてもよくマッチする味付けが施されていたイメージがありますね。

手元に伝わってくる感度が違うんです。

しっかりとした振動が増幅されて手元で踊る感覚は、チタンフレームによるダブルフットガイドによるものか、はたまたグリップに内蔵されたカーボンコネクターによるものか。

グリップエンドに標準で装着されているバランサーも、サイドワインダー独自の感知能力を後押ししているように感じます。

実際に手にしてみただけでは、他のロッドより重いという印象しか残りませんが、ひとたびフィールドに出てバスを掛けてみると、圧倒的な引き寄せパワーとトルクを体感できますよ。

それが2キロを超えるようなビッグバスでも、カンタンに短時間で足元まで持ってくることができるのです。

ブランクスは、ハイエンドスペックモデルにありがちな高弾性カーボンを用いていません。

30トンから40トンカーボンシートを厚巻きにして、バスをリフトアップする際に必要なパワーのベースを作り出しています。

特にHGC-80XR/SEドムドライバーを手にしたときのインパクトは強烈で、4オンス程度のビッグベイトなら軽々キャストできてしまえるのが何とも頼もしく、バスがバイトしてからランディングまでの作業もスムーズにおこなえるようになっています。

大きくて重いルアーを自在に操れるサイドワインダー

デプスのサイドワインダーを使いこなせるようになると、重くて扱いにくいといわれていたルアーの使用に抵抗がなくなります。

例えば、ビッグベイト。

ロッドに負荷が掛かり過ぎて、折れてしまうんじゃないか?と不安を抱きながら、キャストを続けることは難しいですよね。

そういう根本的な問題を、サイドワインダーはとても分かりやすい形で解消してくれます。

本当の強いロッドとは何か、扱いやすいロッドの定義を具体的に表してくれているからでしょう。

当然太いラインが要りますし、それを巻けるベイトリールも求められます。

それら全てを使いこなすことで、サイドワインダーのスペックが活きてくるといえるのです。

最近のビッグベイトは、100グラムを軽く超えるウエイトのものが増えてきました。

その負荷に負けないロッド作りを極めて早い段階から取り組み、製品化に漕ぎつけているデプスに対し、ユーザーは惜しみない拍手を送っています。

搭載されているガイドに注目!

サイドワインダーに装着されているガイドは、細心の注意を持って取り付けがおこなわれています。

ラインが絡まないように、オフショアゲームで使われているトップガイドを採用したり、チタン製のダブルフットガイドを選択することで、高い感度と剛性・耐久性の両立を成し遂げています。

ロクマルサイズのバスを掛けてもビクともしませんし、太目の撚り糸やショックリーダーラインとの結び目が通過しても、スムーズにやり取りを実践できるのが素晴らしいですね。

耐久性が抜けていれば、実釣を連続で重ねることができなくなります。

バス釣りの環境は刻々と変わっていきますから、本来釣れるはずだった魚を見逃すことにも。

そういう辛い思いをせずに済むのも、サイドワインダー所有者の大きなメリットといえるかもしれません。

デプスのサイドワインダーや装着したいおすすめタックルをピックアップ!

デプスのサイドワインダーシリーズの中から、おすすめのアイテムをご紹介しましょう。

また、サイドワインダーにマッチするベイトリールやラインについても、実際に使ったものをピックアップしてみました。

華奢なリールやラインでは、サイドワインダーのパワーに対応できませんからね。

deps deps/デプス サイドワインダー/HGC-80XR SE ドムドライバースペシャルエディション

deps deps/デプス サイドワインダー/HGC-80XR SE ドムドライバースペシャルエディション

最安値価格
¥56,700(amazon)

Amazonへ ¥56,700

楽天市場へ ¥56,845

Yahoo!へ ¥56,845

こちらは、サイドワインダーのドムドライバー・スペシャルエディションです。

通常モデルの長さ8フィートと変わりはありませんが、キレのあるアクションを発生させるためのエクストラヘビー+レギュラーテーパーにデザインされたブランクが用意されています。

このテーパーなら、大型ミノーやビッグベイトを素早くジャークして左右にダートさせることが可能でしょう。

ガイドシステムにはダブルフット+Kガイドを搭載、足元をダブルラッピングでスレッド巻きして、割れなどを未然に防ぐように仕上げられていますよ。

6オンス前後のウエイトを持ったビッグベイトでも、きっちりキャストしてリトリーブすることが可能なスペックに、多くのアングラーから支持が集まっています。

実際に手にしてみると、長さはさほど気にならず、振り抜けの良さや曲がってからの弾き過ぎない復元に納得できます。

昨今のビッグベイト用ロッドは、硬過ぎてせっかくのバイトを跳ね退けてしまうものが多々ありますから、そういうデメリットをきっちり抑え込んでいる作り方に共感できますよね。

実売価格は5万円台と安くはありませんが、唯一無二なブランクとバランスを手に入れられるでしょう。

ヘビーウエイトのスピナーベイトやラバージグのスイミングにも使ってみましたが、曲がり込みのある分フッキングに持ち込みやすい印象でした。

ロッドを縦方向に動かしながら、狙いたい層にルアーのトレースコースを合わせてリールハンドルを回します。

バイトがあってもすぐにはロッドを振り上げず、ラインの走りを確認しながらの巻き合わせを実践すると、ロッドの長さが活きてきますよ。

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 18 カルカッタコンクエスト 300 右 ビッグベイト シーバス

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 18 カルカッタコンクエスト 300 右 ビッグベイト シーバス

最安値価格
¥8,298(Yahoo!)

Amazonへ ¥45,265

楽天市場へ ¥48,499

Yahoo!へ ¥8,298

シマノの丸型ベイトリール・カルカッタコンクエストの300番です。

自重330グラムですから、オールドABUの5000番クラスと同じくらいでしょうか。

現代の軽量リールに慣れてしまうと辛いかもしれませんが、この程度の重さならキャスティングを繰り返すのに何ら問題はありません。

対処できるように体力を付けて臨むようにしましょう。

ラインキャパは、25ポンドラインが135メートルも巻くことが可能です。

これなら6オンスを超えるビッグベイトの負荷にも耐えられるでしょう。

滑らかで軽やかな巻き心地は、カルカッタコンクエスト全機種に共通するスペック。

実売価格は4万円台と安くはないですが、長く使えるメリットは大きいはず。

太いラインを使いこなしたい人に、おすすめの傑作ベイトリールです。

レベルワインドが、ライン放出に連動するのもいいですね。

クレハ(KUREHA) ライン シーガー R-18フロロリミテッド 80m 25lb

クレハ(KUREHA) ライン シーガー R-18フロロリミテッド 80m 25lb

最安値価格
¥1,527(Yahoo!)

Amazonへ ¥1,748

楽天市場へ ¥1,530

Yahoo!へ ¥1,527

クレハから出ている道糸用フロロカーボンラインです。

25ポンドと太目で、強度としなやかさ・シーガーならではの結節強度・耐摩耗性、そして高い感度を誇っていますよ。

80メートルしかないので、もっと長く巻きたい人は、同社のシーガーフロロマイスターを使ってみてください。

やや柔らかくなりますが、しっかりと水に沈み込むフロロカーボンの特性を活かした釣りを展開できますよ。

実売価格は千円台、巻き替えも考慮すると低価格に抑えられているのがありがたいですね。

実際にノットを組んでみると、非常に強くて破断したことが一度もありません。

バスを掛けたら結び換えるようにしておけば、ラインブレイクを回避しながら釣りを楽しめるでしょう。

デプスのサイドワインダーを駆使してビッグバスを釣り上げよう!

デプスのサイドワインダーの特徴や、おすすめのタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

まだ使ったことがないという人なら、ビッグベイトの釣りに適したロッドですから、そういうアプローチに興味を持ったタイミングで手にしてみてください。

ガッチリした剛性感は、これまで味わってきたロッドにはないものだと実感できるでしょう。

デプスの関連記事はこちら

デプス」カテゴリの人気記事

DAILYランキング