ロッドと釣り人のアップ写真

アウトレイジは2022年新発売のオフショアジギング&キャスティングを楽しめるハイスタンダードロッド!

FISHING JAPAN 編集部

沖合いに浮かぶボートデッキからメタルジグを操る、オフショアジギングゲーム。

沸き上がるナブラに向けてプラグを投げる、オフショアキャスティングゲーム。

2022年ダイワから、そのどちらも楽しめるハイスタンダードロッド・アウトレイジが新発売されます。

どのようなラインナップになっているか、詳しくチェックしてみましょう。

アウトレイジとは

アウトレイジとは、2022年ダイワからリリースされる、オフショアゲームを楽しむためのロッドのことです。

ボートからバーチカルに誘いをかけるジギングモデルと、ボートデッキからナブラ撃ちを仕掛けるキャスティングモデルをラインナップ。

ジギングモデルには、スピニングロッド4機種とベイトロッド3機種を用意しています。

キャスティングモデルには、スピニングロッド6機種から選べるようになっています。

ブランクスに使われているカーボン素材は、定評のあるHVFナノプラス。

接着剤であるレジンの量を減らしてカーボン繊維の密度を高めた、高密度HVFカーボンをベースに使っています。

粘りや強度がアップしていて、東レのナノアロイテクノロジーをダイワオリジナルの製法で組み合わせることによって、高強度化・軽量化を実現しています。

そこに外側からバイアスクロス=±45度に斜行したカーボン繊維等を巻くX45でネジレを抑え、パワーや操作性・感度をアップさせています。

また継目部分にはV-ジョイントを採用し、ブランクスの歪みや突っ張り・パワーロスを抑えています。

アウトレイジのジギングモデルを徹底チェック!

アウトレイジのジギングモデルについて、チェックしてみましょう。

スピニングロッドは、以下の4機種で構成されています。

●J63S-2.5・J63S-3・J61S-4・J61S-5

末尾の数字がブランクスの硬さ=マッチするPEラインの号数を、Jがジギング用でSがスピニングロッドであることを表しています。

最も柔らかいJ63S-2.5で、140g前後のメタルジグを操りやすく、水深80mまでを探るのに適しています。

最も硬いJ61S-5なら、200g前後のメタルジグを操って、水深160m程度に潜む15kgまでの大型青物をターゲットにできるでしょう。

ベイトロッドは、以下の3機種で構成されています。

●J62B-2.5・J62B-3・J60B-4

同じく末尾の数字がブランクスの硬さ=マッチするPEラインの号数を、Jがジギング用でBがベイトロッドであることを表しています。

J62B-3なら、PEラインの2.5号から3号程度を駆使して、160g前後のメタルジグを操りやすくなっています。

水深は40mから100m前後の層を探りやすく、セミロングからロングジグを用いたワンピッチジャークを展開するのに向いているでしょう。

アウトレイジのキャスティングモデルを徹底チェック!

アウトレイジのキャスティングモデルについても、詳しく見てみましょう。

スピニングロッドのみの構成で、6機種用意されています。

●C76-2・C79-3・C82-4・C82-5・C82-6・C82-8

末尾の数字がブランクスの硬さ=マッチするPEラインの号数を、Cがキャスティング用であることを表しています。

ベイトロッドの設定が無いので、B表示の機種は存在しません。

最も硬いC82-8なら、PEラインのなんと8号を駆使して、200mm以上のサイズのルアープラグをキャストすることが可能です。

20kgクラスの大型ヒラマサをターゲットにしたり、ジャイアントトレバリー=GTやマグロを狙うことができるように設計されています。

アウトレイジのデモンストレーション動画はこちら

アウトレイジに装着して使いたいおすすめリールを選んでみた!

それではアウトレイジシリーズに装着して大物を狙ってみたくなる、おすすめのリールを取り上げてみましょう。

まずは、スピニングリールから。

10000番を超える大型サイズに、太いPEラインを大量に巻いて、ヒラマサやカンパチの走りを止めてみせましょう。

ダイワ(DAIWA) 21 セルテートSW 14000-XH

ダイワ(DAIWA) 21 セルテートSW 14000-XH

最安値価格
¥61,730(amazon)

Amazonへ ¥61,730

楽天市場へ ¥62,508

Yahoo!へ 取扱なし

人気のセルテートSWシリーズの中から、14000番のエクストラハイギアモデルを選んでみました。

ギア比は6.2対1なので、ハンドル1回転につき134cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

最大ドラグ力は25kgもあるので、大型のヒラマサが掛かってもじゅうぶん対処できるでしょう。

自重は635gで、ラインキャパは、PEラインなら6号を300m巻けます。

ボールベアリングは8個搭載していて、ハンドルの長さは80mm。

ハンドルノブには、ハイグリップのエッグタイプが標準で装備されています。

実際に手に取ってハンドルを回してみると、しっとりとした巻き心地が安定感を生み出しています。

ガッチリした剛性感は、耐久性の高さもイメージしやすいレベルで、積極的なキャスティングゲームを展開できるでしょう。

実売価格は6万円台と、オフショアゲーム用のスピニングリールとしては、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

モノコックボディを採用していて、G1ジュラルミンタフデジギアやピニオン上部/ラインローラーのボールベアリングにマグシールドを搭載しています。

大型ドラグノブを配置したATDや、ザイオンエアローター・ロングキャストスプール・塗装やリアキャップ構造に電蝕対策が施されているのも見逃せません。

またベールを中空構造にすることで軽さを向上させている、タフエアベールを搭載しています。

オフショアキャスティング用のスピニングリールを探しているなら、購入しやすい価格帯にも魅力となる1台といえるでしょう。

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 19 キャタリナ 15H (2019モデル)

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 19 キャタリナ 15H (2019モデル)

最安値価格
¥28,008(amazon)

Amazonへ ¥28,008

楽天市場へ ¥28,713

Yahoo!へ 取扱なし

オフショアジギング用のベイトリール、コスパ優秀なキャタリナ15Hです。

とてもシンプルで扱いやすく、剛性・耐久性もしっかり備えているモデルになっています。

ギア比は6.4対1ですから、ハンドル1巻きにつき99cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

自重は430gで、最大ドラグ力は8kgです。

ラインキャパは、PEラインなら2.5号を400m巻けます。

ハンドルの長さは75-85mmで、ボールベアリングを4個搭載しています。

実際に手に取ってみると、しっかりハンドルノブを握り込めて、滑らかに回すことができます。

安定感のある巻き心地をキープできますし、実際にフィールドで青物を掛けたときも、力強く引き寄せることができました。

高い剛性は、アルミダイカストボディによるもので、スプール交換もスムーズにおこなえます。

予備のスプールを持ち込んで、釣り当日のシチュエーションに合わせて交換してみましょう。

実売価格は2万円台と、とても安い価格帯に収まっています。

ハイパーデジギアや高強度アルミを使ったハウジング、直径50mmサイズのアルミスプール・大径メカニカルブレーキノブ・パーフェクトダブルストッパーなどが採用されているので、安心して大型魚とのやり取りやメタルジグの操作を楽しめるでしょう。

アウトレイジの気になる発売日はいつ?

アウトレイジの気になる発売日は、2022年の5月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、38,300円から45,000円です。

ジギングモデルのスピニングロッドに装着されているグリップは、軽量なエアセンサーシートです。

ベイトロッドは、TCSシートになっていて、ホールド性を重視したデザインです。

キャスティングモデルのグリップには、定番のDPSシートが使われているので、長時間のキャストもこなしやすいでしょう。

2022年モデルの関連記事はこちら

ジギング」カテゴリの人気記事

ロッド」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング