ロッドのアップ写真

コルトスナイパーBBに2022年振出モデルが2機種登場!ショアジギング用ロッド

FISHING JAPAN 編集部

コスパ優秀なショアジギングゲーム用ロッドとして人気を博している、シマノのコルトスナイパーBB。

豊富なラインナップに2022年追加されるのが、振出式のロングレングスロッドです。

どんなスペックに仕上がっているのか、詳しくご紹介しましょう。

コルトスナイパーBB振出モデルとは

コルトスナイパーBBの振出モデルとは、2022年に新発売される、ショアジギングゲーム用ロッドのことです。

ブランクスはハイパワーXで補強されていて、ガイドはステンレスフレームKガイドを組んでいます。

グリップエンドには、コイン式尻栓を設置していて、水抜き作業をカンタンにおこなうことができます。

2つの機種が設定されているので、ひとつずつチェックしてみましょう。

●コルトスナイパーBB・S100M-T

全長は3.05mあるので、軽く振るだけで飛距離が伸びるようになっています。

岩礁帯や防波堤はもちろん、サーフエリアでのロングキャストアプローチに向いているでしょう。

継ぎではなくロッドティップから順に引き出していく、振出式の3ピース仕様を採用しています。

仕舞寸法は116.5cmと、かなり短い状態にまで収納可能です。

このサイズになるのなら、航空機を用いた遠征釣行にも持ち込みやすいですし、リールやルアーをセットした状態で常に持ち歩いていると、ナブラに遭遇したタイミングで釣りを始められます。

ウエイトは255gで、先径は2.1mm。

適合するメタルジグは、最大で60gまで対応可能です。

ちなみにルアープラグなら、最大45gまでです。

適合するPEラインは、最大で2.5号まで。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99.4%です。

5kgクラス程度の青物やロックフィッシュをターゲットにするライトショアジギングや、ルアーキャスティングゲームに対応できるように味付けされている印象です。

振出式の機動性を活かしながら、磯釣りや投げ釣りなどの合間でショアジギングを楽しめるのも大きなメリットといえるでしょう。

カンタンな投げ釣り用天秤仕掛けを装着してちょい投げ釣りをしたり、釣ったアジやイワシを用いた泳がせ釣りにも転用できそうです。

これ1本あれば、可能な釣りの幅が一気に広がりを見せてくれるはずです。

MHパワーブランクスを持ったコルトスナイパーBB振出モデル!

●コルトスナイパーBB・S100MH-T

前述のモデルはMパワーブランクスでしたが、こちらはもう一段階硬めのMHパワーを保持しているロッドになります。

全長は同じく3.05mと、ロングキャストに適した長さが与えられています。

振出式の3ピース仕様で、仕舞寸法は116.5cm。

ここまで短ければ、クルマに常時載せておいても邪魔にならないですし、思い立ったタイミングでショアジギングゲームを敢行できます。

ウエイトは282gで、先径は2.2mmとやや太目。

適合するメタルジグウエイトは、最大で80gまで。

ルアープラグなら最大65gまでキャストすることが可能です。

適合するPEラインは、最大で3号までで、ブランクスのカーボン素材含有率は99.4%です。

サーフやゴロタ浜・地磯・沖磯などで、大型の青物をターゲットにショアジギングゲームを楽しめる1本に仕上がっています。

ヒラスズキのキャスティングゲームにも転用できそうな強さも、持ち合わせている感じです。

コルトスナイパーBB振出モデルの強みはコスパ!

コルトスナイパーBB振出モデルの強みは、何といってもそのコスパの優秀さです。

必要十分なスペックを誇っていて、定価が2万円台前半というのは、実質1万円台で購入できるということ。

ハイパワーXによる補強レベルの高さは、これまでのシマノロッドで証明済みですし、ガイドスペックの剛性・耐久性もバッチリ。

1本持っておけば、さまざまなシチュエーションでショアジギングゲームを楽しむことができます。

これからショアジギングを始めたいと考えている初心者の人にも、ぜひおすすめしたいロッドといえるでしょう。

コルトスナイパーBBのスペックを詳しく解説している動画はこちら

コルトスナイパーBB振出モデルにマッチしそうなおすすめリールを選んでみた!

それではコルトスナイパーBB振出モデルに適している、おすすめリールを取り上げてみましょう。

4000番から5000番クラスの中型スピニングリールなら、ベストマッチです。

PEラインの2号から4号を巻いて、ロングキャストアプローチを実践してください。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 20 ヴァンフォード 4000XG

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 20 ヴァンフォード 4000XG

最安値価格
¥23,450(amazon)

Amazonへ ¥23,450

楽天市場へ ¥24,099

シマノの軽量スピニングリール・ヴァンフォードシリーズの4000番です。

エクストラハイギア仕様ですから、ギア比は6.2対1になっています。

ハンドル1巻きにつき101cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

実用ドラグ力は6.0kgで、最大ドラグ力は11.0kgとじゅうぶんな値。

自重はたったの215gしかありません。

ハンドルの長さは57mmで、スプール寸法は直径が52mmでストロークが19mm。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら4号を150m、PEラインなら2号を240m巻けます。

ボールベアリングは、7個搭載しています。

実際に手にしてみると、とても軽くて4000番のスピニングリールとは到底思えないレベルでした。

ハンドルの巻き心地も軽やかで、ローター回転も滑らかにに連なっていきます。

安定した巻き取りは手返しの良さを生み、広範囲をメタルジグで探っていくのに向いているでしょう。

実売価格は2万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

T型のハンドルノブも握り込みやすく、手軽にショアジギングゲームを楽しみたい人におすすめの1台です。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 20 ストラディックSW 5000XG

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 20 ストラディックSW 5000XG

最安値価格
¥21,600(amazon)

Amazonへ ¥21,600

楽天市場へ ¥25,307

ストラディックのSWシリーズなら、剛性も耐久性もハイレベルに作られています。

さまざまな釣り場で、積極的にキャスティングを繰り出すのに向いているでしょう。

ギア比は6.2対1ですから、ハンドル1回転につき105cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

実用ドラグ力は6.0kgで、最大ドラグ力は余裕の12.0kgです。

自重は430gとやや重めで、ハンドルの長さは65mm。

スプール寸法は、直径が54mmでストロークが19mmに。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら4号を200m、PEラインなら4号を170m巻けます。

ボールベアリングは、6個搭載しています。

実際に手にしてみると、やや重くは感じるものの、SWタイプの剛性感が伝わってくる仕上がりです。

豪快に重いメタルジグをフルキャストして、青物が掛かったらゴリ巻きで引き寄せたくなるパワーとトルクを秘めています。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

ショアジギングゲームでは、砂などの付着物が結構あるので、帰宅後はそのままにせず、すぐに水洗いメンテナンスを施すようにしましょう。

スプール周りやPEラインにも、砂やゴミなどが残ることがありますから、丁寧な洗浄と拭き取りを実践してください。

コルトスナイパーBB振出モデルの気になる発売日はいつ?

コルトスナイパーBB振出モデルの気になる発売日は、2022年の4月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、22,500円から23,500円です。

メインロッドとして使うのはもちろん、さまざまな釣りの予備用として釣り場に持ち込んでおくと、不意のナブラ発生にも即座に対応できるでしょう。

ランディングネットの準備も、忘れないようにしてください。

2022年モデルの関連記事はこちら

ショアジギング」カテゴリの人気記事

ロッド」カテゴリの人気記事

シマノ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング