魚とルアーのアップ写真

鯛ラバをスピニングタックルで楽しみたい!メリットはどこにあるの?

FISHING JAPAN 編集部

船やボートに乗って楽しむ鯛ラバゲームは、多くのアングラーを夢中にしている釣りのひとつです。

マダイの豪快な引きを手軽に味わえるのが、大きな魅力といえるでしょう。

今回注目したいのは、手に取るタックルについて。

ベイトタックルでグイグイ巻き取るのが主流と思いきや、意外とスピニングタックルを用いている人が目立ちます。

鯛ラバゲームにおけるスピニングロッド・スピニングリールのメリットについて、深掘りしてみましょう。

鯛ラバゲームをスピニングタックルで実践!そのメリットとは

鯛ラバゲームは、船やボートの上からバーチカルに誘いをかけるのが主体となっています。

流行りのオフショアジギングと、とても良く似たアプローチといえるでしょう。

船の真下を探るだけなら、送り出したラインを真っ直ぐ巻き取れるベイトリール+ベイトロッドの組み合わせが適しています。

糸ヨレの心配が要らないですし、手返しも良好ですから。

当然鯛ラバゲームでもその傾向が強くあり、ベイトタックルを手にしている人はかなり多いです。

でも浮いているフィールドの状況が変わったら、どうなるでしょうか?

例えば、潮の動きがピタリと止まり、マダイの反応が無くなってしまったら・・。

そんなときに試してみたいのが、鯛ラバを遠くへ、つまり横方向へ投入して、広範囲を探るというアプローチです。

そうすれば、船やボートの真下だけを探らずに済みますから。

キャスティングゲームの要素を採り入れて、離れたポイントをスピーディーに探ろうと思ったら、ベイトタックルでは手軽にはおこなえません。

何故なら、キャスティングの際にバックラッシュトラブルが発生する可能性が高まるからです。

それを未然に防ぐには、しっかりとブレーキをかけて操ることに。

となると、必然的に飛距離が伸びなくなり、広範囲を探るという目的が達成できなくなってしまいます。

そんなデメリットを解消してくれるのが、スピニングタックルなのです。

スビニングロッドとスピニングリールの組み合わせなら、ベールを起こしてロッドを軽く振るだけで、かなりの飛距離を稼ぐことが可能です。

しかもラインはフリーな状態で放出できるので、着水して急速でボトムまでフォールさせることができます。

その間、ベイトタックルのようなバックラッシュトラブルは、ほぼ発生しません。

素晴らしいメリットを持っているスピニングタックルを、鯛ラバゲームに採用しない手はないでしょう。

鯛ラバゲームにマッチするスピニングリールのドラグ性能に注目!

鯛ラバゲームにスピニングタックルを用いるメリットとして、もうひとつ挙げられます。

それは、スピニングリールに装備されているドラグの存在です。

ベイトリールにもドラグ機能は付いていますが、スピニングリールほどもスムーズに滑らかに反応してくれるものではありません。

特に細いPEラインを使う場合、ラインブレイクを回避できるのは大きいです。

大型マダイが深場で掛かったら、そのやり取りを丁寧に大胆におこなう必要が出てきます。

ラインにかかる負担を抑えつつ、何とかランディングに持ち込みたいなら、スピニングリールの高いドラグ機能が、あなたを助けてくれるでしょう。

実際に鯛ラバゲームをスピニングタックルでやってみた!

鯛ラバゲームを実際にスピニングタックルでおこなってみました。

いつも実践しているドテラ流し釣法が、とてもやりやすく感じます。

ラインの送り出しはもちろん、鯛ラバの操作や地形変化をとらえるのも、かなり上手くおこなえる印象です。

マダイからのアタリを手元で感じて、リールハンドルを回しながらフッキング。

ギア比を高めにすれば、しっかりとフッキングパワーを伝えることができます。

ギア比を低くすれば、鯛ラバのリトリーブによる誘いを実践しやすいでしょう。

ドラグのレスポンスもじゅうぶん活かせますし、初心者アングラーにも扱いやすいです。

スピニングタックルにデメリットがあるとすれば、アプローチのたびにスピニングリールのベールを起こす作業が伴なうことでしょうか。

ベイトリールならクラッチを親指で切るだけなので、素早く鯛ラバを送り込めます。

鯛ラバゲームをおこなうのにおすすめのスピニングタックルを選んでみた!

それでは鯛ラバゲームをおこなうのに適している、おすすめのスピニングタックルをご紹介しましょう。

ロッドは、曲がっても船べりを叩かない長さを持った、スピニングロッドを選ぶようにします。

リールは、4000番前後のスピニングリールにすると、ラインの巻き取りが素早くおこなえます。

ダイワ(DAIWA) タイラバロッド 紅牙 AP(エアポータブル) C69MHS-S AP 釣り竿

ダイワ(DAIWA) タイラバロッド 紅牙 AP(エアポータブル) C69MHS-S AP 釣り竿

最安値価格
¥15,972(Yahoo!)

Amazonへ ¥16,086

楽天市場へ ¥16,203

Yahoo!へ ¥15,972

ダイワからリリースされている鯛ラバゲーム用スピニングロッド・紅牙エアポータブルです。

全長は2.06mあるので、船べりを叩きにくい長さが確保されています。

継数は2本で、仕舞寸法は108cmにまで縮まります。

これなら船やボートへ持ち込みやすいですし、クルマへの積み込みもカンタンにおこなえるでしょう。

ウエイトは103gと軽めですから、長い時間鯛ラバゲームをおこなっても、さほど疲れを感じてしまう展開にはなりにくいかもしれません。

先径/元径は、1.0/9.9mmと細め。

適合する鯛ラバのウエイトは、最大で65gまで。

適合するPEラインは、0.6号から1.2号までです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、90%になっています。

実際に手に取ってみると、とても繊細で、負荷に対してしなやかに曲がり込もうとする特性を持っています。

バットパワーはじゅうぶんなので、深場のボトムを丁寧に探るのに向いていますし、そこで掛けたマダイを水面まで引き上げるのも、大胆におこなえるでしょう。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

ダイワ 21 ルビアス エアリティ LT4000-C

ダイワ 21 ルビアス エアリティ LT4000-C

最安値価格
¥55,600(amazon)

Amazonへ ¥55,600

楽天市場へ ¥62,568

Yahoo!へ ¥55,616

軽量スピニングリールとして人気の高い、ダイワのルビアスエアリティシリーズから、ノーマルギアの4000番モデルを選んでみました。

ギア比は5.2対1になっていて、ハンドル1巻きにつき82cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

最大ドラグ力は10kgもあるので、大型マダイが掛かってもしっかりやり取りを楽しめるでしょう。

ウエイトは200gと軽めで、ラインキャパはモノフィラメントラインなら12lbを150m、PEラインなら1.5号を200m巻けます。

ボールベアリングは、11個搭載しています。

実際に手に取ってハンドルを回してみると、とても滑らかで軽快な巻き心地を味わえました。

ドラグレスポンスも良好なので、1.0号を下回るPEラインを使っても、ラインブレイクをかわしながら鯛ラバゲームを楽しめるでしょう。

実売価格は5万円台と、ハイスペックならではの価格帯に設定されています。

マグシールドで保護されているものの、釣行後はきっちりと洗浄メンテナンスをおこなってください。

ラインローラーやベール・スプール周りなど、海水が付着して残りそうなところは、くまなく洗うようにします。

鯛ラバゲームをスピニングタックルで実践して大型マダイをゲットしよう!

鯛ラバゲームにおけるスピニングタックルのメリットや、おすすめのアイテムをご紹介しましたが、いかがでしたか?

キャスティング鯛ラバとして、横の動きを積極的に使いながら、マダイを誘うことができます。

釣れる確率が高まるのは間違いなく、ドラグを活用したランディングスキルも、しっかり磨くようにしましょう。

乗合船の船長さんやガイドスタッフの方々とコミュニケーションを取って、スピニングタックルが活きるアプローチを見つけ出してください。

鯛ラバの関連記事はこちら

タイラバ」カテゴリの人気記事

ロッド」カテゴリの人気記事

スピニングリール」カテゴリの人気記事

DAILYランキング