リールのアップ写真

22カルディアSWでソルトウォーターゲームを満喫したい!2022年リリースのSWスピニング新定番

FISHING JAPAN 編集部

ショアやボートデッキからのキャスティングゲームで、大型青物を仕留めたいと考えたら、質実剛健なスピニングリールが欲しくなります。

2022年ダイワから新登場の22カルディアSWなら、豊富なラインナップから自分のやりたい釣りスタイルに合わせて選ぶことが可能です。

そのスペックについて、詳しくご紹介しましょう。

22カルディアSWとは

22カルディアSWとは、2022年ダイワからリリースされる、ソルトウォーターゲームに対応したスピニングリールのことです。

設定されている機種は、全部合わせると9種類用意されています。

最小のサイズで、4000番の4000-CXH。

ギア比は6.2対1になっていて、ハンドル1回転につき99cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

最大ドラグ力は、なんと12kg。

これだけあれば、魚に主導権を奪われることなく、強引なやり取りを展開できるでしょう。

ウエイトは290gと軽めで、ラインキャパはPE1.5号を200m巻けます。

ボールベアリングは、6個搭載しています。

最大のサイズには、18000番がラインナップされています。

ギア比は5.3対1なので、ハンドルを1回転させると125cmものラインを巻き取れるようになっています。

マグロやGTといった超大型の対象魚をターゲットにするときに、重宝するでしょう。

最大ドラグは余裕の20kgで、ウエイトは845g。

ラインキャパは、PEの8号を300m巻けます。

22カルディアSWに採用されている各種スペックを、ピックアップしてみましょう。

まずは、モノコックボディ。

素材にアルミを使っていて、ボディカバーを無くしてボディに直接高精度のプレートをネジ込んでいます。

これによりギアを支える精度が高まり、ボディそのものの剛性や気密性もアップ。

それからスクリューを差すのに奪われていたスペースが無くなり、ドライブギアのサイズをそこまで広げられるようになりました。

高い剛性を保持したまま、軽量化も図られています。

マグシールドで防塵・防水機能を高めている22カルディアSW!

22カルディアSWには、メインシャフトの部分にマグシールドが配置されています。

隙間に磁性を持つオイルの壁を設けることで、海水やホコリ・砂などの侵入をシャットアウトする防水構造です。

これがあるからこそ、荒れた天候や波を被るようなシチュエーションでも、リールを気にせずにソルトウォーターゲームを続けることができます。

ローターやハンドルを回転させても、異音が発生しにくくなり、快適に釣りを楽しめるでしょう。

カーボンドラグワッシャーが頼もしいATDを搭載した22カルディアSW!

22カルディアSWには、ATDが搭載されています。

カーボン製のドラグワッシャーを、4000番から14000番までに3枚、18000番には5枚を設置。

最大ドラグ力の向上と大型魚の急な走りに対する耐久性を高めています。

ドラグノブは大型化されていて、快適な操作でラインの出し入れをおこなえるでしょう。

22カルディアSWのデモンストレーション動画はこちら

22カルディアSWは、全部で9種類から選べるようになっています。

●4000-CXH

●4000D-CXH

●5000D-CXH

●6000S-H

●6000D-H

●8000-H

●10000-H

●14000-H

●18000

ハイギア以上の設定機種がほとんどなので、ロングキャストを伴なったキャスティングゲームを、存分に楽しめるでしょう。

ちなみに、ブリを狙うなら6000番から10000番がおすすめで、ヒラマサクラスになると、14000番や18000番を用意しておきたいものです。

最も高額に設定されている機種で定価4万円台ですから、とても購入しやすいSWスピニングが登場することになります。

ショアジギングゲームはもちろん、ボートデッキからのキャスティングゲームを始めたい人にも、上手くマッチする価格帯ではないでしょうか。

すでに始めているアングラーにとっては、予備用や代替機としても、とても魅力的です。

22カルディアSWとマッチングの良さそうなおすすめロッドを選んでみた!

22カルディアSWを装着してキャスティングゲームを楽しめそうな、おすすめのロッドを取り上げてみましょう。

ショアジギング用のスピニングロッドなら、上手くマッチするはずです。

10ft以上の長さのもので、あまり持ち重り感のないものがベターでしょう。

ダイワ 21 ジグキャスター 100M・N

ダイワ 21 ジグキャスター 100M・N

最安値価格
¥11,220(amazon)

Amazonへ ¥11,220

楽天市場へ ¥11,220

Yahoo!へ ¥11,220

コスパ優秀で人気の高い、ジグキャスターシリーズのMパワーブランクスモデルです。

全長は3.05mとじゅうぶんで、継数は2本。

仕舞寸法は157cmで、自重は210gです。

先径/元径は2.0/13.8mmですから、やや太目で振り抜きやすいでしょう。

適合するルアーウエイトは10gから50gまで、ジグウエイトは15gから60gまでです。

適合するPEラインは、最大で2号まで。

ブランクスのカーボン素材含有率は、93%です。

実際に手に取ってみると、ショアジギング用にしては軽くてシャープは印象でした。

比較的軽めのメタルジグを多投するのに、とても扱いやすいでしょう。

ライトショアジギングゲームやプラグのキャスティングゲームを展開するのに、合っているかもしれません。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

さまざまな釣り場へ出向いて、22カルディアSWとともに使いこなしてみましょう。

ダイワ(DAIWA) ショアジギングロッド OVER THERE AIR 109MH 釣り竿

ダイワ(DAIWA) ショアジギングロッド OVER THERE AIR 109MH 釣り竿

最安値価格
¥23,936(amazon)

Amazonへ ¥23,936

楽天市場へ ¥23,936

Yahoo!へ ¥23,936

サーフゲームを満喫可能なオーバーゼアAIRシリーズの、MHパワーブランクスモデルです。

ヒラメやマゴチをメインターゲットに、回遊青物やシーバスなどを釣り上げてみましょう。

全長は3.28mと長めで、継数は2本です。

仕舞寸法は168cmで、自重は203gと扱いやすい設定になっています。

適合するルアーウエイトは、15gから60gまで。

適合するメタルジグのウエイトは、12gから65gまでです。

PEラインを操るなら、1.0号から2.5号までが扱いやすいでしょう。

ブランクスのカーボン素材含有率は、93%です。

実際に手に取って使ってみると、手元近くに重心があって、バランスの取れているロッドという印象が強いです。

縦方向にロッドティップを振り上げやすく、そのおかげでラインメンディングも各種ロッドワークも繰り出しやすくなっています。

ウエイトが軽めで疲れにくいのも、大きなメリットといえるでしょう。

実売価格は3万円前後と、スペックに見合った価格帯に設定されています。

グリップのリールシートにもカーボン素材が含まれていて、軽くて高強度・高感度を実現しています。

握った感触は、滑りにくく安定したもので、長い時間の釣行にも耐えられるでしょう。

22カルディアSWの気になる発売日はいつ?

22カルディアSWの気になる発売日は、2022年の3月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、32,000円から45,400円です。

ご覧の通り、かなり低価格に設定されているので、SWスピニングの購入を考えていた人にとって朗報といえるでしょう。

アルミ製モノコックボディをガンガンに使い込んで、キャスティングの絡むソルトウォーターゲームを満喫してください。

防波堤やサーフなどでキャスティングをおこなう場合は、周囲を必ず確認して、他に人がいない状態でロッドスイングに入るようにしましょう。

朝夕マズメ時は、特に注意するように心がけたいものです。

2022年モデルの関連記事はこちら

ショアジギング」カテゴリの人気記事

スピニングリール」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング