リールのアップ写真

22イグジストが採用したエアドライブデザインとは?2022年ダイワのフラッグシップスピニングリール

FISHING JAPAN 編集部

ダイワのフラッグシップモデル・22イグジストが、2022年新しく生まれ変わります。

最新のテクノロジーを豊富に搭載しながら、エアドライブデザインに基づく軽快な巻き心地+操作性が実現されています。

その詳細スペックを、こちらでご紹介しましょう。

22イグジストとは

22イグジストとは、2022年にダイワから新発売となる、スピニングリールのフラッグシップモデルのことです。

設定されている機種は、全部で14種類。

最小サイズは、2000番モデルのLT2000S-Pで、最軽量の155gまで絞り込まれています。

トラウトゲームやアジングなどのライトソルトウォーターゲームに、バッチリフィットするでしょう。

最大サイズは、5000番モデルのLT5000-CXHで、ウエイト220gと軽量化されています。

ギア比6.2対1は、ハンドル1巻きで105cmものラインを巻き取れますから、ショアからのキャスティングゲームに存分に使えるでしょう。

それでは22イグジストに採用されることになった、新しいスペックについてピックアップしてみます。

まず最初に挙げられるのは、エアドライブデザイン。

今後のダイワ・スピニングリールの進化に、大きく関わってくるコンセプトといえそうです。

エアドライブデザインは、スピニングリールのフロント部分の改良に着目していて、最大4つのテクノロジーで構成されています。

リールハンドルを回した際の巻き出しを軽くし、高いレスポンスを生み出すためのローター=エアドライブローターを作り上げました。

その素材には、ダイワ独自のZAIONを採用しています。

既存モデルの18イグジストと同等の剛性を実現しながら、大幅な軽量化を達成。

ローターユニット部分で約16%の軽量化に成功していて、軽さとハイレスポンスを現実のものとしています。

ビスの無い美しい曲面に仕上がっていて、フルメタル基調のインパクトのある外観になっています。

そのローターに連なっているのが、エアドライブベールです。

ベールとしての必要な強度を維持しながら、ベール断面の小径化が成されています。

またベールそのものの角度が変えられていて、ラインがベールからラインローラーへとスムーズに移行するようになりました。

ライントラブルの軽減につながりますから、手返しのいいキャストを連続で繰り出せるでしょう。

18イグジストと比較して、約33%の軽量化を実現し、ラインスライダーも構造を変更しています。

エアドライブデザインを搭載した22イグジスト!

22イグジストのエアドライブデザインでは、スプールとシャフトの見直しも手掛けています。

エアドライブスプールは、軽量化による上下ストロークの動き出しの軽さを生み出しています。

操作性の向上はもちろん、持ち重り感の軽減なども実現。

スプールの下部分にネズミ返しのデザインを設けることで、内部のメインシャフトへのライン巻き込みを効率よく抑えています。

エアドライブシャフトは、メインシャフトとピニオンが非接触状態を作り出しています。

ピニオンの両端をそれぞれボールベアリングで支えていて、ハンドルの回転から入力されたパワーは、効率よくローター回転へとつながっています。

メインシャフトを高精度なカラーで支えているので、回転の際に発生するノイズを取り除くことにも成功しています。

定評のモノコックボディを始めとするダイワテクノロジーが満載!

22イグジストには、モノコックボディが採用されています。

ワンピースで作られているので、軽くて強い構造を実現し、リールの駆動系をしっかりと保持。

安心して魚とのやり取りを楽しめるでしょう。

定評のタフデジギアの搭載や、マグシールド・ATDタイプL・ツイストバスターⅢの採用もおこなわれています。

ATDタイプLは新しいドラグシステムのことで、ライトラインを使ってフッキングする際に、瞬発的に引っ張られてドラグ値が上がるのを抑えたセッティングになっています。

急な魚の走りによるラインブレイクを、抑える役割を担っているのです。

ツイストバスターⅢでは、ラインローラー部分に新しい溝を設けています。

これでラインローラーを通過するラインのバタつきを抑え込み、しっかりと巻き取れる状態を作り出します。

ラインローラーにもマグシールドが搭載されていて、塩噛みや固着トラブルに至るのを防いでくれます。

既存モデルで培った経験を新しい技術に昇華して、22イグジストはカタチ作られているのです。

22イグジストの最新テクノロジーを解説している動画はこちら

22イグジストの全14機種をピックアップしてみました。

●LT2000S-P

●LT2000S-H

●LT2500S

●LT2500S-H

●LT2500S-XH

●LT2500S-DH

●PC LT2500

●LT3000S

●PC LT3000

●PC LT3000-XH

●LT4000

●LT4000-XH

●LT5000-C

●LT5000-CXH

ちなみに型式で使われている“PC”とは、パワーカスタムの略です。

メバルを中心に22イグジストを駆使しながら掛けている動画はこちら

イグジストのリリース時期は、シマノのステラシリーズと常に被っていますから、どうしても比較されてしまいます。

ダイワの先進技術を搭載していて、軽妙で剛性感の伴なう使い心地をアピールしたいところですが、新しいステラとどう違うの?という目で、ユーザーからは見られるのです。

逃れようのない縛りであり、22イグジストが背負わなければならない重荷ともいえます。

しかしながら、イグジストシリーズに求められているのは、ダイワらしさであり、シマノに似ること・寄せることではありません。

ユーザーからフィードバックされたものをいかに吸収し、丁寧に解きほぐしながら次の製品に活かしていくか、ダイワならではのカタチを創り出すことでしょう。

イクジストシリーズとは、そういうダイワの気概であってもらいたいと願っています。

エギングゲームに22イグジストを投入している動画はこちら

22イグジストを装着して使ってみたいおすすめのロッドを選んでみた!

それでは22イグジストを装着してフィールドで使ってみたくなる、おすすめのロッドを取り上げてみましょう。

エギングゲームなら、豊富なエメラルダスシリーズのラインナップから選べそうです。

軽量で高い感度・剛性を持つものなら、22イグジストのスペックが活きてくるでしょう。

ダイワ(DAIWA) エギングロッド エメラルダス AIR AGS 90M・R 釣り竿

ダイワ(DAIWA) エギングロッド エメラルダス AIR AGS 90M・R 釣り竿

最安値価格
¥36,372(Yahoo!)

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥36,372

エメラルダスAIRシリーズで、Mパワーを持った長めブランクスのスピニングロッドです。

全長は2.74mもありますから、シャクリを入れて縦方向にフォールさせながらの誘いを、丁寧に仕掛けることができます。

継数は2本で、仕舞寸法は141cmまで収まります。

標準自重は96gと軽めで、先径/元径は1.4/12.6mmと比較的細目の設計といえるでしょう。

適合するエギサイズは、2.5号から4.0号まで。

適合するPEラインは、0.5号から1.0号までです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99%です。

実際に手に取って振ってみると、とてもシャープで扱いやすい仕上がりになっています。

ハイエンドスペックモデルではありませんが、実釣に欠かせない手元感度をきっちり保持しているので、さまざまな釣り場のシチュエーションに対応できるでしょう。

ブランクスに採用されているHVFナノプラスをX45で補強していて、そこに付いているAGSでラインを上手くさばける印象が強いです。

実売価格は3万円台と、コスパ優秀な価格帯に収まっています。

22イグジストの気になる発売日はいつ?

22イグジストの気になる発売日は、2022年の3月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、100,000円から108,000円です。

定価10万円超えというのもインパクトがありますから、早く実物を手に取って、ハンドルを回してみたいものです。

2022年モデルの関連記事はこちら

スピニングリール」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング