デプスのルアーの写真

デプスのルアー使ったことある?バス釣りには欠かせないデプスの魅力に迫ります!

FISHING JAPAN 編集部

デプスはバス釣りを楽しむアングラーには欠かせないメーカーになってきました。

琵琶湖などでデプスのビックベイトを使う釣りは、バスアングラーからすると憧れですね!

今回は、デプスの魅力、オススメのルアー、デプスのカリスマたちをご紹介します!

デプスとは

デプスはブラックバスをターゲットとしたルアーを製造・販売しているメーカーです。

バス釣り業界では超有名プロアングラーでもある奥村和正さんが設立しました。

デプスの製品のターゲットはズバリ、ビッグバス。

デプス独自のコンセプトのもとに作られたルアーやワームは、どれも個性的で高性能です。

ビッグバスをターゲットにするその姿勢は業界イチといっても過言ではありません。

実際にデプスのルアーでの釣果は、ビッグバスが連発しているようです。

デプスのハードプラグは、ベイトに酷似したリアルフォルムがビッグバスを狙う釣り人を魅了します!

ビッグベイトでビッグバスが釣れたときの喜びや興奮は、かけがえのないものですよね。

最近ではワームやルアーだけでなく、ロッドやリールの開発にも力を注いでいます。

2018年には、ダイワとコラボしたリールが発売され話題を呼びました。

デプスは精力的にビッグバスを狙うアングラーの心を揺さぶる製品を開発し続けています。

デプス生みの親の奥村和正さんの魅力的な人柄も、その人気の秘密かもしれません。

奥村和正さんの、ビッグバスを追いかける志が実現化されたルアーは、一度使うと病みつきになるものがありますよ!

デプスの本社は京都にあり、京都は奥村和正さんの出身地でもあります。

京都からなら、琵琶湖へのアクセスも良いので、ルアーの開発にはピッタリの立地ですね!

デプスのカリスマたち

デプスのフィールドスタッフには多くのカリスマたちが在籍しています。

プロのアングラーは、その人それぞれ個性的な釣り方をしていてそれでいて安定した釣果を叩き出します。

釣りの上達には、見様見真似でやってみることが結構大事になってきます。

デプスの製品を使ってビッグバスを釣りたいなら、デプス所属のプロの釣りを見るのが手っ取り早いはず!

デプスのカリスマたちを紹介していきましょう!

デプスのカリスマ:奥村和正

デプスの創始者・奥村和正さんは、バス釣り界隈で超有名なカリスマです。

デプスの製品はすべて、奥村和正さんのビッグバスを追い求める心が詰め込まれていると言っても過言ではありません。

奥村和正さんは、ザ・フィッシング等のTV番組にも出演していて、その人柄も魅力的です。

琵琶湖や池原ダムと言ったビッグレイクのフィールドでビッグバスを釣り上げる様子は、目が離せないほど面白い!

そしてデプスの社長として、アングラー目線の釣れるビッグベイトを世に送り出し続けています。

奥村和正さんは、1969年1月9日生まれ。

フェイスブックやツイッターは、頻繁に更新してくれるのでファンの方は必見です!

最新のデプスのルアー情報や発売前の新製品の水中アクション動画なども見れちゃうかもしれません。

デプスのカリスマ:木村建太

キムケンの愛称で親しまれている木村建太プロは、その豪快な釣りが大人気!

見ていてワクワクする釣りをしてくれるプロアングラーです。

デプスのフィールドスタッフとしていち早く製品を使って、豪快な釣りを見せてくれています。

木村建太プロは1982年2月7日生まれの、京都府出身です。

バス釣りの本場であるアメリカで釣り修行をしたり、トーナメントに精力的に参加する姿勢は、まさにバスプロの鏡ですね!

フロッグを使う豪快な釣りがアングラーを魅了します!

バスの豪快なバイトが炸裂する木村建太プロの釣りは、その様子を見ているだけで楽しめますよ!

木村建太プロの豪快な釣り方、非常にかっこいいですね!

この動画で木村建太プロが使っているイヴォークは、デプスを代表するクランクベイトです。

5年前の動画ですが、今でもリニューアルを重ね、愛用され続けているルアーですよ!

木村建太プロがクランクをゴリゴリ巻くファイトの様子は、見ていてスカッとしますね!

木村建太プロのオフィシャルサイトは、ファンなら必見です!

ツイッターもよく更新してくれますよ!

デプスが出店するフィッシングショーなどにはよく出演されているので、ぜひ会ってみたい方は要チェックです!

デプスのルアーの魅力

ここからは、デプスのルアーの魅力について紹介していきましょう!

デプスのルアーといえば、ビッグベイトルアー。

その大きさや独創性に魅力を感じずにはいられません。

デプスの代表作でもあるブルシューターは、本物のブルーギルにそっくりなりあるフォルムです!

デプスの代表的なルアー「ブルシューター」

リアルなブルーギルのフォルムは、ビッグレイクに潜むビッグバスの捕食スイッチを刺激し、確実にビッグバスが狙えます。

デプスのルアーは、その個性的なデザインが魅力!

こんなにリアルなブルーギルのビッグベイトは、デプスのブルシューターぐらいではないでしょうか・・・

また、厚みのある大きなリップが特徴的なクランクベイト「イヴォーク」シリーズもデプスの代表的なルアーです。

デプスの代表的なルアー「イヴォーク」シリーズ

イヴォークは、ボトムノックに非常に強いクランクベイト。

愛用者も多い人気のクランクです。

イヴォークの大きなリップは、デプスのオリジナリティが爆発している気がしてきます・・・!

デプスは、ビッグベイトはもちろん、クランクベイトもセンスのある実際に釣れるルアーが揃っているんです!

デプスのルアーの魅力は、ハードルアーだけではありません。

デプスといえばソフトワーム、という方もいるかも知れませんが、それほどワームも有名で魅力がある製品が揃っています。

デプスのワーム「ブルフラット」

ブルフラットはデプスで今一番人気と言っても過言ではない熱いワームです。

デプスのワームの中でも少し特徴的な、魚の形をしています。

ギル型ワームと呼ばれる、この形のワームは、一般的なワームに比べ平べったい印象です。

この平べったさが、ビッグバス狙いに最適なんですよ!

デプスのワームでは、その独特なアクションも魅力の1つ。

ブルフラットのみならずさまざまなワームの水中アクションは、どのワームでも秀逸です。

デプスのワームを使いだすと、他のワームが使えなくなってしまうかもしれませんよ!

デプスのルアーの魅力は、日々開発され続けています。

今後の新製品への期待に胸が膨らみますね!

デプスメンバーズって何?

デプスには、デプスウェブメンバーズというファンクラブがあります。

デプスを愛用・応援しているなら入って見ると楽しいかもしれません!

デプスウェブメンバーズは、2004年に発足した結構歴史のあるファンクラブで、発足当時はネットでの会員限定コンテンツがメインでした。

今では実釣を通してフィールドスタッフと交流することができるコンテンツなども増え盛り上がりが止まりません!

実際に奥村和正社長に会ってお話ができる機会もあるみたいですよ!

ファンは必見のイベントですね。

デプスウェブメンバーズ限定ルアー

また、デプスウェブメンバーズになると、限定のルアーが入会特典でもらえます。

逆に言えば、デプスウェブメンバーズにならないとゲットすることの出来ないルアーがあるということです!

コレクター魂をくすぐられます。

デプスウェブメンバーズは、新製品譲歩などがいち早くゲットできる他、メンバーになっていないと購入できないアイテムもあるそうです!

デプスウェブメンバーズについついなってしまいそうですね!(笑)

デプスウェブメンバーズは毎年2月頃に会員募集が始まり、4月からメンバー限定サービスが始まります。

1年毎に更新が必要で、更新しない場合退会したことになります。

デプスウェブメンバーズになるには、募集されている期間に会員への応募が必要です。

募集されている期間(例年2月頃)しか会員になることが出来ないので、注意が必要です。

残念ながら2019年のデプスウェブメンバーズの募集はすでに終了してしまいました。

なってみたい!という方は、来年チャレンジしてみてくださいね。

デプスウェブメンバーズには、約2000円でなることが出来ますので、気になる方はチェックしておきましょう。

詳しくはは下記のリンクから確認してくださいね。

デプスの人気ルアー【2019年最新版】

デプスの人気ルアー、オススメのルアーについて紹介していきましょう。

釣り人としては、どのルアーが釣れるのかが一番気になるところですよね!

デプスのルアーで、ビッグバスを釣り上げましょう!

デプスの人気ルアーについて、特徴やインプレを交えて紹介していきます。

デプスのクランクベイト:イヴォークシリーズ

デプスのクランクベイトといえば、イヴォークシリーズ!

デプス・イヴォークは、木村建太プロが手がけたクランクベイトです。

巻けば沈み、止まるとすばやく浮いてくる、とっても使いやすいクランクです。

クランクベイトを早く巻いてガンガン釣りをしていきたいキムケンさん(木村建太さん)タイプの釣り人には、ピッタリのクランクです。

デプス イヴォーク2.0/1.2

イヴォーク2.0/1.2は、立ち上がりが非常に早くてバランスの良いクランク。

イヴォーク1.2は自重が11g、イヴォーク2.0は18gで、イヴォーク2.0の方が深めのレンジがさぐれます。

レンジに合わせて、2.0と1.2で選んで使いましょう!

琵琶湖がホームグラウンドであるキムケン(木村建太さん)がプロデュースしただけあって、ビックレイクで最大の力を発揮するクランクベイトです。

巻くのをやめるとすばやく浮いてくるので、根掛かりが少ないのも使いやすいポイントの1つです。

早春は、イヴォークを使ってカバークランキングで釣りをするとビッグバスが狙えそうですね!

『釣りの効率を上げる“道具”でなくてはならない』というコンセプトから生まれた対ヘビーカバークランクベイトです。
カバー回避後にあえてヒラを打たせず、すぐに起き上がる直進性の高さ、またアクションのピッチを限界まで早くすることを目指し幾多のトライ&エラーを繰り返すことで当初のイメージを超えた“獲るための道具”へと進化させました。

出典:デプス

イヴォークでいいサイズが釣れていました!

イヴォークシャッドは、イヴォークシリーズのなかでもリップが大きい個性的なクランクです!

こちらも非常に使いやすいサイズになっていますよ!

デプス イヴォークシャッド

低水温期の釣りをより機能的かつ攻撃的に変えるべく、キャスタビリティ、ハイピッチアクション、そしてストラクチャーコンタクト時の直進性の高さを重視し、精密機器を組み上げるかのように細部にわたり追求されたデザイン。
1日のうちに数回しかチャンスが訪れないシビアなコンディション下でも確実に射抜く、攻撃型タイトアクション・シャッド型クランクベイトです。

出典:デプス

デプス イヴォーク4.0

使いやすいサイズは、イヴォーク2.0か1.2のどちらかかとは思いますが、マグナムクランクでビッグバスを狙うのも楽しそう!

デプスのイヴォーク4.0は、10センチもあるマグナムクランクです!

マグナムクランクは、なかなか使いにくいイメージかも知れませんが、イヴォーク4.0は意外にも普通に使えます。

イヴォーク2.0ではなんだか物足りない時、一度使ってみると楽しいはず。

カラーは断然リアルブルーギルが人気ですよ!

品薄状態が続いていまスので、販売店で見かけたらすかさずゲットしている方がいいかもしれません。

バー回避力、直進性能に長けたEVOKEシリーズの基本性能をそのままに、大幅ボリュームアップされたマグナムクランク『イヴォーク4.0』。

出典:デプス

イヴォーク3.0が発売間近!?【新サイズ】

クランクベイトの写真

※イメージです。

出典:pixta_13626550

イヴォーク4.0はでかすぎる・・・

イヴォーク1.2じゃ物足りない・・・

そんなアングラーの気持ちに寄り添って、現在イヴォーク3.0が開発されつつあるようです!

発売がとっても楽しみなイヴォーク3.0。

現在どうやらテスト中とのこと!

発売間近、との噂も耳にしました!

発売されたら、売り切れはおそらく必至です!

発売まで待ち遠しいですね!

デプスのサーフェイスプラグ:バズジェット

バズジェットは、デプスのサーフェイスプラグです。

サーフェイスプラグってご存知ですか?

サーフェイスプラグはシーバスゲームでよく使われるミノーですが、デプスのバズジェットはブラックバス用サーフェイスプラグです。

サーフェイスプラグは、水面や浅い水深を泳ぐプラグで、フローティングミノーより浅い水深で活躍します。

つまり、表層を攻めたい時に活躍するのが、サーフェイスプラグです。

デプスのバズジェットは、特徴的なスパイクリップが特徴です。

そのスパイクリップで水を掴むのですが、そのパワーが凄い!

その波動は、表層だけでなくディープに潜むビッグバスも引き寄せます。

波のある日もこのスパイクリップで水流をおこし、バスの気を引きますよ。

バズジェットから発せられるラトル音も、バスを惹きつけるのに効果てきめんです!

一回り小さいサイズの、バズジェットもアピール力が抜群です。

琵琶湖などの広いフィールドではバズジェット、野池等小さめのフィールドではバズジェットJrを使うのが効果的です。

バズジェットはアピール力が本当に強いので、静かな水面をかき回してビッグバスを狙いましょう!

ゆっくりただ引きでもドッグウォークさせても釣れます!雨の降り始めがベストかも!

出典:Amazon

デプスの代表的ワーム:ブルフラット

ブルフラットは、デプスを代表するワームです。

魚の形をした、少し変わった形のワームが特徴。

この形は、ブルーギルを模したギル型のワームになっているんですよ!

このギルの形が、ブラックバスを魅了します。

琵琶湖などのビッグレイクのみならず、野池や河川で大活躍すること間違いありません。

水中の動きは、まるで生きたブルーギルのよう。

弱った泳ぎを演出し、ブルーギルイーターを刺激しますよ!

ブラックバスの好物は・・・ブルーギルです。

ブラックバスにこのワームがきかない訳ありませんよね。

テキサスリグやジグトレーラーのフォーリングでは、偏平ボディが受ける水抵抗により起こる独特なスパイラルフォールアクションが、単調なフォールアクションを見切っているブルーギルイーターに高次元でアピールしバイトへ持ち込んでくれます。

出典:Amazon

最新カラーが超熱い!【#44サクラザリガニ】

ブルフラットでいまいち押しのカラーは、断然#44サクラザリガニです!

2019年にデプスが開発した最新カラーです。

春のバスに効果的なカラーで、各所で売り切れが続出しているようです。

使ってみたい方は、見つけ次第購入しておくほうがいいかもしれませんね。

続々と釣果ツイートが上がっていますよ!

ブルフラットはワームにしては少しお高めの値段ですが、その分しっかりと釣果の実績があるワームです。

中層をゆっくり巻いて攻めれば、きっと初心者でも釣れるはずです!

ぜひ新色を片手に春のバス釣りを楽しみに出かけましょう!

デプスのおすすめタックル【2019年最新版】

デプスはルアーのイメージが強いですが、実はロッドも結構凄いんです!

デプスの人気ロッド「グングニル」は、超長尺ロッドです。

バスロッドなのに、なんと9フィート6インチもあるんです!

そして、ダイワとコラボしたリール「DR-Z2020XH LTD」は目を引く真っ赤なデザインが超かっこいい!

そんなデプスの最新タックル情報を順にご紹介していきましょう!

グングニル【ロッド】

バス釣り用のロッドって、大体6~7フィート位のものが多いし、使いやすいですよね。

でも、このデプスのグングニルはなんと9フィート6インチもあるんです!

1フィートは約30cmなので、9フィートだと270cmにもなります。

長いロッドの魅力は、その飛距離です。

デプスのグングニルは、飛距離が凄い!

飛距離があると、陸っぱりから狙える範囲が広がります。

その分、ビッグバスと出会えるチャンスが増えるということです。

ロッドが長い分扱いづらさはあるので、少し上級者向けのロッドではありますが、ライントラブルを防ぐラインガイドや、しなやかなブランクスから生まれるパワーは、そのデメリットをしのぎます!

陸っぱりからのバス釣りをを12分に楽しめる超ロングロッドは、一度使って見る価値ありです!

スーパーロングロッドの遠投力は動画でも確認できますよ!

40~50メートルの遠投力はすごいですね!

広いフィールドでバスを狙うなら、遠投力は釣果に直結します。

キャストは結構難易度が高そうなので、キャストに自信のある方は挑戦してみてください!

きっと新しいバス釣りの世界が見えてくるはずです!

パンチングやフリッピングでの対カバー用に開発された、バスフィッシング界ではまだ見ぬ異端的な超・長尺9ft6inchのスーパーロングロッド。

出典:デプス

DR-Z2020XH LIMITED【リール】

DR-Z2020XH LIMITEDは、デプスとダイワがコラボして作ったベイトリールです!

ギア比や、真っ赤なフォルム全てにデプスのこだわりが垣間見えるスペシャルアイテムです。

ダイワの最新テクノロジーと、デプスのビッグバスへのこだわりが見事にマッチしています!

全貌は動画で確認してみてください!

デプスのロゴと、ダイワのロゴ両方がついていてなんだか贅沢な気持ちになれるベイトリールです。

ギア比は8.4。

ハンドル1巻きで1メートルオーバーを実現し、デプスのこだわりを垣間見ることが出来ます。

ガンガン巻いてデカバスを釣るには、パワーが必須!

ダイワのハイパーデジギアを採用し、パワーは破格です。

ゴールドでかっこいいレベルワインダーは、PEラインの使用が想定されバックラッシュを未然に防ぎます。

バス釣りをメインとして考えられたリールですが、ソルトにも対応しているので、バス釣り以外にも使うことだって可能です!

デプスは釣りアイテムも充実!

デプスはロゴもかっこいいですよね。

タックルは買い替え予定が無い方は、バックでデプスを取り入れてみてはいかがでしょうか?

このショルダーバックは、デプスのルアーを入れるのにもピッタリ。

陸っぱりをランガンで歩き回るには、手頃なサイズのバッグが必須です!

陸っぱりでの使用ですがとても使い勝手が良いです。
ポケットも沢山あるため十分な収納スペースがあります。

出典:Amazon

デプスでビックバスを釣り上げよう!

デプスのルアーは、ビッグバスを狙う時に非常に魅力あるルアーたちです。

プロアングラーも使うビッグベイトで、ビッグバスを釣り上げましょう!

デプスのルアーは特に琵琶湖などのビッグレイクで生きてきます。

広いフィールドでのバスの集魚力は、様々なルアーの中でも抜群です。

琵琶湖に出かけるときは、デプスのルアーを1つ持っていってみるとバスフィッシングの世界が広がりますよ!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング